TVer(ティーバー)の通信量目安。ドラマ1本で約1GB!低画質だと半分近くギガ節約が可能

TVerは民放5社が共同で展開しているサービスで、放送中のテレビ番組をスマホやパソコンなどから無料で見ることができます。

日テレ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビのドラマやバラエティ番組などを、放送終了から一定期間内であれば手軽に視聴できるので便利です。

ただし、TVerはテレビ番組の配信サービスというだけあって通信量が多く、使いすぎるとすぐに通信制限が掛かってしまうかもしれません。

そこで本記事では、TVerのデータ通信量の目安や節約方法などについて、詳しく解説します。

スポンサーリンク

TVer(ティーバー)の通信量目安

TVerのデータ通信量について、次の観点から見ていきましょう。

  • 自動画質と低画質設定それぞれの通信量
  • 使用する時間ごとの通信量
  • 1GB、7GB、30GBのデータ通信容量でどれくらい使えるのか

それぞれのポイントを分かりやすく解説します。

【画質別】TVerのデータ通信量の目安

TVerを1時間使用した場合のデータ通信量は、自動画質と低画質設定それぞれで次のようになります。

自動約80MB/5分
低画質約45MB/5分

TVerをスマホアプリで利用する場合は、画質を「自動」と「低画質」から選択することができます

自動画質は一般的な動画配信サービスの高画質設定のようなものなので、わずか5分でも通信量が80MBと多め。

一方で低画質設定にするとだいたい半分ぐらいの通信量になるので、ギガを節約することができます。

以上の点を踏まえて、それぞれの画質設定でTVerを利用すると、どれくらいの通信量を消費するのかを見ていきましょう。

自動画質の場合|ドラマ1本分で約1GB分

TVerを自動画質設定で視聴すると、時間ごとに次のようにデータ通信量が消費されます。

5分使用80MB
1時間使用960MB
1日1時間使用した
場合の月間通信量
28,8GB

TVerの高画質設定は10分使用すると約160MB消費するので、10分ごとに160の倍数ずつ通信量が増えていくことになります。

たった1時間視聴するだけで1GB近くの通信量になるので、スマホを低容量の料金プランで契約している人は注意が必要です。

次にシチュエーションごとの具体例をまじえて、通信量についてもう少し詳しく見ていきましょう。

1日の
通信量
1カ月の
使用時間
1カ月の
通信量
アニメを
毎日1本
(30分)
480MB15時間約15GB
アニメ
1クール
(30分×12話)
約5.7GB6時間
ドラマや番組を
毎日1本
(1時間)
960MB30時間約29GB
ドラマ
1クール
(1時間×10話)
約9.6GB10時間
週末に
3時間利用
2.9GB24時間約23GB
週末に
5時間利用
4.8GB40時間約39GB

毎日ドラマを1本視聴すると1日に約1GB近くの通信量が必要になり、1か月あたりでは30GB近くに及びます。1本のドラマを1クール(9~11話)全て見るとすると、約10GBの消費です。

アニメであれば1本30分なので、毎日1本見るとドラマの半分の15GB。それでもかなりの容量ですね。続きが気になって、2本、3本と見れば当然通信量がかさみます。1クール(12話~13話)すべて見ようと思うと、6GB近く消費します。

週末(土日)にたまった番組を一気に視聴する場合の通信量は、1日3時間の利用で1か月23GB、1日5時間では1か月38.4GBにもなります。

いずれの場合も、大容量の通信容量でスマホを契約していてもギガが足りなくなる可能性が高いので、使い過ぎには注意が必要です。

低画質の場合|ドラマ1本分で

TVerを低画質設定で視聴すると、時間ごとに次のようにデータ通信量が消費されます。

5分使用45MB
1時間使用540MB
1日1時間使用した
場合の月間通信量
16.2GB

TVerの低画質設定は10分使用すると約90MB消費するので、10分ごとに90の倍数ずつ通信量が増えていきますが、自動画質設定と比べると半分くらいです。

とはいえ、1時間視聴するだけでも通信量は500MBを超えるので、低画質設定であってもスマホのモバイル通信での利用は厳しいでしょう。

シチュエーションごとの具体例をまじえて、通信量についてもう少し詳しく見ていきましょう。

1日の
通信量
1カ月の
使用時間
1カ月の
通信量
アニメを
毎日1本
(30分)
270MB15時間約8GB
アニメ
1クール
(30分×12話)
約3.2GB6時間
ドラマや番組を
毎日1本
(1時間)
540MB30時間約16GB
ドラマ
1クール
(1時間×10話)
約5.4GB10時間
週末に
3時間利用
1.6GB24時間約13GB
週末に
5時間利用
2.7GB40時間約22GB

