ポケットWifi・モバイルWifiとは?基礎知識や種類やメリット・デメリット

ポケットWi-Fi ポケットWiFiの基礎知識
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,296円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,296円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

最近よく耳にする「ポケットWiFi」。

周りで持っている人を見かけるようになって気になってはいるけど、実際どんなことができるのかいまいちピンとこない、本当に必要なものかわからない、そんな方も多いのではないでしょうか。

もっと早くから使っていればよかったという後悔や、逆にあまり利用することができず残念という思いをしないためにも、ここではポケットWiFiのメリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

ポケットWiFi・モバイルWiFiとは

「ポケットWiFi」は本来Y!mobileが提供する「モバイルWiFiルーター」のことですが、最近では「モバイルWiFiルーター」の総称として使われることが多くなっています。

ここでも「ポケットWiFi=モバイルWiFiルーター」としてご紹介します。

ポケットWiFiは携帯会社などが提供している回線を使って基地局から電波を受信する機械です。

その電波をスマホやタブレット、PCなどの機器に渡し、データ通信を利用できるようにしてくれます。

ポケットWi-Fi仕組み

現在いろいろな種類が各社から提供されていますが、どの種類でもできるのはほとんど変わらず「固定回線のないところでも高速インターネットが楽しめる」ことです。

スマホでたくさんネットを使いたい場合は、高額なプランを契約する必要があります契約したプラン以上にネットを使ってしまい、「通信制限」になったなんてのもよく聞く話です。

これを解決するのが「ポケットWiFi」です。

ポケットWiFiの種類

ポケットWiFiは主にau、docomo、Softbankなど大手携帯会社やUQWiMAX、Y!mobileなどが提供しています。

ポケットWi-Fi一覧

機種でみるとたくさんあるように見えますが、各社の使用回線で大きく分けることができます。

docomo、Softbank、Y!mobileはLTEを使ったポケットWiFiを、au、UQWiMAXではWiMAXを使ったポケットWiFiをそれぞれ提供しています。

LTEとWiMAX
=通信規格の一種。スマホなどの持ち歩きする機器の通信に使われています。

LTE通信では主に700~900MHz(メガヘルツ)の周波数帯域の電波を、WiMAXでは2.5GHz(ギガヘルツ)の周波数帯域を使用しています。※1GHz=1000MHz

電波は周波数が高いほど波長が短いため速く届く反面曲がりにくく、低いほど波長が長く障害物があっても回り込めるなど送受信が安定するという特徴があります。

つまりLTEの電波はWiMAXよりも遅いけれど障害物に通信を遮断されにくく、対するWiMAXはLTEよりも電波が曲がりにくいけれど通信速度が速いということですね。

LTEとWiMAXの違いについてくわしくはこちら

WiMAXとは何?メリット・デメリットを詳しく解説、携帯代が高い人はぜひ利用を検討してみよう
最近よく耳にする「WiMAX」。 実際どんなことができるのかいまいちピンとこない、本当に必要なものかわからない…と思って敬遠していませんか? WiMAXはネットをお得に楽しみたい人にとって、知っていて損はない存在です。 W...

この「回線の違い」が通信速度や繋がりやすさはもちろんのこと、「通信エリア」や「料金プラン」の違いにも繋がります。各社のポケットWiFiを比較してみましょう。

通信速度の比較

高周波数の帯域を使用するWiMAXの方がLTEより速いというのは先ほど述べたとおりですが、では実際にどれくらいの違いあるのでしょうか。

ポケットWiFiもスマホと同様、新しい機種が最も速い通信を行うことができるため各社のポケットWiFiの最大速度を比較してみましょう。

速度比較

WiMAXの速度を超えているのはdocomoのポケットWiFi。

docomoではPREMIUM4Gという3.5GHzの高周波電波を併用したLTEを提供しているためWiMAXより速い数値となっています。その代わりエリアはかなり限定的で、都心部でも対応していない地域がほとんどです。【PREMIUM4Gエリアマップ(赤い部分のみ)】

