UQモバイルの無制限プランは通信速度が遅い上に実は通信制限があるので要注意!低速で動画やSNSはどれくらい使えるもの?

スマホ・携帯・格安SIM
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,246円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,246円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

キャリアの契約より通信費を抑えられるとあって需要の高まっている格安SIM。

中でもUQモバイルは速度面の安定性や、auのサブブランドということで特に人気のSIMのひとつです。

そんなUQモバイルには、実はあまり知られていない「無制限プラン」があります。

無制限という言葉につられてつい契約しそうになってしまいますが、UQモバイルの無制限プランは必ずしもすべての人におすすめできるものではありません。

今回は、UQモバイルの「データ無制限プラン」についてまとめました。

スポンサーリンク

UQモバイルの低速無制限プランとは

UQモバイルの「データ無制限プラン」の料金や契約内容を詳しく確認していきましょう。

月間データ容量無制限で月額1,980円。ただし最大速度は500Kbps

データ無制限プランはデータ通信とSMSの利用が可能なプランです。データSIMのため、電話番号での通話はできません。

月額料金は1,980円ですが、最大速度が500Kbpsと低速の設定になっています。また契約時に初期費用として、SIMパッケージ料金3,000円が必要です。

  月額
料金
速度 最低利用
期間
データ無制限
プラン
1,980円 送受信最大
500Kbps
なし

500Kbpsというのは通信速度としてはかなり低速。

500Kbpsでできることは後程詳しく解説しますが、つまりUQモバイルの無制限プランは「たくさん使えるかわりに速度が遅い」プランということですね。

完全に無制限なわけではない!3日6GBの通信制限がある点に注意

さらにUQモバイルの無制限プランの落とし穴は、無制限と名前がついていながら「完全に無制限ではない」ということ。

具体的にいうと、3日で6GB以上使用した場合通信制限にかかってしまいます。

ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(0~24時までを1日とし、当日を含む直近3日間の通信量)に6GB以上のご利用があったお客さまの通信速度を制限させていただく場合があります。制限速度は混雑状況に応じて変動します。

3日6GBということは1カ月で60GB程度は使用が可能。

単純に60GBプランで契約するより安いことは確かですが、無制限で使えることを想定し契約しようとしていた人は気を付けなければいけません。

ちなみに1日2GBでは以下のように使うことができます。動画の視聴に利用する際は、通信制限にかかることが多いので特に注意が必要です。

LINEトーク 約100万回/日 Instagram 約4時間/日
LINE音声通話 約100時間/日 Facebook 約4時間/日
LINEビデオ通話 約8時間/日 Youtube(低) 約10時間/日
Twitter 約16時間/日 Youtube(標準) 約3時間/日

音声通話可能なプランは廃止に…

UQモバイルの音声通話付きデータ無制限プランは、2019年9月以降新規受付を終了しています。

現在UQモバイルで音声通話が可能なのは、「スマホプラン」「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の3種類。

3~21GBまでの通信量上限があるため、データ無制限プランのように無制限というわけではありません。

そのため音声通話付きの低速無制限プランを検討している場合は、他の格安SIMを探しましょう。

無制限プランは遅い?500Kbpsの速度でできること、できないこと

それでは具体的に500Kbpsでできることを見ていきましょう。

LINE/
Skype
メッセージ   〇 Youtube 低画質   〇
通話 標準画質
ビデオ通話 × 高画質 ×
Twitter テザリング
Instagram オンラインゲーム
Facebook データ ダウンロード
WEB
ページ
地図/ニュース アップロード
通販サイト

LINEやテキストメインのサイト、SNSは使える

メールやトークアプリのメッセージ機能など、テキストデータのやり取りは、ネットの通信の中でも容量が軽く500Kbpsでも問題なくやり取りができます

  データ量 所要時間 適正
メール 5KB/1通 0.5秒
LINE/
Skype
メッセージ 2KB/1通 0.2秒
スタンプ 10KB/1通 1秒

もともと128Kbpsが「テキストデータのやりとりができる速度」とされているので、それより速い500Kbpsでは何も支障ありません。

また、SNSやWEBでの検索は表示に時間はかかるものの、使用することは可能です。

  データ量 所要時間 適正
SNS Twitter 1MB/
1投稿
20秒
Instagram
Facebook
5MB/
1ページ
1分30秒
WEB ニュース
1MB/
1ページ
20秒
通販ページ
など
2MB/
1ページ
40秒

