光回線

【auひかりの戸建ては注意】光回線の撤去工事は必要?撤去費用ってどれくらい?撤去しないと何が困るの?

スポンサーリンク

光回線は新規契約時に工事が必要になりますが、一部の光回線では解約時に回線の撤去工事を求められることがあります。

回線撤去費用は無料のところもあれば、30,000円以上かかるところもあるため、事前に撤去工事に関する知識を深めておくと、いざという時に役立つはずです。

ただし、撤去費用負担は乗り換えで高額キャッシュバックをGETすれば十分カバーできるので、お得な乗り換え先さえ分かっていれば対応できます。

結論を言えば、乗り換え先で最もおすすめできる光回線はソフトバンク光です。

なぜソフトバンク光が良いのか、光回線の撤去費用はだいたいどのくらい費用がかかるのかなどについて、本記事内で詳しく見ていきましょう。

光回線の撤去工事とは

光回線工事は、①電柱から建物の壁まで光ファイバーケーブルを引き込む、②屋外から屋内に回線を引き込む、③部屋まで回線を引き込むといった三段階に大きく分かれています。

例えば、NURO光であれば「宅内工事」と「屋外工事」の2回に分けて工事が必要です。

NURO光公式戸建て工事内容 

(引用:NURO光)

この過程で使われる回線設備が光回線の業者によって異なるため、解約や乗り換え時には撤去工事が必要になるのです。

逆に、マンションタイプで最初から光コンセントがついており、工事をせずに使い始めたり、送られてきたONU機器を接続して使ったりしているだけなら、撤去工事が必要のないケースもあります。

【光コンセントの例】

光コンセント分離型

(引用:NTT東日本公式「光コンセント」)

まずは、撤去工事の内容について詳しく確認していきましょう。

撤去工事が必要か判断する材料は「契約先」と「建物タイプ」

撤去費用がかかる光回線もありますし、契約時だけでなく解約時まで工事が必要になるのはちょっと面倒ですよね。

できるだけ工事は避けたいものですが、撤去工事や負担の有無はどこの光回線に契約しているか、そしてどの建物タイプなのか、によります。

いずれにせよ、撤去工事の有無は自分で決めるものではないので、契約先の光回線と、退去する部屋の大家さんや管理会社に連絡を入れて判断を求めるようにしましょう。

どこの光回線に契約しているのか

光回線は、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光のほかに、そのNTT回線を使って自社のサービスを付与した「光コラボレーション」や、独自回線を使ったものなど、使用している回線が異なります。

NTT回線を使った光回線同士の乗り換えであれば工事は不要ですし、解約で撤去工事が必要になる場合でも、基本的に撤去工事費用は掛かりません

一方、一部NTT回線を使っているauひかりやNURO光、独自回線を使っているeo光やコミュファ光などは、撤去工事や撤去費用を求められることが多いです。(費用の詳細は後述で)

どの建物タイプなのか

戸建ての場合、契約先によっては回線を撤去するか、一部設備だけを残しておくかといったことを世帯主が選ぶことができます。

ただし、解約時に回線撤去することを規定に記載しているところもあるので、その場合は選択権がそもそもありません。

ですから、まずは契約先に回線撤去の有無を尋ねておく必要があります。

一方、賃貸アパートは「原状回復」が基本ですから、工事をした部分は元通りにするよう大家さんや管理会社から言われます。

撤去工事が必要になったら速やかに光回線業者へ連絡しないといけませんが、なかには大家さんから撤去を求められないこともあるので、場合によりけりです。

光コンセントにつながっているだけなら自分でケーブルを抜けばOK

屋内配線の撤去や光コンセントの撤去など、契約時に工事をしてもらった箇所については、解約時に契約先が依頼した業者が工事をしてくれます。

ただし、契約時に工事をせず、最初から光コンセントが設置されていたり、送られてきた機器を自分で接続したりして光回線を使い始めた場合、撤去工事は特に必要ありません。

自分で光コンセントやモジュラージャックからケーブルを抜き、期日までに指定の住所まで機器を返却するだけです。

賃貸アパートやマンションで撤去工事をしたくない人は、部屋選びの時点で「光回線工事の必要がない部屋」に条件を絞って探すことをおすすめします。

アパートでインターネット契約は必要?インターネット無料・完備・対応の違いとおすすめの接続方法
アパートを探す際に、インターネット「無料」「完備」「対応」など様々な表記を見て混乱することはありませんか。 自分でネット契約が必要なのか、それとも無料で使えるのかなど、どれも分かりづらいですよね。 最近ではインターネット無料のア...