(引用 https://www.nttdocomo.co.jp/area/index.html?icid=CRP_AREA_premium_4g_to_CRP_AREA

docomoが実際の使用に耐えうるエリアで提供している電波の速度は最大938Mbpsのため、WiMAXに比べるとやはり少し遅いようです。

さらに記載されている最大速度はあくまで理論値で、ほとんどの場合は環境によって左右されてしまうことを頭に入れておきましょう。

通信エリアの比較

結論から言うと通信エリアは都心部では各社あまり差がなく、山間部などではLTEの方がエリアが広いです。

まずは都心部のエリアを見てみましょう。

ポケットWi-Fiエリア

上図の赤い部分が都心部の通信エリアですが、目立って繋がらないエリアが多いところもなく差がないことがわかります。ソフトバンクが少し広めでしょうか。

次に山間部として北海道で比較してみましょう。

エリア北海道

WiMAXの対応していない地域が広くなったのがわかります。こういった地域に住んでいる場合はWiMAXは繋がりませんのでLTEのポケットWiFiを利用したほうがいいでしょう。

しかしWiMAXも各社LTEも常に基地局を増設しています。基地局ができれば当然繋がるエリアも増えるので、契約前には各社の通信エリアを必ず確認するようにしましょう。

さらに詳しいエリア比較についてはこちらから。

ポケットWiFiのエリアって?Wimaxはドコモやソフトバンクに比べて狭いって本当?
ポケットWiFiって、何を基準に選んだらいいのかしら。 大事なのは、通信できるか=「エリア内」かどうかってことだよ! エリア? ...

料金プランの比較

月額料金の違いは皆さん気になるところですよね。

各社それぞれにデータプランがありますが、そのうちdocomoは2019年5月にデータ通信機器用のプランを廃止しました。

そのためdocomoのプランはポケットWiFiには不要な「音声通話(電話)」の機能がついている分高くなっています。

ポケットWi-Fi月額料金

※UQWiMAXは2019年10月より新プランで料金を変更しています。詳しくはUQWiMAX新プランを参照してください。
※docomoは2019年10月より新プランで料金を変更しています。詳しくはドコモポケットWiFi新プランを参照してください。
※Softbankは2019年9月より新プランで料金を変更しています。詳しくはSoftbankポケットWiFi新プランを参照してください。

表からもわかるようにポケットWiFiのプランには月の通信量が「無制限のプラン」「制限のあるプラン」があります。

無制限のプランを契約すれば、ポケットWiFiからの通信だけでスマホを使い放題にできるため、スマホのプランを最安のものに抑えることができ通信料がお得になります。

Y!mobileとWiMAXの無制限プランは同じものですか?

Y!mobileの「無制限」は、表示する画像や動画の画質やスピードを下げることで、通信制限以外のところで通信量を減らしています。エリアもかなり限定的なのが現状です。

ymobile_area

図の青い部分が通信量無制限で使用できるY!mobileの「アドバンスモード」の対象エリアです。かなり限定的ですね。

つまりスマホをたくさん使いたい人は実用的なエリアの「無制限プラン」を持つWiMAXのポケットWiFiを選ぶのがお得といえるでしょう。

ここまでの情報をおさらいしましょう。

メリット デメリット
LTEのポケットWiFi ・繋がるエリアが広い
通信に安定性がある
・WiMAXに比べると通信速度が遅い
使用量に制限があり、料金が高い
WiMAXの
ポケットWiFi
通信速度が速い
安い無制限プランがある
・繋がるエリアがLTEに比べて限定的
通信が不安定

