ポケットWiFiとテザリングはどっちがいい?それぞれのメリット・デメリット比較

パソコンやタブレットでネットを使いたい時、スマホのテザリングを使っている人も多いでしょう。

ただ、テザリングではスマホの充電が気になったりして作業しにくい面もありますよね。

そんな人には、外出先での通信手段としてポケットWiFiがおすすめです。

本記事では、ポケットWiFiとテザリングのメリットやデメリットを解説していきます。

スポンサーリンク

ポケットWiFiとテザリングはどっちがいい?

スマホを媒介として通信するテザリングと、通信したい機器と繋げて通信するポケットWiFi。

ポケットWiFiとテザリングを比較して、メリットやデメリットについて考えてみました。

そもそもテザリングとは?

テザリングとは主にスマホを通信の親機として接続する通信方法で、USB接続、Bluetooth接続、WiFi接続があります。

ネット環境の無い場所でも、スマホでモバイル通信が可能な場所ならパソコンやタブレット、ゲーム機などあらゆる機器のネット接続が可能です。

USB接続の場合はパソコンに充電しながら使うことができますが、ケーブルを持ち運ばなければいけません。

対して、Bluetooth接続やWiFi接続はケーブルは要らないものの、充電ができないうえに通信速度では劣ります。

テザリングのメリット、ポケットWifiのデメリット

テザリングのメリットは以下の通り。

  • 荷物を減らせる、すぐに使える
  • 端末の充電忘れということがない
  • スマホ以外の契約が要らない
  • オプション料金は無料もしくは500円で済む
  • 契約期間の縛りがなく、解約金も無い

では、順に確認していきましょう。

持ち運びの負担が減る、荷物が減る

ポケットWiFiを使っている人からすると「持ち歩くだけで通信できるからカバンに入れたらいいよ」と言いたくなりますが、持ち歩かなければいけないこと自体を面倒に感じる人もいます。

スマホの他にポケットに入れたり、カバンに荷物を増やしたりしなくても、スマホさえあれば他の端末での通信ができるので持ち運びに対する負担が減りますね。

端末の充電忘れで困ることがない

ポケットWiFiで不便なのが、端末を充電しておかないといけないこと

充電されていないポケットWiFiは、ただの余計な荷物でしかありません。

作業しようとしても、自宅に忘れてしまうと一気にやる気が無くなります。

ポケットWiFiの充電を忘れたとしても、スマホの充電をし忘れる人は少ないでしょう

スマホの充電さえあればテザリングはできるので、充電が忘れがちになるならテザリングの方が良いかもしれません。

ただ、長時間のテザリング通信はもちろんバッテリーを消費してしまいます。

出先にコンセントやUSB充電のできる場所が少なそうなら、充電器やモバイルバッテリーの用意をしておいても良さそうです。

ポケットwifiのためにモバイルバッテリーは必要?電池持ちを良くする為にはどうすればいい?
ポケットWiFiの電池の残量が気になって思うように使えず、もどかしい気持ちになったことはありませんか。 充電が切れてしまうと、ポケットWiFiはただの荷物になってしまいますよね。 そこで本記事では、ポケットWiFiのバッテリーが...

ポケットwifiのためにモバイルバッテリーは必要?電池持ちを良くする為にはどうすればいい?

スマホ以外の契約が不要

テザリングの利用は、通常の契約にオプションを付けるだけなので利用のハードルはかなり低いです。

利用の開始・終了は各サイトのマイページ等で簡単に変更できます。

対して、ポケットWiFiは様々なプランや機種から、自分に適したプランを選択していかなければいけません。

スマホとは別に契約が発生し、通信関係の契約先が増えるのはちょっと不安に思う人もいるでしょう。

契約先を増やさず、今ある契約+αで済ませたいなら、テザリングをおすすめします。

オプション料金は無料もしくは500円で済む

キャリアのテザリングなら、オプション料金が無料もしくは500円程度で利用可能です。(auやSoftbank)

プランによってオプション料金が異なるため、詳細は各公式サイトのテザリングページを確認してください。

キャリアの中でドコモだけは、オプションの申し込み不要ですぐに利用できます

なお、auのテザリングオプションは次の通りです。

【テザリング無料】

  • 新auピタットプランN
  • auデータMAXプラン
    Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • auフラットプラン
    7プラスN
  • auピタットプランN(S)
  • カケホ
    /スーパーカケホ
  • VKプラン
    /VKプランS
    /VKプランM
  • LTEプランS

