@TCOMヒカリ(アットティーコム光)の料金や評判は?LIBMOやauスマホとのセット割が使える光コラボ

@TCOMヒカリは、格安SIMのLIBMOのセット割がある光回線サービスです。

キャンペーン利用で工事費が実質無料になり、auユーザーを対象にしたセット割引もあります。

本記事では、@TOCMヒカリの料金や口コミ、メリット、デメリットを解説します。

スポンサーリンク
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安くキャンペーンでさらにお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安い、キャンペーンでお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi

@TCOM(アットティーコム)とは?

@TCOM(アットティーコム)ヒカリとは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営している通信回線サービスです。

一般的にインターネットを接続するときは、回線に加えてプロバイダの両方を契約しなければなりません。

しかし@TCOMヒカリであれば、NTT東日本・西日本が提供する光回線と@TCOMのプロバイダ機能がセットになったサービスのため、インターネットがより簡単に利用できます。

@TCOMヒカリの概要は以下の通りです。

@TCOMヒカリ
タイプ戸建てマンション
月額料金5,100円3,800円
契約期間2年自動更新
工事費実質無料
(18,000円)
実質無料
(15,000円)
途中解約時の
違約金
12,000円
+工事費の残債
オプションヒカリ電話(月500円)
ヒカリテレビ(月750円)
IPv6 IPoE対応
(月200円)
セット割LIBMO、au
公式@TCOMヒカリ

以下で、詳細を確認していきましょう。

@TCOMの料金は?

@TCOM(アットティーコム)ヒカリの月額料金や工事費についてまとめました。

【月額料金】戸建て月5,100円、マンション月3,800円で他社と同じくらい

@TCOMヒカリの月額料金は、戸建てタイプで月5,100円、マンションタイプで月3,800円となっています。

 光回線戸建てマンション 契約年数
@ TCOMヒカリ5,100円3,800円2年
OCN光5,200円3,600円2年
ソフトバンク光5,200円3,800円2年
ドコモ光5,200円4,000円2年
auひかり5,100円3,800円3年
NURO光4,743円1,900円
~4,743円
2年

他社の月額料金と比較しても、大して安くも高くもないといった感じです。

【工事費】キャンペーンで新規工事費が実質無料に

@TCOMヒカリでは、インターネット新規申し込みで最大18,000円分の工事費が「実質無料」となるキャンペーンを行っています。

通常、@TCOMの戸建てプランでは、月額使用料金とは別に18,000円(分割:600円×30ヶ月)の初期工事費が発生します。

しかし、2年バリューパックを新規に申し込む人を対象に、毎月の工事費(600円)と同じ額を月額料金より割引してくれるので、「実質無料」です。

工事内容戸建てタイプマンションタイプ
派遣工事あり
(新設あり)
600×30ヶ月
【総額18,000円割引】
250円×30ヶ月
【総額7,500円割引】
派遣工事あり
(新設なし)
初回350円
2回目以降250円×29ヶ月
【総額7,600円割引】
初月175円
2ヶ月目以降125円×29ヶ月
【総額3,800円割引】
無派遣工事初月260円
2回目以降60円×29ヶ月
【総額2,000円割引】
初月130円
2ヶ月目以降30円×29ヶ月
【総額1,000円割引】

ただし、マンションタイプの工事費は15,000円のため、全額割引ではなく、工事料金の半額となります。

参考:@TCOMヒカリ公式

【オプション】ヒカリ電話は月500円、テレビオプションは月750円から

@TCOMヒカリには、光回線を使った「ヒカリ電話」と「テレビオプション」があります

「ヒカリ電話」は、NTT東日本/西日本のフレッツ光回線を利用したIP電話サービスで、月額基本料金(500円/月)+通話料のみのため、月々お得に利用できます。

他にも、月額750円で地デジ・BSデジタルが視聴できる「テレビオプション」があります。

光回線を利用して映像を受信するので、アンテナの設置が不要。電波障害や悪天候などの影響も受けにくく、アンテナのメンテナンスも必要ありません。

ヒカリ電話やテレビオプションは、インターネットの料金と合わせて支払えるので、自宅の通信費が把握しやすく、払い忘れの心配も少なくなります。

【割引】格安SIMのLIBMO(リブモ)が毎月300円引きで使える

株式会社TOKAIコミュニケーションズは、@TCOMヒカリの他にも格安SIM「LIBMO(リブモ)」を提供しています。

そのLIBMOと@TCOMヒカリをセットで契約すると、毎月最大300円の割引が適用されます。

LIBMOのプラン割引額
3GB100円/月
6GB200円/月
10GB/20GB/30GB300円/月

LIBMOはNTTドコモのLTE回線を使用しているため、ドコモと変わらないエリアで利用できます。

また、インターネット料金とLIBMOの携帯料金をまとめて支払えるので、支払いがとても楽です。

参考:格安SIM「LIBMO」

@TCOM(アットティーコム)の評判や口コミは?