ポケットWi-Fi比較

ポケットWiFiのメリット

ポケットWiFiが何かわかったところで、実際に持つとどんなメリットがあるのか見てみましょう。

持ち運び自由で、外出先でも自宅でもネットに繋げられる

ポケットWiFiの最大の特徴は「持ち運びができること」です。

自宅などにひく固定回線は、固定という名前の通りルーターを置いた限定的な場所でしか使用できません。

しかしポケットWiFiは通信可能エリアの中であれば、自宅でも外でも利用が可能です。

固定回線使い方

サイズはスマホより小さく名刺より一回り大きいものが一般的で、自宅にある固定回線のルーターよりは格段にコンパクトなため、持ち歩きに適したサイズといえるでしょう。

一人暮らしの場合だと自宅のPCや外出先でのスマホ操作まで、すべての機器をポケットWiFiが1台でまかなうことができるため、固定回線をひかずポケットWiFiだけで過ごすことも可能です。

工事不要ですぐに使える

自宅に固定回線をひく際に業者に頼んで家まで来てもらい工事をした、という方は多いのではないでしょうか。電話を掛けたり日程を調整したり、正直言ってめんどうですよね。

固定回線の場合は契約してからネットが使えるようになるまでに早くても2週間、ひどければ1ヶ月以上かかります。

ポケットWiFiにはそういった工事は一切不要です。家電量販店等の店頭であれば契約したその日から使用することができ、インターネットで契約しても即日配送なら2~3日後には機器が届きます。

思い立ってすぐに使えるようになるのはうれしいですね。

スマホの通信量を消費しない

毎日使用するスマホで「通信制限」を気にしている人は多いですよね。

月々契約している通信上限を超え「通信制限」にかかると、著しく速度を制限されほぼ通信ができなくなるのでかなり不便になってしまいます。

しかしポケットWiFiを通して通信を行えば、スマホの通信量を抑えることができるのです。

特にWiMAXのような「無制限プランを持つポケットWiFiと契約していれば、スマホのプランを一番データ通信量の少ないプランにしても、WiMAXを通してスマホの通信量を消費することなく無制限でネットをすることが可能です。

テザリングのような手間がない

PCやタブレットを外出先で使うとき、スマホのテザリング機能を使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

WiFiスポットのない場所でネットを使えるようにするといった点はポケットWiFiと同じです。

テザリング仕組み

便利なテザリング機能ですが、使用するためには毎回スマホのテザリング機能をオンにする必要があります。

例えばiPhoneのテザリングは電池消費を抑えるために90秒使用しないと自動的にSSIDを非公開にしてしまいます。

そのため少し休憩をはさんでいる間に接続が切れ、その都度またつなぎ直しということがよくありとても面倒です。

対してポケットWiFiは最初に一度パスワードを設定してしまえば、あとは常に電波を認識して通信してくれます。

省電力設定などで自動に通信をオフにする時間設定もできるので、テザリングのように何度も設定する手間がないのはいいですね。

さらにポケットWiFiはテザリングとは異なり、スマホの通信量を消費しません。テザリングをポケットWiFiのように使っていると、上限いっぱいになってしまい通信制限がかかってしまうこともあります。

月額料金が安くなる場合がある

ポケットWiFiが便利なのはわかったけど、ただでさえ高い通信料金にポケットWiFiの料金までプラスされるのは困る、という方もいるのではないでしょうか。

結論から言うとポケットWiFiの通信料金は固定回線やスマホの大容量プランよりもお得になり、特に「通信をたくさん行う人」の恩恵が大きいです。それぞれ比較してみましょう。

固定回線との月額料金比較

固定回線の料金には「月額基本料金」、「プロバイダの月額料金(フレッツ光の場合)」、「オプション料金」、「工事費分割払い」が主に含まれています。

プロバイダによっても変動しますが、戸建てタイプは月額5,000円前後マンションタイプは月額4,000円が平均で通信上限無制限で使用できます。

対するポケットWiFiは「月額基本料金」「オプション料金」が主にかかります。工事は不要なので工事費はかかりません。月額基本料金にプロバイダ料金も含まれているため、補償などのオプションに入っていなければ基本的には「月額料金」のみのシンプルな料金形態です。

