auひかりの高速通信プラン5ギガ・10ギガはアリ?エリアや料金、速度の評判を徹底解説!10Gはマンションでも契約できる?

auひかりの5ギガと10ギガはどちらも、一般的な光回線の通信速度である1Gbpsを超える高速通信が可能なプランです。

月額料金は意外とお得。5ギガプランの場合、割引を適用することで、通常プランと変わらない料金で利用できます。

しかし、提供エリアが関東の一部地域に限られていることや、集合住宅では基本的に契約できないこといったデメリットについても確認しておきたいところです。

本記事では、auひかりの高速プランについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

auひかり 5ギガと10ギガってどんなサービス?

auひかりには光回線では一般的な速度である1ギガプランの他に、「auひかり ホームV5ギガ」と「auひかり ホームX10ギガ」という2つのプランがあります。(以下、「5ギガ」「10ギガ」)

5ギガは最大5Gbpsの速度、10ギガは最大10Gbpsの速度で通信ができるサービスです。

単純に言えばそれぞれ通常の5倍から10倍の速度で通信できるということですから、気になっている人も多いでしょう。

それでは、auひかりの5ギガと10ギガのプランの特徴について、次の4つのポイントから見ていきます。

  • 提供エリアは関東の一部地域のみ
  • マンションタイプは契約できない
  • 5ギガは通常プランと同額、10ギガは780円の追加で利用可能
  • 実測値で5Gbpsや10Gbpsの速度が出るわけではない

【エリア】東京・神奈川・埼玉・千葉の一部地域のみ

auひかりの5ギガ・10ギガプランの対応エリアは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部地域のみです。

通常の1ギガプランが、関西地方や東海地方の一部を除いて全国的に対応しているのに対し、5ギガと10ギガでは関東地方の一部地域でしか利用できません。

参考:auひかり「提供エリアの確認

これから対応エリアが広がっていくことも予想されますが、国内の大半の地域で利用できないのはデメリットだと言えます。

東海地方では「コミュファ光」が、関西地方では「eo光」が5ギガと10ギガに対応しているので、該当地域に居住している人はauひかり以外の選択肢も検討してみると良いでしょう。

【ホームタイプのみ】マンションタイプは基本的に契約できない

auひかりの5ギガ・10ギガは、どちらもホームタイプのみ利用可能です。

マンションタイプは提供されていないので、集合住宅に居住している人は一部の例外を除いて契約できません。

auひかりのマンションタイプで最も通信速度が速いプランは「マンション ギガ」で、通信速度1Gbpsの回線を月額4,050円で利用できます

ただ、マンションタイプの場合自分でプランを選ぶことができません。居住しているマンションのタイプを知りたい場合は、auひかりまで確認するようにしてください。

参考:auひかり マンション公式

【料金】5ギガは通常プランと同額、10ギガは+780円で使える

後ほど紹介する「超高速スタートプログラム」を適用すると、auひかりの5ギガプランは通常プランと同額で、10ギガプランは780円追加すると利用できます

ずっとギガ得プランを適用した場合の、各プランの月額料金や各種条件は次の通りです。

【戸建て・3年契約】1ギガ5ギガ10ギガ
月額料金5,600円5,600円6,380円
通常の
高速サービス料
500円1,260円
通信速度1Gbps5Gbps10Gbps

なお、上記の料金には回線使用料とプロバイダ料金、さらに光電話の利用料も含まれています。

5ギガプランは通信速度が1ギガプランの5倍でありながら料金は据え置きなので、コスパが良いプランです。

【速度】実測値は5Gbpsや10Gbpsの速度が出るわけではない

5ギガの5Gbps、10ギガの10Gbpsという通信速度は、最高の条件で回線を使用したときに出る理論値です。

しかし、光回線の速度は回線の混雑度や周囲の環境によって大きく変わるため、実際に5Gbpsや10Gbpsの速度が出るわけではありません

とはいえ、従来の1Gbpsのプランより速くなることは確実なので、5ギガや10ギガに乗り換えれば違いを実感できるはずです。

auひかりの5ギガや10ギガプランを使うメリット

auひかりの5ギガや10ギガプランには、次の2つの魅力があります。

  • 「超高速スタートプログラム」の適用で3年間はお得に使える
  • 1Gbpsプランと比べると速度の違いを実感した評判が多い

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

超高速スタートプログラムで3年間はお得に使える

超高速スタートプログラム」は、auひかりの5ギガと10ギガのプランを「ずっとギガ得プラン」で契約した場合、月額料金から500円の割引を受けられる制度です。

本来、「高速サービス利用料」として5ギガプランでは500円、10ギガプランでは1,280円が掛かりますが、超高速スタートプログラムを適用することで、3年間は高速サービス利用料が5ギガは無料、10ギガは780円になります。

ちなみに、3年が経過すると超高速スタートプログラムの割引は終了しますが、auのスマホユーザーに適用される「auスマートバリュー」を受けている場合は、それ以降も毎月500円の割引を受けられます。

やはり10ギガプランは速度が速いという評判が多い

5ギガプランよりも10ギガプランを選ぶ人が多いのか、Twitterには10ギガの速度についての評判が割と多かったです。

通常のプランでも1Gbps近く出ることは稀。速くてもだいたい400Mbpsくらいになりますが、10ギガプランで速い人になると、実測値で3~5Gbps程度出ているようです。