Twitterやニュース記事など、文字がメインのSNSやWEBサイトは案外さくさく利用できます。

一方で、1ページに何枚も高画質な画像を表示しなければならないインスタグラムなどのSNSや通販サイトなどは、読み込みに時間がかかりストレスがかかってしまうことも。

時間に余裕のないときは、WiFiを使うようにした方がよさそうです。

オンラインゲームではラグが気になる…読み込みの長いものはエラーになることも

スマホのアプリゲームは最初の読み込みさえできてしまえば、さほど通信量の多くないものもあります。

ツムツムやパズドラ、モンストなどは通信制限中(128~200Kbps)でもプレイできたという人も。

ただしPUBGなど通信のタイムラグが重要視されるゲームや、グラブルなど読み込みの際の通信量が多いゲームのプレイは難しいです。

ゲームによくあるアプリの更新も、大量のデータを一度にダウンロードする必要があるため、低速環境下でのプレイは避けた方がいいでしょう。

ゲームがないと手持無沙汰という場合はあらかじめオフラインゲームをいくつかインスト―ルしておくことをおすすめします。

YoutubeやNETFLIXなどは低画質なら視聴可能

動画はデータの中でも通信量が大きいため、画質の良いものになると500Kbpsでは見ることができません。

  データ量 所要時間 適正
You
tube
低画質
(144p)
120MB/
1時間
40分
標準画質
(360p)
324MB/
1時間
1時間50分
Hulu 低画質
(360p)
210MB/
1時間
1時間
中画質
(540p)
630MB/
1時間
3時間30分 ×
Netflix 低画質 250MB/
1時間
1時間20分
中画質 500MB/
1時間
2時間40分 ×

※Netflixはアプリ版の場合

Youtubeの標準(360p)画質での公式推奨速度は700Kbps、Netflix低画質では500Kbpsとされています。

推奨速度を少し下回る程度ではまったく見られないということはありませんが、読み込み時間が長くなったり、途中で止まってしまったり、エラーになったりという不具合はどうしても起こりうるでしょう。

Youtubeの低画質であれば問題なく視聴は可能ですが、代わりに画質はかなり粗くなってしまうためおすすめはできません。

動画を見たいときには無理に低速で使うのではなく、WiFiを利用し回線速度を確保するのが最も効率がいい方法です。

アプリやデータのダウンロードにはかなり時間がかかるので注意

データの送受信やアプリのダウンロードや更新などは、そのデータの容量がそのまま通信量として必要となります。

500Kbpsでやりとりできるデータの目安は20~30MB程度。ダウンロードに約10分ほどかかる通信量です。

時間がかかっていいのであればもっと大きなデータも送受信できますが、通信に負荷がかかるとその分パケットロスなどがおこりやすくなる恐れもあります。

重要なデータや重たいデータのやりとりをする際は、回線速度を測定し必要な速度が確保できているか確認するのがいいでしょう。

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。
最近ではインターネット通信の最大速度1Gbps超え!なんてプロバイダも増えてきましたね。 しかし本当にそれだけの速度が出せているのか、実感できる機会は少ないのではないでしょうか。 現在使っている通信機器がどれくらいの速度なのか知...

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。

UQモバイルよりお得な無制限プランはある?

残念ながらUQモバイルと同じ500Kbpsの低速無制限SIMは見つけられませんでしたが、同じく低速の格安SIMはいくつか存在します。

    月額
料金
速度 最低利用
期間
楽天
モバイル

ベーシック
プラン

通話 1,250円 送受信最大
200Kbps
なし
SMSあり 645円 なし
SMSなし 525円 なし
DMM
モバイル

ライト
プラン

通話 1,140円 送受信最大
200Kbps
12カ月
SMSあり 590円 なし
SMSなし 440円 なし
ロケット
モバイル
神プラン  通話 948円~ 送受信最大
200Kbps
1年
SMSあり  398円~ なし
 SMSなし 298円~ なし

UQモバイルとは異なり通話SIMもあるため、電話番号が必要な人はこちらで契約するのがいいでしょう。

最安は速度200Kbpsのロケットモバイル神プラン

低速格安SIMの中でもお得なのはロケットモバイルの「神プラン」

料金も安いのですが、ロケットモバイルのプランには「初速バースト」という機能があります。

初速バーストとは

⽉/3⽇間規制時や神プランをご利用中の低速通信時にも、通信しはじめの⼀定期間は⾼速通信できる機能です。テキストメインのサイトであれば数秒で読み込みが完了することもあり、⾮常に快適に使うことができます。※各キャリアにより初速バーストの速度は異なりますので予めご了承ください。(引用:ロケットモバイル公式サイト

つまり低速で契約しておきながら、一定期間は高速で通信ができるということになります。

あくまでおまけの機能なので、動画まで快適に見られるというわけではありませんが、LINEなどでのやりとりやWEB検索はかなりスムーズに行うことが可能です。

ロケットモバイル公式では使い方を以下のように推奨しています。

(画像引用:ロケットモバイルサポートセンター

SNSや動画視聴など、重たいデータを扱わない人には特におすすめの格安SIMです。

200Kbpsの通信速度はどのくらい遅い?動画や音楽鑑賞はいける?128Kbpsと違いや低速格安SIMプランを紹介
「200Kbps」は一般的な格安SIMの通信制限時の速度です。 常に快適にネットの通信を行うには、だいたい10Mbps必要と言われているので、200Kbpsではその約50分の1しか速度が出ていないということになります。 かといっ...