月額料金プロバイダあり

※UQWiMAXは2019年10月より新プランで料金を変更しています。詳しくはUQWiMAX新プランを参照してください。
※docomoは2019年10月より新プランで料金を変更しています。詳しくはドコモポケットWiFi新プランを参照してください。
※Softbankは2019年9月より新プランで料金を変更しています。詳しくはSoftbankポケットWiFi新プランを参照してください。

ポケットWiFiの中でもWiMAXはプロバイダ経由で契約することで月額料金が安くなります。

WiMAXのプロバイダのひとつ「GMOとくとくBBWiMAX」では無制限プランでも月額料金が3,000円台となるなど固定回線に比べて確かに安いことがわかります。

つまり同じ「無制限で使用できるプラン」で比較した場合、どのポケットWi-Fiも戸建てタイプの固定回線よりは安くマンションタイプの固定回線と比べるとY!mobileやUQWiMAXでは同じくらいですが、WiMAXのプロバイダを通した契約だと安くなる場合が多いということですね。

スマホの大容量プランとの月額料金比較

現在スマホを大容量のプランで契約している人は、月料金を特に抑えることができます。

大手携帯会社のスマホ料金は大容量のプランの場合月6,000円~8,000円とかなり高額です。

しかしポケットWiFiを契約すると通信はポケットWiFiを通して行えばよいため、スマホの契約は必要最低限のプランに変更できます。

今契約しているプランと比べお得になるかの基準は「月20GB以上使うかどうか」です。

各携帯会社の20GB以上の大容量プランを「スマホの最安のプラン(1GB)+WiMAXのポケットWiFiの無制限プラン」に持ち替えた場合をシミュレーションしてみました。

30GBポケットWi-Fi価格比較キャリア

このように大容量定額プランを各社の最も安いプランに変更すると、「料金は安くなったのに通信量に上限なく使えるようになる」という恩恵が受けられます。

さらにauのスマホを使用している場合、WiMAXはauの関連会社なので、「auスマートバリューmine」の500~1,000円の割引が適用されます。そのためauではスマホのピタットプランで4GBまで使用した場合でもポケットWiFiと併用したほうがお得になります。

現在20GB以下のプランを契約している人は、そのままの方が月額料金は安くなりますが、その場合でも契約している制限を気にせずにネットを使用できるようになるため、持つメリットは十分にあるといえるでしょう。

セキュリティが安心

フリーWi-Fi最近ではカフェや駅、商業施設、病院、宿泊施設などでだれでもフリーで使用できる公衆WiFiスポットが増えてきました。

ポケットWiFiを持っていない人でも、外出先で大容量のファイルを送ったり動画を見たり、通信量を気にせずネットにつなげられるのは便利ですよね。

しかしこのフリーのWiFiスポットの中には、安全性に問題があるものも少なくありません。

フリーWiFiは不特定多数の人が利用するため、悪意のあるユーザが同じWiFiを使用している場合、不正アクセスやウイルス感染、さらに通信内容が筒抜けになりクレジットカード番号などの個人情報が抜き取られるなんてことも考えられます。

対してポケットWiFiは機器ごとにSSIDとパスワードが設定され、自分からパスワードを教えたり、パスワードがわかりやすくてばれてしまったりしない限り乗っ取りにあうこともなく、フリーWiFiに比べると安全性はかなり高いと言えます。

スマホのバッテリーが長持ちする

スマホを使う際WiFi設定をONにしていると、WiFiのある場所では自動的にWiFiを拾ってくれます。

しかしこの状態はスマホが常に電波を探している状態となるためその分電池の消費が激しくなります。

対してポケットWiFiを持つと、常に強い電波が近くにあるためスマホがWiFiの電波を探してうろうろする必要がありません。

電波を探さない分電池を消費しなくて済むため、バッテリーも長持ちします。

また便利なテザリングも電池をかなり消費しバッテリーの寿命を縮める機能です。テザリングをよく利用する人はそれをポケットWiFiに変えるだけでバッテリーの消費はかなり抑えられるでしょう。