@TCOMヒカリの評判や口コミを集めました。

【速度について】

@TCOMヒカリの速度については、速くて満足している口コミが多くみられました。

人によっては遅くて話にならない…なんて口コミもありましたが、v6インターネットなどを利用すれば、比較的快適に使えるようです。

口コミの数はそう多くなかったので、今後随時集まり次第、更新していきます。

@TCOMのメリットは?

@TCOMヒカリのメリットは、以下の通り。

  • 通信速度が速い
  • 初期工事費が安く抑えられる
  • 最大33,000円のキャッシュバックあり
  • auスマートバリュー適用でお得になる

一つずつ確認していきましょう。

v6インターネット接続機能(IPoE)対応で速い速度の通信ができる

@TCOMヒカリには、次世代のインターネット接続方式(IPv6)により、快適にインターネットが利用できるオプションがあります。

IPv6接続は、利用者が多いIPv4方式に比べて、回線の混雑なくインターネットが利用可能です。

通常であれば、月額200円で申し込めますが、@TCOMヒカリもしくはヒカリ電話にご契約している場合は無料でサービスを受けられます

面倒な工事の必要もないので、回線速度の遅さが気になっている人は利用してみましょう。

参考:@TCOMヒカリ公式「v6インターネット」

IPv4とIPv6の違いを分かりやすく解説、IPv6対応でも速度が速くなるとは限らないって本当?
固定回線の契約や更新の際、「IPv6オプションあり」「v6プラス対応」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。 ただそれが何か説明してと言われても、「何か固定回線の速度が速くなるらしい…」くらいで、そもそもIPv6が何かということや...

IPv4とIPv6の違いを分かりやすく解説、IPv6対応でも速度が速くなるとは限らないって本当?

新規申し込みで工事費が戸建ては実質無料、マンションは半額になる

@TCOMヒカリでは、インターネット新規申し込みで工事費が最大18,000円割引されます。

内容戸建てタイプマンションタイプ
一括払い18,000円15,000円
分割払い600円×30回500円×30回
工事費割引キャンペーン600円引き×30ヶ月
総額18,000円割引
250円引き×30ヶ月
総額7,500円割引

工事費が戸建ての場合は全額割引適用で実質無料、マンションの場合は7,500円分の割引が適用されて半額です。

ただ、これらの割引が適用されるのは、インターネットから新規申し込みする場合に限られるので注意してください。

申し込み内容に応じて最大33,000円がもらえるキャッシュバックあり

@TCOMヒカリでは、各申し込み内容に応じて最大33,000円をもらえるキャッシュバックがあります。

33,000円がもらえるのは、戸建てタイプで回線を新規契約し、ヒカリ電話と光テレビ、それにLIBMOを契約した場合です。

オプションや格安SIMまで申し込むのはちょっと多すぎる…という人は、ネット回線だけ申し込んでも23,000円のキャッシュバックをもらえます。

条件戸建てタイプマンションタイプ
回線新規契約+ヒカリ電話
+光テレビ+LIBMO
33,000円30,000円
回線新規契約+ヒカリ電話24,000円21,000円
回線新規契約23,000円20,000円
事業者変更契約20,000円18,000円
他社転用契約20,000円18,000円
WiFiルータープレゼントキャッシュバックから5,000円引き

ちなみに、キャッシュバックは、利用開始月を1か月目とした時の3ヶ月目の利用状況を確認したうえで、指定口座に振り込まれるため、手続きに不備がないよう気を付けましょう。

auスマートバリューが適用できて月額料金がお得になる

auスマートバリューとは、@TCOMヒカリまたは@TCOMauヒカリコースとauのスマホやタブレットを一緒に利用したときに、auスマホなどの月額料金が割引になるサービスです。

遠くに住んでいる家族も対象となり、スマホの月額料金が毎月500円〜2,000円割引になります。

例えば、ピタットプラン4G LTEを申し込んでいる場合は、適用翌月から月500円引きです。

詳細は「auスマートバリュー」の記事で書いています。

auスマートバリュー、スマートバリューmineの申し込み方法や注意点まとめ。いくらお得に使えるの?
自宅にauひかりを引く時や、WiMAXを契約する時に聞くのが「auスマートバリュー」や「auスマートバリューmine」という言葉。 両方とも一定の条件下で適用できる割引制度ですが、それぞれどのような場合に適用されるのか、何が違うのか分...

@TCOMのデメリットは?