ただ、通信環境などにもよるため、10ギガプランなのに思ったよりも出ていないという声があるのも事実です。

WiFiのように無線になると有線に比べて速度が落ちてしまうため、より速さを求めるのであればカテゴリ6A(CAT6A)以降のLANケーブルで接続するようにしましょう。

もちろん、次の方のように接続する機器自体がどれだけの規格に対応しているかによって速度は影響されます。

総括すると、10ギガプランを契約しなけりゃよかったというような否定的な意見は無く、10ギガプランにして速度が改善されたり、速くなって満足しているというものが多かったです。

auひかりの5ギガや10ギガプランを使う時の注意点

auひかりの高速プランを利用するときは、次の4つの点に注意が必要です。

  • 5ギガや10ギガに対応しているプロバイダは限定されている
  • 12ヶ月以内に解約した時は定期契約とは別に2,500円の違約金が掛かる
  • 専用のホームゲートウェイはauスマートバリュー未加入の場合月500円掛かる
  • マンションでホームタイプを契約するには条件が厳しい

一つずつ見ていきましょう。

5ギガや10ギガに対応しているプロバイダは限定されている

5ギガと10ギガは、対応しているプロバイダが7種類しかありません。

  • @nifty
  • @T COM
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • GMOとくとくBB

しかも、超高速スタートプログラムを適用して月額料金をお得にするなら、プロバイダは「au one net」一択です。

通常プランよりネットを快適に使いやすくなるのは魅力ですが、従来のプランでAsahiNetを利用している場合はプロバイダ変更を余儀なくされてしまいます。

まあauひかりのプロバイダを変更しても通信速度や料金は変わらないので、プロバイダを選ぶのに悩んでしまう人は「au one net」を選んでおくと良いでしょう。

12ヶ月以内に解約した時は定期契約とは別に2,500円の違約金が掛かる

5ギガプランもしくは10ギガプランを契約してから12か月以内に解約した場合、通常の違約金とは別に、解除料として2,500円が請求されるので注意が必要です。

加えて、3年間の自動更新となる「ずっとギガ得プラン」で契約する場合は、3年ごとの契約更新月以外に解約すると、15,000円の違約金が発生します

つまり、少なくとも合わせて17,500円の解約金が掛かるというわけです。

さらにauひかり自体を解約するとなると、これに加えて回線撤去費用(約3万円)の支払いもあるので、安易に契約すると後悔するかもしれません。

auひかりの解約方法と注意点まとめ、タイミング次第で解約金と解約撤去費用がかなり高くなるかも。
auひかりを解約する時に気になるのが解約違約金。 ただ、解約にはその他に解約撤去費用も必要なことをご存知でしょうか。 本記事では、auひかりを解約する時に必要な手続きや掛かる費用について解説していきます。 auひかりを解約する...

auひかりの解約方法と注意点まとめ、タイミング次第で解約金と解約撤去費用がかなり高くなるかも。

定期契約の解約で違約金が発生するのは仕方のないことですが、それ以外にも別途解除料の支払いがあることには気を付けておきたいですね。

なお、契約期間が2年の「ギガ得プラン」では、途中解約により9,500円の違約金となっています。

専用のホームゲートウェイはauスマートバリュー未加入の場合月500円掛かる

従来の機器では1Gbpsを超える高速通信に対応していないことが多いため、5ギガや10ギガプランでは専用ホームゲートウェイを使用します

このホームゲートウェイは、10Gbpsや5Gbpsの速度での有線LANはもちろんのこと、最大2.4Gbpsの無線通信ができる最新の「IEEE 802.11ax」に対応しているので便利です。

しかも、auスマートバリューに加入している場合は、永年無料で専用ホームゲートウェイをレンタルできますが、auのスマホユーザー以外は適用不可、月額500円の追加料金が必要となります。

マンションでホームタイプを契約するには条件が厳しい

auひかりの高速プランはホームタイプしか提供されていないので、集合住宅では基本的には契約することができません。

ただし、集合住宅であっても次の条件をすべて満たしている場合は、例外的にマンションでも5ギガや10ギガプランのホームタイプを契約できます

  • auひかりホームタイプの対応エリアである
  • 5ギガや10ギガプランの対応エリアである
  • マンションにauひかりのマンションタイプの設備がない
  • 県営住宅や市営住宅など公営住宅ではない
  • 建物の高さが3階以下であること

auひかりのマンションタイプの設備がある場合は、従来の1Gbpsプランのマンションタイプの適用となるため、高速プランの利用はできません。

集合住宅は基本的に3階より高い建物であることが多いので、上記の条件は実際にはかなり厳しいと言えるでしょう。

関東で戸建て住みのauユーザーにはauひかりの10ギガがおすすめ

auひかりの5ギガ・10ギガプランについて、エリアや料金、割引特典などの概要を解説してきました。

2020年4月よりNTT東西がフレッツ光クロス(10Gbps)の提供を開始するなど、10Gbpsプランの波は確実にきています

現段階では関東にエリアが限定されていたり、戸建てタイプしか申し込みができなかったりしますが、実際に使っている人の評判を見る限り、1ギガプランの何倍もの速さで通信できることは間違いありません。

それにauユーザーであれば超高速スタートプログラムの適用も可能です。

関東で戸建て住み、そしてauユーザーの方は、利用条件やお得に使える条件に該当していますので、10Gbpsプランを選ぶなら、ぜひauひかりの10ギガプランを検討してみてくださいね。

公式:auひかり 5ギガ・10ギガ