主要回線の撤去費用

主な光回線の撤去工事費用は、以下の通り。

 光回線  回線 撤去費用 詳細
ドコモ光 フレッツ光 無料
ソフト
バンク光
フレッツ光 無料 詳細
So-net光
プラス
フレッツ光 無料 詳細
auひかり 一部フレッツ光
auひかり
31,680円
(戸建て絶対)
詳細
NURO光
NURO光 11,000円
(撤去する場合)
詳細
eo光
(関西地方)
eo光 11,000円
(撤去する場合)
詳細
コミュファ光
(東海地方)
コミュファ光 13,200円 詳細
ピカラ光
(四国地方)
ピカラ光 11,000円 詳細
BBIQ
(九州地方)
BBIQ 5,000円 詳細

※税込表記

フレッツ光を使っている光回線(ドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラス)では撤去工事をしても撤去費用は掛かりませんが、それ以外の回線では5,000円から30,000円前後の費用が必要になることが分かります。

特にauひかりの31,680円は高いですね。

ドコモ光と、auひかりでどうしてここまで違うのでしょうか。

ドコモ光|撤去費用は無料

NTT東日本・西日本のフレッツ光は回線撤去費用がかかりません。

当然、NTT回線を使っているドコモ光であっても設備自体は同じなので、撤去費用が掛からないというわけです。

ドコモ光は新規契約時の工事費用も無料なので、契約時も解約時も費用負担を抑えられる光回線と言えますね。

ドコモ光の公式を見る

ドコモ光の詳細情報を見る

auひかり|戸建ては必ず31,680円の撤去費用がかかる

ドコモ光とは対照的に、高額な撤去費用が掛かってしまうのがauひかりです。

auひかりの「auひかりサービスご利用にあたって」には、戸建てタイプで契約した人を対象に、必ず撤去工事を行うことが明記されています。

解約時および、光ケーブル引き込み工事実施後に申し込み取り消しをする場合、光ケーブルの引き込み回線の撤去工事はKDDIが委託する工事業者にて行いますので、お客さまのお立会いをお願いします。また、撤去費用(28,800円〔税込31,680円〕)をお客さまに請求させていただきます。なお、お客さまのご都合により撤去工事ができない場合は、設備が残ることにより発生する維持費相当をお支払いただきます(ホームタイプのみ)。
※解約申告受領以降に撤去日程を調整しますので、解約日の1ヶ月程度前には事前に解約連絡をお願いいたします(撤去日程についてはお客さまのご希望に添えない場合があります)。
※撤去作業後の原状回復処理を含めた補修対応は原則行いません。

auひかりはは回線の一部でNTT回線を利用していますが、auひかりのケーブルも使っていて、敷設したこれらの回線は保守や管理など維持費が掛かります。

つまりauひかりは、その費用を削るために解約時は必ず撤去工事を行い、その費用も個人負担にしているのです。

途中解約した場合は違約金が、工事の分割費用を支払っている途中であれば残債が、これとは別に必要となってくるので、auひかりを戸建てで契約する時は注意しておきたいポイントです。

auひかりの解約方法と注意点まとめ、タイミング次第で解約金と解約撤去費用がかなり高くなるかも。
auひかりを解約する時に気になるのが解約違約金。 ただ、解約にはその他に解約撤去費用も必要なことをご存知でしょうか。 本記事では、auひかりを解約する時に必要な手続きや掛かる費用について解説していきます。 関連記事 ...

回線撤去費用負担はソフトバンク光への乗り換えでカバーできる

回線撤去費用に違約金、残債などあれもこれも負担しなければいけなくなると、解約するタイミングを逃してしまいますよね。

しかし、ソフトバンク光のように、他社からの乗り換えに対して一定額まで費用を負担してくれるようなところに乗り換えれば、そんな心配も要りません。

ソフトバンクエアー満額還元違約金負担

ソフトバンク光の「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」では、他社を解約した時にかかる違約金と撤去工事費を最大100,000円まで還元してくれます。

例えば、auひかり(3年契約・ホーム1ギガ)の分割工事費を払い終える5年で解約したとしましょう。

16,500円(違約金)+31,680円(撤去費用)=48,180円が負担分ですが、ソフトバンク光は49,000円まで代わりに負担してくれます。

解約後に証明書を提出するなどの手続きは必要になるとは言え、ここまでカバーしてくれるのはありがたいですね。

また、ソフトバンク光は代理店を経由して申し込むと、最大36,000円のキャッシュバックももらえるので、撤去費用負担の無い人にもおすすめの光回線です。

ソフトバンク光を代理店経由で申し込む

ソフトバンク光の詳細情報を見る

回線を撤去しないことによるデメリット

撤去工事をしなければ撤去費用が発生することもないし、撤去なんてしなくてもいいのでは…と、何とか撤去を回避する方法を模索する人もいます。

戸建てであれば契約先次第で残置することも可能ですが、契約時に工事をした賃貸集合住宅の場合は、撤去ありきで考えておいたほうが良いでしょう。

戸建て|残置設備が新規回線工事の邪魔になる、余計なお金がかかる

戸建ての場合、借家でない限りは屋内回線や光コンセントを撤去しなくても特に困らないので、屋外工事(電柱から外壁までなど)だけして、屋内はそのままにしておく(残置)という方法も一つです。