ポケットWiFiのデメリット

安くて速くていいことづくめのポケットWiFi。

しかしそのデメリットをきちんと把握していないと、せっかくのメリットを生かしきれないことになってしまいます。

固定回線に比べて通信が不安定

指定された場所に回線を引き通信環境を整える固定回線と異なり、ポケットWiFiでは持ち運んで「いつでもどこでも」使えるのが魅力です。

しかしそのため固定回線と比べると「電波の悪いところ」がどうしても発生してしまいます。

電波は反射や通過を繰り返すことによってだんだんと弱まるという特性を持っています。それにより屋内や地下、高いコンクリートのビルに囲まれた場所などでは電波が弱くなり通信が不安定になってしまうのです。

電波特徴

ポケットWi-Fiは少し場所を移動しただけでつながるようになることが多いです。屋内であれば窓の近く、屋外であればビルなどから離れてみましょう

ポケットWiFiが繋がらないときの対処法に関して詳しくはこちら。

ポケットWifiが繋がらない時に考えられる原因と対処法、圏外になったらどうすればいい?
外出先でも快適にインターネットを楽しむことができる「ポケットWiFi」。 とても便利な反面、「ポケットWiFiは繋がりにくい」そんなイメージがある人も少なくないようです。たしかに出かけた先で急に電波が繋がらなくなったら困ってしまいます...

持ち運ぶのが面倒

ポケットWiFiがスマホなどの機器に電波を飛ばすことができる距離は10m~20m程度

家にお留守番の状態では意味をなさず、ポケットWiFiを通して通信をしたいときは常に携帯する必要があるので、場合によっては煩わしく感じるかもしれません。

名刺より少し大きいくらいのサイズなので、常にかばんの中に入れてます。邪魔に思ったことはあまりないですよ。

女性は普段からかばんを持ち歩くことが多いため、特に不便を感じないかもしれません。

しかし男性はかばんを持ち歩かない人も多いですよね。

特に夏場のように薄着でポケットの少ない服を着ていた場合などは、財布とスマホだけでいっぱいになり困ってしまうことも考えられます。

通信に制限がある

通信量に一切の制限がない固定回線のプランとは異なり、ポケットWiFiには2種類の制限があります。

ひとつはプランによって1カ月○○GBまでと定められた「月間での制限」です。

たとえば7GBプランでポケットWiFiを契約した場合、月の通信量が7GBを超えた段階で128Kbpsまで速度が落ちてしまいます。

今までがメガ単位の通信速度だったので、理論値だけでも数百分の一です。実際に128KbpsではSNSやWEBサイトを見るだけでもかなりの時間がかかります。

この制限は翌月まで待つか、別途通信料を上乗せして支払わないと解除することができません。

もう一つは3日間で○GBまでという「短期間の制限」です。

月間での制限は契約プランによりますが、短期間の制限は月間での通信量が無制限となる「無制限プラン」にも存在します

WiMAXとY!mobileの提供する無制限プランでは「直近3日間の通信量の合計が10GBを超えると翌日夜間の通信速度が最大1Mbpsとなる」という制限となっています。

ちなみにこの1Mbpsはさきほどの月間制限とは違い、SNSやニュース、低画質の動画を見るといった日常的な使用には支障をきたさない速度です。

制限比較

3日で10GB…そんなに使うことあるかな…

高画質の動画やゲームはデータが大きいので、映画などをよく楽しむ人やオンラインでゲームをする人などは気を付けたほうがいいですね。

WiMAXの速度制限はいつ解除される?制限の種類や確認の方法まとめ。
はぁ、今週もやってしまった・・・。 どうしたの?ため息なんかついちゃって。 速度制限に掛かっちゃったんだよ。 明日までこの速度ってつらいな...

