U-mobileのLTE使い放題プランは通信速度が遅くて使えない?料金、契約期間、制限状況、口コミをあらかじめチェック!

安くてたくさんネットを使いたいというのは、スマホやタブレットを使う上で皆さん思っていることでしょう。

格安SIMを探しても、たくさんありすぎて結局どれがいいかわからないなんてことも多いはず。

そんな中、U-mobileの「LTE使い放題プラン月2,980円」という文字を見たら、思わず安いと思ってしまうのではないでしょうか。

しかし世の中はそう甘くはありません。

今回はU-mobileのLTE使い放題プランについて、料金や注意点などをまとめました。

※最新情報

U-mobileは新規受付を終了し、新たにyuモバイルをスタートしました

 

人気格安SIM6社+楽天モバイルで料金、速度、サービスで徹底比較!最新おすすめランキング
スマホの料金を高いキャリアから安いところに乗り換えたいけど、何にしたらいいかわからないというのはよく聞く悩みです。 基本料金を抑えたいなら、ネットで契約ができる格安SIMがおすすめ。 しかし調べていくと、たくさんある格安SIMや...
y.u mobile(ワイユーモバイル)の口コミ・評判。キャッシュバックが魅力だけど月額料金は高めなので注意
y.u mobileは、2020年3月よりサービスを開始した新しい格安SIMです。ヤマダ電機とU-NEXTの合併会社が運営しています。 3GBと20GBの2種類だけのシンプルな料金プランや、お得な料金でデータ容量をチャージできるシステ...
スポンサーリンク

U-mobileのLTE使い放題プランとは

U-mobileはマルチMVNEといって、キャリアと格安SIM業者(MVNO)を結ぶ事業者(MVNE)と複数連携したシステムをとっているため、プランが煩雑でわかりにくくなっています。

まずはU-mobileのLTE使い放題プランについて詳しく見ていきましょう。

月額料金は契約期間によって異なる

U-mobileのLTE使い放題は月額料金が契約する期間の長さによって異なります。

 最低利用期間 月額料金違約金
通話SIM6カ月2,980円6,000円
12カ月2,730円~6カ月:9,500円
~12カ月:3,500円
データSIMなし2,480円なし

電話番号の使える通話SIMなら、最低利用期間6カ月で2,980円ですが、利用期間の縛りを12カ月まで伸ばすと、月2,730円で使うことが可能です。

ただし利用期間内に解約をすると違約金がかかるため、速度や使い勝手などプランとの相性が合うかわからない状態から1年契約を結ぶのは少し考えた方がいいでしょう。

ドコモの4GLTE回線を使用

U-mobileではドコモ回線とSoftbank回線を利用できますが、LTE使い放題プランはdocomoのみ対応です。

端末がdocomo回線に対応していなければ、あらかじめSIMロックを解除しておきましょう。

エリアはドコモと全く同じなので安心

格安SIM全般に言えることですが、安いからといってその分エリアが狭くなったりすることはなく、基本的にドコモの回線と同じエリアで通信することができます。

本サービスはNTTドコモのXi®エリア、FOMA®エリアに対応したモバイルデータ通信・音声通話サービスです。

ただしLTE使い放題プランは、LTEに接続することを保証しているわけではないため、つながりにくい地域では3G(FOMA)に切り替わる場合もあります。

ドコモのエリアについては、docomo公式サイトを確認するといいでしょう。

回線混雑時の速度が遅くなることも

U-mobileは格安SIMなので自社で回線をもたず、常にドコモからレンタルしています。

回線レンタル

そのため限られた回線の中で通信を行わなければならず、利用者の多い時間帯は混み合い、速度が遅くなってしまいます。

特に朝の通勤通学時、お昼休み、夕方から夜にかけては注意が必要です。

この現象は格安SIM全体に言えることですが、MVNOの中にも回線をしっかりと確保しているところはあります。

Y!mobileやUQmobileといったauやSoftbankのサブブランドは、格安SIMの中でも速度が確保しやすいため、通院が遅いのはちょっと…という人におすすめです。

テザリングも可能

LTE使い放題プランでは、テザリング対応端末であれば、基本的にテザリングは可能です。

ただしあまり速度が出ていない状態でテザリングしてしまうと、接続台数が増えた分速度が遅くなってしまうことも考えられます。

USB接続にするなど、できるだけ速度を落とさないような工夫も必要ですね。

テザリングとは?やり方から料金、注意点まとめ。たくさん使う人はポケットWiFi利用の検討を
テザリングとは、パソコンやタブレットをスマホに接続してインターネットを使う通信方法の一つ。 スマホさえあれば誰でもすぐに使える通信会社もあれば、申し込み手続きや月額料金が必要なところもあり、使い始めるまでを億劫に感じている人も多いはず...