そうすれば、光回線を再契約する時に、屋内回線をそのまま再利用することもできます。(光コラボ→他の光コラボの乗り換えなど)

ただし、回線が異なる場合で、同じ箇所に工事をするとなると、残置回線が邪魔になる可能性が高いです。

他社回線の撤去を行うことは基本的にないため、希望とは違う場所に配線や光コンセントを設置しなければいけませんし、結果として予定よりも工事費が余計にかかることになります。

損得を考えるなら、戸建てタイプはできるだけ回線撤去をお願いしておくと良いでしょう。

光回線の再契約はやめたほうがいい!強制解約ではなければ他社を新規契約したほうがお得
以前フレッツ光を契約して一度解約したけれど、再契約したいということがあるかもしれません。そんなとき、どうすればいいのでしょうか。 フレッツ光では特定の条件を満たした場合に限り再契約となりますが、新規契約と手続きの流れはいっさい変わらず...

賃貸集合住宅|原状回復に違反していると退去時に別途費用を請求される

賃貸アパートやマンションでは「原状回復」が原則ですから、退去時に入居者の荷物が何かしら残っていた場合、別途費用が発生してしまいます。

だからといって、引越しまでに撤去工事をしてもらう余裕がなくてケーブルを無理矢理カットしたり、工事で設置してもらった光コンセントなどをそのまま残置していくのはもってのほかです。

例えばNURO光だと、レンタルしていたONUを破損もしくは破損、紛失していた場合、12,100円(税込)の機器損害金が掛かります。

大家さんや管理会社に支払う費用だけでなく、光回線業者に支払う費用まで増えてしまうので、あらかじめ原状回復の程度や回線撤去の有無は確認しておき、問題なく退去できるように手続きを進めるようにしてください。

【おまけ】残した回線は再利用できる可能性もある

戸建てであれ、賃貸集合住宅であれ、場合によっては残置設備を再利用することも可能です。

乗り換えでどのような工事が必要になるのかについては、総務省の「他事業者に乗り換える際の工事の要否について」の資料で分かりやすく説明されています。

総務省乗り換え工事の有無について

(引用:総務省「参考資料(固定通信に関する事項)」)

例えば、フレッツ光からドコモ光、ソフトバンク光などへの乗り換えは基本的に工事不要です。

回線を撤去しなくても、「転用」や「事業者変更」といった手続きで、簡単に乗り換えができます。

すぐに乗り換えず、しばらく光回線を使わない期間があったとしても、フレッツ光や光コラボから次の契約先を選ぶなら撤去せずに残しておくのも一つの手です。

ちなみに、賃貸集合住宅であっても、回線を残しておくことで次の入居者がすぐに光回線を使えるというメリットもあります。

もちろん大家さんや管理会社の承諾が無い限りは撤去が基本ですが、稀に認めてもらえることもあるので、確認だけはしておきましょう。

まとめ|光回線の撤去工事は契約先にまず確認!費用は何とかなる

光回線の解約時は、撤去工事について必要かどうか確認する連絡を、光回線の契約先と、入居物件の大家さんや管理会社に必ず入れるようにしてください。

auひかりは別ですが、戸建てであれば再利用する時のために屋内回線だけは残しておくというパターンが多いです。

もちろん不必要であれば、解約時にきれいさっぱり撤去工事をしておくのも良いでしょう。

また、賃貸アパートやマンションで撤去工事が必要なければ、それに越したことはありません。

どうしても必要になるようであれば、退去までに余裕をもって工事の申し込みをし、負担が大きいようであればソフトバンク光などに乗り換えて金銭面をカバーしてもらうこともできます。

ソフトバンク光の詳細情報を見る

キャッシュバック額が多くてお得に使える光回線については、こちらの記事をぜひ参考にしてください。

【2021年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。徹底比較と料金シミュレーションで分かった本当にお得なのはこれ!
インターネット通信する手段としては、光回線以外にもポケットWiFiや置くだけWiFi、スマホなどもあります。 しかしYoutubeやVODなどでの動画視聴やオンラインゲーム、SNSによる画像閲覧などで通信量が多くなる上、快適な通信速度...
タイトルとURLをコピーしました