紛失のリスクがある

スマホの場合触ることが多いため、落としたりなくしたりしてもすぐに気が付くことができますよね。

端末を探すことのできる機能もついているため万が一のときも安心です。

しかしポケットWiFiはたとえ落としたとしても、スマホ自体の通信に切り替わるだけなので気が付きにくく紛失のリスクが高まってしまいます。

位置情報を使って機器を探すこともできないので、スマホに比べて見つかりにくいです。

ポケットWiFiを紛失し見つからない場合は、一度そのポケットWiFiを解約しなければなりません。その場合は不通に解約するのと同様、違約金がかかってしまいます

UQWiMAXなどでは契約時に端末補償サービスに加入することで、万が一故障紛失しても同じ機種を初回なら3,300円二回目なら5,300円で交換してもらうことできます。月額380円かかりますが、不安な方は加入しておくといいでしょう。

他にもこんな失敗談が…

WiMAXのポケットWiFiを6年ほど使用している筆者が体験したとても個人的な失敗談です。だいたいは私の管理が悪いだけですがこんなケースもあるんだ……という参考にどうぞ。

家に置き忘れて通信量がかさんだ

便利なポケットWiFiですが、家に忘れてきてしまうと当然使うことができません。

外出先でネットを使わなくてはならないのにポケットWiFiを忘れてきてしまった場合、仕方がないのでスマホのLTE通信を利用します。

ポケットWiFiを通しての通信をメインとしている人の多くは、スマホ自体を通信量の少ないプランにしているため大容量のデータを送ったり動画を見たりしてしまうととたんに通信制限にかかったり、通信料金が高くなってしまいます。

わたしの場合は旅行先だったため、自宅に取りに戻ることもできず数日通信量を気にしながら過ごしました。以降置き忘れには十分注意しています。

他の人のものと混ざってどれが自分の端末かわからなくなった

スマホであれば皆さんケースに入れたりカスタマイズすることで自分のものだとわかるようにしていますよね。ケースに入れていなくてもロック画面を少し見れば自分のものだとすぐにわかります。

ポケットWiFiにもケースはありますが使用していない方も多いのではないでしょうか。端末自体もスマホほどカラバリや種類が豊富なわけではないので他の人と被りやすいです。

ロック画面のように初期画面を変更できるものでもないため、同じ機種をテーブルの上に置きっぱなしにしていると目印がなく、ぱっと見はまったく同じ。

お互いのID情報を確認し事なきを得ましたが、気づかず取り違えてたら面倒なことになっていたなあと反省しました。

充電をし忘れてただの荷物に…

ポケットWiFiは機種にもよりますがだいたい10時間くらい使用することができます。

私の場合スマホを常にポケットWiFiに接続しているためほぼ毎日充電が必要です。スマホであれば電池が切れればすぐ気が付くと思うのですが、ポケットWiFiは電池が切れても固定回線やスマホ自体の通信に切り替わるだけなのでよく忘れます。

電池のないポケットWiFiは正直ただの荷物です。

家を出てから充電が切れていることに気が付くことがあまりにも多く、常にモバイルバッテリーをセットで持ち歩くことにしました。

ポケットWiFiだけならまだ軽いですがさすがにモバイルバッテリーもセットにするとちょっと邪魔です。忘れるほうが悪いんですけどね。

まとめ

ポケットWiFiについてまとめましたがいかがでしょうか。

  • 持ち運んでエリア内ならどこでも使用可能
  • 工事が不要ですぐに使える
  • 固定回線に比べて通信の不安定さはあるが随時改善中
  • スマホの大容量のプランや固定回線よりも安い
  • ほぼ使い放題のプランがある

固定回線には「決められた場所でしか使えない」、スマホの大容量プランには「通信制限がある」というデメリットがあります。

それらを補うことのできる存在がポケットWiFiです。

通信制限の気になる人や自宅やオフィス以外でもネットを使う機会の多い人は特にWiMAXの「無制限プラン」がおすすめです。

WiMAXとは何?メリット・デメリットを詳しく解説、携帯代が高い人はぜひ利用を検討してみよう
最近よく耳にする「WiMAX」。 実際どんなことができるのかいまいちピンとこない、本当に必要なものかわからない…と思って敬遠していませんか? WiMAXはネットをお得に楽しみたい人にとって、知っていて損はない存在です。 W...