TVerの画質を低画質に設定すると確かに通信量は減りますが、それでも1か月あたりの通信量で考えるとギガの消費は大きいです。

毎日ドラマや番組を1本視聴する場合は1か月で約16GB、ドラマを1クール分(9~11話)見る場合は約6GBの通信量が必要になります。

週末(土日)にたまった番組を一気に視聴する場合の通信量は、1日3時間の利用で1か月13GB、1日5時間では1か月22GBもの通信量に。

低画質設定であっても、ある程度利用すると1か月で10GBくらいは軽く超えてしまうので、ギガが足りなくなることがありそうです。

実際に使える量の目安

先ほどは時間ごとのデータ通信量について見てきましたが、ここでは1GB・7GB・30GBの料金プランでTVerをどれくらい使えるのか見ていきましょう。

1GBではTVerをどれくらい使える?

1GBの通信容量でTVerをどれくらい使えるのか、画質ごとの時間は次の通りです。

画質1GBで
使える時間
月1GBの場合
1日あたり
使える時間
低画質約111分約3分40秒
(週1回の使用で25分程度)
自動画質約62分約2分
(週1回の使用で15分程度)

(TVerのみを使った場合の時間であり、他のアプリやサービスの利用は考慮しない。)

1日換算だと自動画質では約2分、低画質でも4分足らずしか視聴できません。1週間に1回の視聴でも、低画質設定でアニメ1本をどうにか視聴できるくらいです。

このように、1か月1GBの料金プランではとうてい通信量が足りないので、WiFiもしくはPC(固定回線)での視聴が欠かせません。

7GB、30GBのプランなら1カ月でTVerをどれくらい使える?

7GBと30GBの通信容量では、TVerでアニメやドラマをそれぞれ次の本数視聴することができます。

 1時間
当たりの
通信量

月7GB
プランの場合
月30GB
プランの場合
  アニメ
(30分)
ドラマ
(1時間)
アニメ
(30分)
ドラマ
(1時間)
低画質540MB1週間6本1週間3本1日3~4本1日1~2本
自動960MB1週間3本1週間1~2本1日2本1日1本

(TVerのみを使った場合の時間であり、他のアプリやサービスの利用は考慮しない。)

上記のように、月間7GBの通信容量があればある程度の本数は視聴することができ、30GBなら毎日何かを視聴することができます。

7GBの場合、低画質設定なら1週間でアニメ6本もしくはドラマ3本、自動画質設定なら1週間でアニメ3本またはドラマを1~2本視聴できます。

30GBならかなり余裕が出てきて、低画質設定では毎日アニメを3~4本もしくはドラマを1~2本、低画質設定ならアニメ2本またはドラマ1本を視聴可能に。

TVerをスマホで快適に利用するためには、30GBくらいの大容量プランが必要だと言えるでしょう。

ただ、格安スマホであっても大容量プランは5,000円を超えることが多いので、通信費を節約したいならできるだけWiFiで接続する方が良さそうです。

TVer(ティーバー)の通信量を節約する方法

スマホでTVerを使うときは通信量が気になりますよね。そこで、次の方法で通信量を節約してみましょう。

  • スマホアプリの場合は画質を低画質に設定する
  • カウントフリーがあるプランで契約する
  • できるだけWiFi環境下で利用する

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

画質を低画質にする。ただしPCで画質は変えられないので注意

TVerで通信量を抑える最も効果的な手段は、画質を「低画質」に設定することです。スマホ版アプリでは、次の手順で画質を変えることができます。

  • 1)動画再生時のCMが終了したら画面をタップする
  • 2)画面に「再生」ボタン等が表示されたら、画面右上の「3点アイコン(メニュー)」をタップする
  • 3)画質設定画面が表示されたら「低画質」を選択する
  • 4)画面右上の「×」をクリックして動画を再生する

TVerの低画質設定はスマホの画面なら粗さが目立たないので、快適に視聴することができます。

ただ、大きい画面では粗さが気になってしまうことがあるので、テザリングを利用してPC等で視聴する場合は注意が必要です。

パソコンの場合は使用している回線速度に応じて画質が自動的に設定されるため、手動で変更することはできません。

現状では画質設定以外にTVerの通信量を抑える手段はないので、大容量プランで契約するか、後述するようにカウントフリーオプションかWiFiの使用が必要になりそうです。