テザリングとは?やり方から料金、注意点まとめ。たくさん使う人はポケットWiFi利用の検討を

使い放題といいつつ完全に無制限なわけではないので注意

気になるのは本当に使い放題で利用できるのかといった点ですが、こちらは厳密にいうと残念ながら「使い放題」ではありません。

一気に使いすぎると通信制限になる

使い放題と銘打っている「LTE使い放題プラン」ですが、厳密には使い放題ではなく、公式にも以下の注釈があります。

他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間での大容量データの送受信は、公平なサービス提供のため、一時的に通信速度の制限を行うことがあります。

実際にどの程度使うと制限にかかるかというと、公式には記載されていませんがだいたい1日1GB。制限は翌日に解除になることもあれば、数日待たないと解除されないこともあります。

仮に1日1GBずつ使用したとすれば、月30GB以上は使えないということになってしまいます。

もし月に100GB以上もの大容量通信を想定している人は、U-mobileでは十中八九速度制限にかかるので気を付けましょう。

ちなみに1日1GBでできることは以下の通り。

LINEトーク約50万回/日Instagram約1時間/日
LINE音声通話約50時間/日Facebook約1時間/日
LINEビデオ通話約4時間/日Youtube(低)約8時間/日
Twitter約2時間/日Youtube(標準)約3時間/日

LINEやSNSはともかく、Youtubeなどの動画を見る人には足りないでしょう。

無制限で使える格安SIMはある?他MVNOとプランを比較

LTE使い放題は残念ながら「無制限」ではないことがわかりましたが、ほかの格安SIMには無制限で利用できるプランはあるのでしょうか。

各社のプランをまとめました。

 月額料金(円)通信制限備考
 通話データ 
楽天
モバイル
2,980円無制限
2,900円2,200円1日1GB程度
で0.2Mbps
4,480円1日3GBで
0.2Mbps
2,730円~2,480円あり
基準記載なし
2,680円1,980円3日6GBで
制限
常に最大0.5Mbps

格安SIMの無制限プランは、速度などがあらかじめ中速~低速に設定されていたり、1日ごとの通信上限があるためなにも知らずに契約すると思ったように利用できず困ってしまうことも。

しかし楽天モバイルの「楽天アンリミット」プランはこの中でも使い勝手のいいプランです。

楽天回線では無制限に使用でき、楽天のエリア外でもau回線を月5GBまで使用可能。

5GB超過後は通信制限時の速度が通常200Kbpsのところ、1Mbpsと約5倍のため、制限にかかってもある程度ネットを楽しむことができます。

速度を落とさず使い放題にしたい場合は、後述する格安SIMにポケットWiFiを組み合わせる方法が最もお得なのでおすすめです。

かけ放題の通話オプションはないので注意

U-mobileの「LTE使い放題」には他の格安SIMにあるような、「〇分間かけ放題」「〇回通話し放題」といった通話オプションがありません。

そのため通話をたくさんする人は、通話料金がそのまま請求されることになるので、かえって割高になってしまいます。

U-mobileでも25GBまで使用できる「U-mobile MAX25GBプラン」であれば、3分50回かけ放題のオプションが月500円で利用できるので、通話回数の多い人はそちらを検討しましょう。

保証や音楽サービスがセットになったプランも

U-mobileは「LTE使い放題プラン」と合わせた音楽サービスや補償も行っています。

U-mobile USEN MUSIC SIM

USEN MUSIC SIMとは、U-mobileの「LTE使い放題プラン」の通話SIMに有料音楽アプリ「SMART USEN」が組み合わせられたセットプラン。

SMART USENでは1,000チャンネル150万曲以上が聞き放題な上、U-NEXTのポイントが毎月600ポイント貰えます。

現在は無料音楽ストリーミングや動画配信サイトも多いですが、月額料金の価格が据え置きで利用できるのであれば、ありなのではないでしょうか。

U-mobile for iPhone

U-mobile for iPhoneは通常の使い放題プランに、スマホの水没、破損、自然故障時に、修理、交換などの端末補償が受けられるいわゆる保証オプションがセットになったプランです。