▼受付終了プラン

  • auデータMAXプラン
  • auフラットプラン
    7プラス
  • 新auピタットプラン
  • auピタットプラン(S)
  • データ定額
    1/2/3/5/8/10/13
  • データ定額
    1cp/3cp/5cp
  • データ定額cp(0.8GB)
  • ジュニア
    スマートフォンプラン

【テザリング500円/月】

  • auフラットプラン20N
    /25 NetflixパックN
  • タブレットプラン20

▼受付終了プラン

  • auフラットプラン20
    /25 Netflixパック/30
  • auフラットプラン5
    (学割専用)
    auピタットプラン
  • データ定額20/30
  • U18データ定額20

(参考:au公式HP「テザリングオプション」)

auでテザリングかWiMAXを使うならどっちがいい?パターン別の料金比較
WiMAXやテザリングをせっかく使うなら、自分に合ったプランや料金にしたいですよね。 auにはWiMAXとのセット割があったり、有料だったテザリング料金の一部無料化を実施したりしています。 そこで、auでWiMAXやテザリングを...

auでテザリングかWiMAXを使うならどっちがいい?パターン別の料金比較

契約期間の縛りがなく、解約金も無い

テザリングオプションは月単位で契約でき、契約期間の縛りはありません

したがって、テザリングオプションには解約金も無いため、利用状況を考えてしばらくはオプションを外しておくなんてこともできます。

前月にオプションを外しても、再度使いたい時は申し込み後に即日または翌日から使えるので、始めたいときにいつでも申し込むことも可能です。

ポケットWiFiでも、契約期間の縛りや解約金が無いプランもありますが、テザリングオプションほど柔軟に契約を切り替えることは難しいでしょう。

UQ WiMAXの概要、口コミ、評判まとめ。他に比べると高いけど解約金は1,000円で口座振替も可能というメリットもあり
WiMAXは外出先でもWiFiで高速通信を行うことができるとして今人気のサービスですが、その本家本元がUQコミュニケーションズの提供するUQ WiMAXです。 WiMAXにはUQ WiMAX以外にも20を超えるプロバイダがあり、それぞ...

UQ WiMAXの概要、口コミ、評判まとめ。他に比べると高いけど解約金は1,000円で口座振替も可能というメリットもあり

ポケットWiFiのメリット、テザリングのデメリット

ポケットWiFiにはテザリングと比べてこのようなメリットがあります。

  • スマホの通信量を圧迫せずに使える
  • 速度制限に掛かりにくくなる
  • スマホの充電を節約できる
  • auのSIM利用者がVoLTEを気にせず通話できる

では順にみていきましょう。

スマホの通信量を圧迫せずに使える

テザリングの通信量は、スマホの通信プランに加算されます。

通信量の上限が少ないほど、通信量が気になって通信しにくくなるでしょう。

スマホで大容量に使えるプランでは、テザリングで使える容量が決まっていることが多く、テザリング通信では満足できない人も出てきます。

大容量に対応したポケットWiFiであれば、通信量が気になったり、追加でパケットを購入したりしなくて済むのは助かりますね

速度制限に掛かりにくくなる

私たちが使用しているスマートフォンやパソコンは、普段の操作以外でも多くの通信をしています。

少しネットに接続しながら作業しただけなのに通信量を多く消費していることがあれば、バックグラウンド処理の可能性を疑ってみましょう。

更新や情報取得など、立ち上げているアプリやソフトが多いほど、知らぬ間に通信量が増えていきます。

結果として、パソコンをテザリングで通信し、予想以上に通信量を消費して速度制限に掛かってしまうことも珍しくありません

「こんなはずじゃなかった・・・。」となる前に、自分のスマホの契約プランを確認したうえで利用するのが望ましいでしょう。

Amazonプライムビデオの通信量は高画質だと1時間で約6GB!!外出先でのストリーミング再生は控えた方が良いかも。
Amazonプライムビデオは月額500円、年会費4,900円で動画が見放題の大人気サービスです。 月額800円のNetflixや933円のHuluと比べても安いので、利用してるという方も多いのではないでしょうか。 ただ、動画を見...