使い放題のカウントフリーのあるプランで契約する

一部の携帯事業者では「カウントフリー(ゼロレーティング)」が採用されていて、特定のアプリを使用した場合はデータ通信容量が減りません。

対象となるアプリは格安SIM事業者によって異なり、TVerがカウントフリーとなるのはソフトバンクの「メリハリプラン」です。

メリハリプランは月額基本料金7,480円(各種割引を適用すると3,480円から)で、テータ通信50GBの大容量プラン。

しかも、TVerやYouTubeといった動画配信サービスや、LINEやTwitterなど各種SNSがカウントフリーになり、月間使用量が2GB未満の月は1,500円引きになります。

ただし、TVerでは広告はカウントフリーから除外されるため、完全にデータ通信量が消費されなくなるわけではありません

Youtubeのように広告を飛ばすことはできず、30秒間のCMで5~8MB前後の通信量が必要なのは気になるところです。

メリハリプラン自体が月額7,480円と非常に高額なプランなので、コスパを考えるとお得とは言えません。

WiFi環境下で利用する

スマホでTVerを使用する場合は、カウントフリーオプションがなければ、どうしても通信量が消費されていきます。

短期間での通信量が増えすぎると通信制限の対象になることがあるので、TVer利用時はできるだけWiFi接続に切り替えるようにしましょう。

WiFi接続なら通信容量が消費されることは無くなるので、TVerを好きなだけ楽しむことができます。

ただし、無料で使えるフリーWiFiにはセキュリティ上の不安があるので、TVer以外にSNSやショッピングを利用する場合は注意が必要です。

通信を暗号化できる「VPNサービス」を契約しておくと、外出先でも安全にTVerなどのアプリを楽しむことができます。

大容量データSIMやポケットWiFiと組み合わせると通信制限が気にならない

節約とは少し離れてしまいますが、契約しているプランをより安く、より大容量に通信できるものに変更するという手もあります。

その際におすすめなのが大容量データSIM(ネットしか使えない格安SIM)やポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)。(参考:大容量データSIMとは)(参考:ポケットWiFiとは

例えば、大容量データSIMであるFUJIWifiの100GBプラン(月額3,400円)と同じく格安SIMのLINEモバイルの通話あり500MBプラン(月額1,100円)のように大容量のデータSIMと容量の少ない通話SIMを併用すると、月額4,500円程度で通話ありの100.5GB通信が可能になります。

キャリアで100GBを使うとなると月に約8,000円~10,000円ほどかかるので、大容量のデータSIMがいかに安いか分かりますね。

ただしこの方法を使うには、1台のスマホで2つのSIMカードが使えるデュアルSIM(DSDV・DSDS)のスマホが必要。(参考:デュアルSIMとは

iPhoneではeSIM(埋め込まれたチップにSIM情報を読み込むSIM方式)を使ってデュアルSIMとすることができますが、物理的なSIMを2枚入れることはできないので、契約の際には注意しましょう。(参考:eSIMとは

また、デュアルSIM対応のスマホを持っていない場合でも、格安SIMとポケットWiFiを併用することでお得に利用することができます

LINEモバイルの通話あり500MBプラン(月額1,100円)とポケットWiFiは通信量100GBのMugenWi-Fi(月額3,150円)を使用した場合、大容量で通話もできるスマホが月額4,250円で利用可能に。

大容量データSIMもポケットWiFiもプランや種類が豊富にあるので、自分に合ったものを選びましょう。

無制限ポケットWiFi、WiMAX、大容量格安データSIMの月額料金・初期費用・契約期間一覧表
現在のポケットWiFi・格安データSIM市場は非常に活況で、非常に安い料金で大容量のデータ通信を行うことが可能となっています。 携帯キャリアのデータ容量だけでは足りなくて月末にいつも速度制限にかかってしまう人、外出先でパソコン等を使い...

まとめ

TVerはリアルタイムの放送で見逃した番組を視聴できる便利なサービスですが、通信量の大きさが厄介なところでもあります。

わずか1時間の視聴でも高画質設定で1GB、低画質設定であっても500MB近く消費されるので、モバイル通信で利用するのは厳しいです。

自力で節約できる部分がスマホでの画質設定くらいしかなく、かといって大容量のプランを契約すると月額料金が大幅に高額になります。

そのため、TVerを利用する場合はWiFiがほぼ必須だと考えておく方が良いでしょう。