ちなみにfor iPhoneとありますが、iPhone以外も保障対象内。最大で50,000円までの修理であれば無料で行ってくれます。

ただし紛失、盗難には対応していないので注意しましょう。

 U-mobileのプランは他にも

U-mobileにはLTE使い放題プラン以外にもいくつかプランがあります。

使える回線が異なっていたりするのでひとつずつみていきましょう。

U-mobile MAX 25GB|docomo回線が25GB使えるプラン

U-mobile MAX25GBプランはドコモ回線が月25GB利用できるプランです。

  通信量月額料金最低利用期間違約金
通話SIM25GB2,880円6カ月6,000円
データSIM25GB2,380円※なしなし

※SMSは+150円

LTE使い放題プランより、月100円ずつ安くなっています。

また3分以内の電話が1日に50回まで無料でかけられる通話オプションを月500円で付けられるため、通話回数の多い人はこちらのプランがいいでしょう。

LTE使い放題プランだと、いつ通信制限になるかわかりにくいですが、U-mobile MAX25GBプランは明確に25GBで制限となるので、その点では安心できますね。

U-mobile S|Softbank回線が使えるプラン

U-mobile SはSoftbankの回線が利用できるプランです。

ソフトバンク回線を格安SIMで使えるのは業界初、とのことですが、現在ではLINEモバイルやmineoなどSoftbank回線を使えるSIMも増えているため、あまりその点は魅力ではなくなってしまいました。

  通信量月額料金最低利用期間違約金
データSIM
1GB880円なし
なし
3GB1,580円
7GB2,980円
30GB4,980円

さらにU-mobile SはデータSIMのみで通話やSMSを利用することはできません。

1GBのデータSIMであればLINEモバイルが月500円で提供していることもあって、U-mobileで契約すルメリットはあまりないでしょう。

U-mobile|docomo回線が1~5GBで容量別に選べるプラン

  通信量月額料金最低
利用期間
違約金
通話SIM3GB1,580円6カ月 6,000円
5GB1,980円
~3GB※1GB以下1,480円~
1GB超1,780円
データSIM1GB790円なしなし
5GB1,480円
~3GB※1GB以下680円~
1GB超900円

※ダブルフィックスプラン

U-mobileのスタンダードなプランは1~5GBでdocomo回線が使えます。

価格は他格安SIMと比べると平均より少し高めといったところ。

特徴は1GBを境に料金が変化する「ダブルフィックスプラン」。

月によって使用する容量にばらつきがある人にはぴったりです。

ただしコンスタントに1GB以上使う人は、あらかじめ3GBのプランで契約した方が料金をおさえられるので気を付けましょう。

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介
格安SIMには大きく分けて2種類「通話SIM」と「データSIM」とがあります。 通話SIMはその名の通り電話ができるSIMですが、データSIMは電話番号での通話ができないデータ通信のみ可能なSIMを指します。 特にタブレットやモ...

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介

U-mobileのLTE使い放題プランの口コミ、評判

U-mobileの口コミをまとめると以下の通りです。

  • 速度が遅いときがある
  • 基本的には安定して通信ができる
  • すぐに制限にかかる
  • 制限が日々バラバラなのが困る

【速度に関する口コミ】

速度の口コミは、遅いという人がほとんどでした。

中には、知らないうちに通信制限にかかっている人もいるでしょう。

もちろん速度は通信環境にもよるため、一概に遅いとは言えません。

中には以下のような意見もあるため参考にしてください。

【プランに関する口コミ】

使い放題という言葉を見ると、さも制限にかからないような印象を受けてしまいますが、決してそうではありません。

U-mobileの場合、公式サイトにも1日にどれくらい利用すれば制限にかかるのかといった具体的な記載はなく、利用者も日によって1.2GBでも制限がこなかった日もあれば、0.9GBで制限が来たりと振り回されてしまっています。

使い放題の表記を改めるか、せめてどれくらいで制限にかかるか明示してほしいところですね。

無制限にLTEを使うならポケットWiFiの併用や乗り換えがおすすめ

無制限にネットを使いたいという場合は、格安SIMでは限界があります。

しかしキャリアの無制限プランは月9,000円ほどと、かなり高額。

そんな人におすすめなのは「格安SIM+ポケットWiFi」の組み合わせです。

ポケットWiFiはスマホと一緒に持ち歩くことで、外出先でも通信量を気にせず、WiFiを通してネットをすることができます。

ポケットWi-Fi仕組み

データ通信をたくさん行いたい人は、キャリアや格安SIMの大容量プランで契約するよりも、「容量の少ない契約+ポケットWiFi」の方が総額費用が安くなります。

おすすめのポケットWiFiを紹介していきましょう。

1位|MugenWiFi|100GB最安ポケットWiFi

MugenWiFi
月額料金
100GB:3,150円(クラウドSIM)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
・2年契約
・違約金5,000~9,000円