Amazonプライムビデオの通信量は高画質だと1時間で約6GB!!外出先でのストリーミング再生は控えた方が良いかも。

auのSIM利用者がVoLTEを気にせず通話できる

auのSIMはVoLTE対応と非対応の2種類があり、VoLTE非対応のSIMでテザリングをすると、通話中にネットが使えなくなるという仕様になっています。

少し前まではこの仕様になっている端末やSIMが多くありましたが、今はVoLTE非対応に限られるため、ほとんどの人には気にしなくても大丈夫です。

それに、auのVoLTE利用者であっても、ポケットWiFiを使っていればテザリング中の通話やネットについては何も不自由を感じることはありません。

au VoLTE対応のSIMや端末って何?メリット・デメリットを詳しく解説
ちょっと聞きなれない「au VoLTE」という言葉、聞いたことはありますか。 ぼる・・・?何て読むんだろう? これは「Voice over Long Term Evolution」の略語で、「VoLT...

au VoLTE対応のSIMや端末って何?メリット・デメリットを詳しく解説

ポケットWiFiとテザリングの料金比較!どっちがお得なの?

スマホ+ポケットWiFiを使った時と、スマホにテザリングオプションを付けた時の料金を比較しました。

結論から言えば、通信量を気にせず通信するなら、スマホ通話のみ+ポケットWiFiや、格安SIMで最低限の通信量契約+ポケットWiFiの組み合わせがお得な組み合わせと言えます。

ポケットWiiの契約か、テザリングオプションの利用で悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

【格安SIM契約者向け】スマホの通話のみプラン+MUGEN WiFi

IIIJmio(みおふぉん) 通話のみプラン+MUGEN WiFi(100GB)=月額4,070円

10分以上の電話を掛けず、ネットはポケットWifiだけで通信する場合に適したプランに、月額920円で使えるIIJmioの通話のみプランがあります。

大容量の100GBまでLTE通信ができるポケットWiFiで最安なのがMUGEN WiFi。月額料金は3,150円です。

これらを組み合わせて使えば、月額総額料金は920円+3,150円=4,070円になります。

スマホを通話のみで使うキャリア、格安SIMの最安プランはどれ?合わせて使いたいポケットWiFiも紹介
子どもに持たせるためや、タブレットなどと2台持ちにしたいといった理由から、スマホを通話のみで利用したいといったケースは少なからずあるでしょう。 しかし、携帯会社のプランは複雑でどのプランで契約すればいいのかわかりにくいですよね。 ...

スマホを通話のみで使うキャリア、格安SIMの最安プランはどれ?合わせて使いたいポケットWiFiも紹介

IIJmio(みおふぉん)のプラン、料金、評判・口コミ。速度は遅いって本当?日本初のeSIMプランも紹介。
格安SIMはスマホに挿し込むSIMカードを扱ったサービスのこと。 その名の通りドコモなどのキャリアと比べて料金が安いのが特徴で、中にはキャリアから乗り換え、月4,000円近くも通信費を節約できる人もいます。 中でもIIJmio(...

【格安SIM契約者向け】スマホは最低限の通信量+それがだいじWiFi

イオンモバイル+どんなときもWiFi=月額4,610円

500MBの通信量がついているイオンモバイルは、ドコモやau回線に対応していて月額1,130円。

クラウドSIMを使ったポケットWiFiである、それがだいじWiFiは、トリプルキャリアで通信できて月額3,250円です。

これらを組み合わせて使えば、月額料金は1,130円+3,250円=4,380円になります。

【キャリア契約者向け】スマホの通信量7GB以下+テザリング

  • 【ドコモ】ギガライト 月額5,980円
  • 【au】新ピタットプランN 月額5,980円
    +テザリングオプション(無料)
  • 【ソフトバンク】メリハリPLAN(2GB以上) 月額4,480円(8カ月目~5,480円)
    +テザリングオプション 月額500円=4,980円

ドコモはテザリングオプションが無いため、月額料金は5,980円。

auは新ピタットプランNの場合テザリングオプションが無料となり、同じく月額5,980円に。

対して、ソフトバンクのメリハリプランは2GB以上の利用で4,980円(8ヶ月目以降5,480円)、さらにテザリングオプションが付いて月額500円掛かってくることで、合計額は5,480円(8ヶ月目以降5,580円)となります。

ただ、ドコモとauは7GBを超過すると128Kbps以下になる速度制限が掛かるため、テザリングを利用するには7GBでは心もとないですね。

128Kbpsってどのくらい?速度制限にかかってもできることってあるの?さすがに動画は無理?
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムに、困らされた経験がある人は多いのではないでしょうか。 通信制限時の回線速度は最大「128Kbps」。 通常スマホ...