@TCOMヒカリには以下のデメリットがあります。

  • 月額料金が安いわけではない
  • ドコモやソフトバンクユーザーにはメリットがない
  • 違約金の他に工事の残債を請求される

一つずつ確認していきましょう。

月額料金が安いわけではない

@TCOMヒカリの月額料金は、上述の通り、他社と比べてもさほど変わりありません。

 光回線戸建てマンション 契約年数
@ TCOMヒカリ5,100円3,800円2年
OCN光5,200円3,600円2年
ソフトバンク光5,200円3,800円2年
ドコモ光5,200円4,000円2年
auひかり5,100円3,800円3年
NURO光4,743円1,900円
~4,743円
2年

しかし、キャッシュバックやLIBMOのセット割、auスマートバリューを適用することで、通信費をより抑えることも可能です。

ドコモユーザーやソフトバンクユーザーにはメリットが無い

@TCOMヒカリはauユーザーの場合、auスマートバリューが適用されますが、ドコモユーザーやソフトバンクユーザーには割引がありません。

ただ、ドコモユーザーはドコモ光を、ソフトバンクユーザーはソフトバンク光やNURO光を契約することで、毎月最大1,000円の割引を受けることができます。

最近はUQモバイルやY!mobile、IIJmioなどの格安SIMでも光回線とのセット割を設けているところが多いので、自分のスマホとのセット割を使ってお得にネットを使いましょう。

【決定版】光回線の選び方!どれがいいかがわかる3つのポイントとは?わかりにくい光回線選びもこれで大丈夫!
「さあ光回線を契約しよう」と思っても、いざ調べてみると「~光」がたくさんありあすぎて、何をどう選べば良いのかよく分からない…と途方に暮れてしまう人も多いでしょう。 しかし3つのポイントを押さえてしまえば、光回線選びは思ったよりも簡単で...

【決定版】光回線の選び方!どれがいいかがわかる3つのポイントとは?わかりにくい光回線選びもこれで大丈夫!

途中解約すると違約金12,000円の他に工事の残債を請求される

@TCOMは2年バリューパックを適用した場合に途中解約すると、12,000円の違約金が発生します。

それだけでなく、工事費の分割払い途中で解約、もしくは他コースに変更した場合は、工事費の残額を一括で支払わなければなりません

最初の契約更新月は24ヶ月目と25ヶ月目ですが、まだ工事の残債は残ったまま。違約金と残債の支払いが無く解約できるのは、48ヶ月目か49ヶ月目となります。

@TCOMの契約方法と解約方法は?

続いて、@TCOMヒカリの契約方法と解約方法を紹介します。

@TCOM(アットティーコム)の契約方法

申し込みから開通までの大まかな流れは以下の通りです。

  1. 申し込み
  2. 工事日の調整
  3. 開通工事
  4. 工事完了後、郵送される書類に従って接続設定
  5. インターネット開通

新規と、転用・事業者変更ではそれぞれ申し込み方法が異なります。

新規申し込み

新規での契約方法は、「WEBサイトからの申し込み」か「申込書の郵送」の2通りです。

WEBサイトから申し込めば工事費が割引されるので、インターネットからの手続きがおすすめです。

公式:@TCOMヒカリ

転用・事業者変更

転用・事業者変更時は、「WEBサイトからの申し込み」か「電話での申し込み」になります。

公式:@TCOMヒカリ

【@TOCMカスタマーセンター】

電話:0120−805633 (通話料無料)
受付時間:平日10:00〜20:00/土日祝10:00〜18:00

@TCOM(アットティーコム)の解約方法

@TCOMヒカリの解約は、WEBサイトもしくはカスタマーセンター(0120−805633)から申し込みをします。

解約時には、ユーザーIDや契約者の氏名など、本人確認ができる情報が求められるので、事前に確認しておきましょう。

申し込みから解約までの流れは以下の通りです。

  1. 解約申し込み
  2. 郵送された解約書面を記入し返送
  3. (必要な場合)撤去工事
  4. レンタルしていた機器の返却
  5. 解約証明書の発行

解約証明書は、他社の回線に乗り換えるときに必要になる場合があるので、大切に保管しておきましょう。

【結論】@TCOMヒカリはLIBMO・auユーザーにおすすめ

@TCOMヒカリの料金や評判、メリットやデメリットについて解説してきました。

@TCOMヒカリは30ヶ月の分割支払いと同額の割引で工事費が実質無料になるので、最初から長く契約する予定がある人にはぴったりです。

月額料金は他社に比べてそんなに安いわけではありませんが、LIBMOユーザーやauユーザーならスマホとのセット割を適用することもできるので、通信費がお得になります。

新規回線申し込みをした場合の特典や割引が多いため、初めて光回線を引く人は検討してみると良いかもしれません。

【@TCOMヒカリのまとめ】

  • 格安SIMのLIBMOとのセット割(月300円)あり
  • auスマホとのセット割(月934円~2,000円)あり
  • v6インターネット(IPv6 IPoE)対応
  • 工事費は実質無料
  • 新規回線契約者の特典が豊富