100GBを使えるポケットWiFiの中で、最も料金が安いのがMugenWiFi。大容量を使いたいというのであれば一番おすすめです。

2年契約が基本となっていますがが、13か月以降の違約金が5,000円、2年以降であれば違約金なしでいつでも解約可能であるというのがありがたいメリットの一つ。

MugenWiFiの公式サイトはこちら

MugenWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

2位|どこよりもWiFi|100GBポケットWiFi

どこよりもWiFi
月額料金
20GB:2,480円(ソフトバンク)
100GB:3,180円(クラウドSIM)
【100GBプラン】
6カ月間3,180円→2,680円の割引中
(11/30まで)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
・2年契約
・違約金9,500円

100GBを使えるポケットWiFiの中で、2番目に料金が安いのがどこよりもWiFi。

また、上記の料金よりも500円高くなってしまう代わりに2年という契約期間がなくなるプランもあります。

そんなに長くは使わない、すぐに使わなくなるかもしれないという心配がある人はそちらのプランを選ぶと良いでしょう。

どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

どこよりもWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

3位|FUJI WiFi

FUJI-wifiカテゴリ用

FUJIWiFi
月額料金
30GB:2,600円(ドコモ、ソフトバンク、au)
50GB::2,900円(ソフトバンク)
100GB:3,600円(ソフトバンク)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
なし

ソフトバンク以外にもドコモやau回線を選べるFUJIWiFi。

また契約期間がないというのも大きなメリット。違約金なしでいつでも解約できるので、使い勝手はいいでしょう。

またFUJIWifiにはSIMプランもあるのでデュアルSIM対応端末であれば、データ通信はFUJIWiFi、音声をIIJmio詳細)など別の格安SIMとして1台のスマホで格安に大容量の通信が可能となります。

FUJIWiFiのSIMプランは10GBが980円、20GBが1,600円、50GBが2,400円、100GBが3,400円とルータープランより約500円安いので、端末がある、もしくはスマホにいれて利用するならSIMプランがおすすめです。

FUJIWiFiの公式サイトはこちら

FUJIWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

 

4位|GMOとくとくBBWiMAX

GMOとくとくBB WiMAX
月額料金
初月~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
初期費用3,000円
キャッシュバック31,000円
端末代0円
契約期間
・3年契約
・違約金19,000円(12か月目まで)
・違約金14,000円(13~24か月目まで)
・違約金9,500円(25か月目以降)

キャッシュバックがたくさん貰えるというのが大きな魅力であるGMOとくとくBB WiMAX。

月額料金を見ると一見高いように見えますが、キャッシュバックを含めて考えるとWiMAXの中では最も安くなっています。

WiMAXは最大速度が優れている、3日で10GBを超えて制限された場合でも1Mbpsとそれなりに使える速度である、といったメリットがあります。

その点からWiMAXを選ぶというのであれば、第一選択肢としてGMOを選びましょう。

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

GMOとくとくBBの詳細、評判・口コミをチェック!

結論:U-mobileのLTE使い放題プランは完全な無制限ではないので注意

U-mobileの「LTE使い放題プラン」は、docomo回線が月2,980円で使えるプランです。

 最低利用期間 月額料金違約金
通話SIM6カ月2,980円6,000円
12カ月2,730円~6カ月:9,500円
~12カ月:3,500円
データSIMなし2,480円なし

ただし、何をしても制限にかからないというわけではなく、公式には制限をかける場合があるという記載があります。

他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間での大容量データの送受信は、公平なサービス提供のため、一時的に通信速度の制限を行うことがあります。

明確に何GBまでとは書かれていませんが、口コミを見ても1日1GB程度で制限をかかったという人が多いです。

月に30GB(1日1GB×30日)の格安SIMは通常月6,000円以上かかるため、その点を考えるとたしかにお得ですが、「使い放題」で利用できると思っていた人にとっては、結局制限にかかってしまい残念に思ってしまうのも仕方ないでしょう。

無制限にネットを使用するのであれば、月額料金は500円ほど高くなってしまいますが、ポケットWiFiを契約するのが最も手っ取り早いためおすすめです。

人気格安SIM6社+楽天モバイルで料金、速度、サービスで徹底比較!最新おすすめランキング
スマホの料金を高いキャリアから安いところに乗り換えたいけど、何にしたらいいかわからないというのはよく聞く悩みです。 基本料金を抑えたいなら、ネットで契約ができる格安SIMがおすすめ。 しかし調べていくと、たくさんある格安SIMや...