128Kbpsってどのくらい?速度制限にかかってもできることってあるの?さすがに動画は無理?

スマホの通信量20GB/30GB/50GB/無制限+テザリング

100GBドコモauソフト
バンク
20GB以内
+テザリング
×6,980円6,500円5,480円
30GB以内
+テザリング
8,980円
(20GB
以内)
50GB以内
+テザリング
スマホ無制限
+テザリング

キャリアごとの合計額は上表の通りです。

各パターンについて確認していきましょう。

スマホの通信量20GB以内+テザリング

  • 【ドコモ】ギガホ 月額6,980円
  • 【au】フラットプラン20N 月額6,000円
    +テザリングオプション 月額500円=月額6,500円
  • 【ソフトバンク】メリハリPLAN 月額4,480円(8カ月目~5,480円)
    +テザリングオプション 月額500円=4,980円

ドコモは30GBまで使えるギガホが月額6,980円。

auはフラットプラン20Nで20GBまで使えますが、テザリングオプションが有料になるため6,500円となります。

なお、学割などの割引適用額は変わってくるので、割引額を重視して選ぶと良さそうです。

スマホの通信量30GB目安+テザリング

  • 【ドコモ】ギガホ 月額6,980円
  • 【au】auデータMAXプランPro 月額8,980円
  • 【ソフトバンク】メリハリPLAN 月額4,480円(8カ月目~5,480円)
    +テザリングオプション 月額500円=4,980円

ドコモとソフトバンクの月額料金は20GBの時と変わりません。

auは、データMAXプランProの契約で月額8,980円となります。

スマホの通信量50GB目安+テザリング

  • 【ドコモ】30GB以上は速度制限
  • 【au】auデータMAXプランPro 月額8,980円
  • 【ソフトバンク】メリハリPLAN 月額4,480円(8カ月目~5,480円)
    +テザリングオプション 月額500円=4,980円

30GB以上50GB以内となると、ドコモにはプランがありません。

auは30GBと、ソフトバンクは20GBや30GBと同じプランとなります。

auのデータMAXプランProは、キャリアには珍しく無制限に使える料金プランですが、テザリングで使える通信量は20GBまで。

テザリングを20GB以上使いたい人は、キャリアならドコモやソフトバンクで契約すると良いでしょう。

【ポケットWifiとテザリングの料金比較】

  • キャリアは基本料金が高い
  • auのデータMAXプランProはテザリング20GB以下の制限がある

→ポケットWifiはテザリングよりもお得に使える

料金・コスパ重視ならポケットWifi、気軽さならテザリング

【ポケットWiFiのメリット】

  • スマホの通信量を圧迫しない
  • 無制限プランなら通信量を気にしなくても良い
  • 速度制限に掛かりにくい
  • VoLTE対応SIMかを気にせず通話できる
  • 格安SIMとの組み合わせで料金はかなりお得

【テザリングのメリット】

  • 持ち運びの負担が減る
  • すぐに使える
  • 端末の充電忘れで困らない
  • スマホ以外の契約は不要
  • オプション料金は無料or500円
  • 契約期間の縛りがない
  • 解約金がない

ポケットWiFiとテザリングのメリットやデメリットについて解説してきました。

キャリアはテザリングの通信量に上限を定めていたり、割引特典が少なかったりすると、どうしても料金は高くなりがちです。

コスパ重視であれば、格安SIMや通話のみSIMとポケットWiFiを組み合わせて使うことで通信量はかなり抑えることができます。

少々高くても、気軽にキャリア回線の品質で通信したい人や、端末の充電や持ち運びが苦手な人はテザリングを利用が向いているでしょう。

自分の料金や通信量などに優先順位を付け、どちらのスタイルにするか検討してみてください。

ポケットWiFiを種類別に徹底比較、WiMAX・無制限WiFi・レンタルWiFi、選ぶならどれ?
ポケットWiFiとは、もとはY!mobileのモバイルWiFiルーターの商品名。 ただ、その総称のようにすっかり定着して使われているため、本サイトでもポケットWiFiと呼んでいます。 一口にポケットWiFiといってもWiMAXや...

ポケットWiFiを種類別に徹底比較、WiMAX・無制限WiFi・レンタルWiFi、選ぶならどれ?