200Kbpsの通信速度はどのくらい遅い?動画や音楽鑑賞はいける?128Kbpsと違いや低速格安SIMプランを紹介

高速で無制限ならポケットWiFiがおすすめ

無制限にネットを使いたいという場合は、格安SIMでは限界があります。

しかしキャリアの無制限プランは月9,000円ほどと、かなり高額。

そんな人におすすめなのは「格安SIM+ポケットWiFi」の組み合わせです。

ポケットWiFiはスマホと一緒に持ち歩くことで、外出先でも通信量を気にせず、WiFiを通してネットをすることができます。

ポケットWi-Fi仕組み

データ通信をたくさん行いたい人は、キャリアや格安SIMの大容量プランで契約するよりも、「容量の少ない契約+ポケットWiFi」の方が総額費用が安くなります。

おすすめのポケットWiFiを紹介していきましょう。

クラウドSIMのMugenWiFi

無制限のポケットWiFiであるMugen WiFi

月額は3,280円で利用できます。

Mugen WiFiはクラウドSIM(SIMの情報をクラウド上に保管することで、特定のキャリアではなく複数のキャリアを利用できる仕組み)を採用しており、docomo・au・softbank全てのLTE回線をを使って快適な通信が可能となっています。

そしてクラウドSIMのポケットWiFiの中ではここが最安。しかも他社は3,480円〜と頭一つ抜けた安さ。

通信速度もそこそこ安定して10〜20Mbpsの速度が出るので、高画質の動画も難なく見ることができます。使い勝手としてはかなり良いでしょう。

ただし画面つき端末を使うアドバンスプランは3,880円と割と高額。この場合は限界突破WiFiがお得です。

※現在、端末在庫不足の為、発送までに2週間程度かかります。急ぎで欲しい場合は他のポケットWiFiを選ぶようにしてください(ポケットWiFi最新端末情報)。

 

Mugen WiFiの公式サイトはこちら

Mugen WiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

20GB~50GBの利用ならFUJI WiFi

無制限まではいらないというならば、20GBから50GBで最安のFUJIWifiがおすすめです。

2020年4月末までの登録が必要なキャンペーンですが、25GBが1,980円、50GBが2,480円とかなり安くなっています。

回線はギガゴリWiFi同様にsoftbankのLTE回線でエリア・速度も十分です。

またFUJIWifiにはSIMプランもあるのでデュアルSIM対応端末であれば、データ通信はFUJIWiFi、音声をIIJmio詳細)など別の格安SIMとして1台のスマホで格安に大容量の通信が可能となります。

FUJIWiFiのSIMプランは20GBが1,480円、50GBが1,980円(※1)。しかも初期費用無料。

たとえば、みおふぉん(月額920円)と併用すれば、合計2,400円で大容量通信のスマホを持つことができるということです。キャリアの3分の1以下です。

※1:この料金の適用は2020年4月末までに登録が必要となるキャンペーンです。通常は+500円に初期費用に3,000円かかります。

FUJIWiFiの公式サイトはこちら

\料金詳細や契約方法を紹介/
FUJIWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

どこよりもWiFi|キャンペーンで最安!

現在無制限プランで最安なのがどこよりもWiFi

2年契約のプランであれば通常は3,280円ですが、台数限定キャンペーンで2,980円で利用可能となっています。

これは全ポケットWiFiの中で最安値。

回線はFUJIWifi同様、softbankのLTE回線でエリア・速度も十分です(10~30Mbpsでるので高画質の動画もなんなく閲覧可)。

台数限定なので、もし利用したい人はなくならないうちに早めに申し込みましょう。

ただし無制限といってもあまりに大容量を使うと制限されてしまいます。だいたい300GBがその容量です。

普通に使っていれば300GBなんてよっぽどいかないので気にする必要はありませんが、もしそれが気になる・もっと使うという人はクラウドSIMのMugenWiFi限界突破WiFiの利用をおすすめします。

どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

どこよりもWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

結論:UQモバイルの無制限プランはLINEやSNSメインの人におすすめ。ただし最大速度が遅い上、通信制限もあるので注意。

UQモバイルの無制限プランは月1,980円で無制限という文字だけ見ればたしかにお得なプランです。

しかし最大速度が500Kbpsである点や3日6GBの制限がある点を考えるとすべての人におすすめできるプランではありません。

UQモバイルの無制限プランを使いこなすのであれば、500Kbpsの速度でできることをきちんと理解しておいた方がいいでしょう。

LINE/
Skype
メッセージ Youtube 低画質
通話 標準画質
ビデオ通話 × 高画質 ×
Twitter テザリング
Instagram オンラインゲーム
Facebook データ ダウンロード
WEB
ページ
地図/ニュース アップロード
通販サイト