WiFiO(ワイファイオー)ってどう?料金の他社比較や口コミ・評判まとめ

LTEポケットWiFi、商品別情報
在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

WiFiOはモバイルWiFiルーターと大容量SIMのレンタルサービスを行っています。

多くのYoutuberがプロモーション動画を投稿しているため、見かけた人もいるかもしれませんね。

今回はWiFiOはYoutuberの言う通り本当にお得なのか、他のルーター、SIMのレンタルサービスと比較しながら解説していきます。

スポンサーリンク
  1. WiFiO(ワイファイオー)って?
    1. プラン別月額料金と初期費用の詳細と他社比較、他社よりは正直高い
      1. WiFiOポケットWiFiのプラン別料金
        1. クラウドSIM無制限プランは月3,980円
        2. 100GBルータープランはクーポン利用で月3,680円
        3. 他社ポケットWiFi料金比較
      2. WiFiOデータSIMのプラン別料金
        1. 100GB使えるSIMプラン月3,980円。クーポン利用で事務手数料無料だが登録手数料はある
        2. 他社格安データSIMと料金比較
    2. エリア、通信速度|クラウドSIMは3大キャリアの回線が使えてエリア広々
    3. 契約期間、解約金|クラウドSIMプランのみ2年契約で解約金あり
    4. 支払い方法|クレジットカードのみ
  2. WiFiO(ワイファイオー)の契約方法、解約方法
    1. 契約方法|申し込みは公式サイトからのみ
    2. 解約方法|当月解約は21日まで受け付け
      1. 返却は最終利用月翌月の4日までに郵送
      2. 初期契約解除は7日以内に申告
  3. WiFiO(ワイファイオー)のメリット、デメリット
    1. WiFiOのメリット
      1. エリアが広く通信速度も速い
      2. マイページで契約情報などの変更が可能
      3. 端末がSIMに対応していなかった場合キャンセルができる
    2. WiFiOのデメリット
      1. すべてのプランにおいて月額料金が最安ではない上初期費用が高い
      2. 発送が即日対応ではない
      3. ルータープラン2つは初月オプション加入必須
      4. クラウドSIMプランは無制限といいつつ500GBで制限がかかる
      5. クラウドSIMプランでも海外利用はできない
  4. WiFiO(ワイファイオー)の口コミ、評判
  5. 【結論】WiFiO(ワイファイオー)はクーポンを使っても料金が高いので他社がおすすめ

WiFiO(ワイファイオー)って?

WiFiOはネット通信を行うことのできるデータSIMやモバイルWiFiルーターのレンタルサービスです。

レンタルWiFiは現在さまざまな種類がありますが、WiFiOの特徴と概要をまずは簡単に確認しましょう。

  • 無制限のクラウドSIMプランと100GBのルーター、SIMプランの3種類
  • クーポンにより月額料金や事務手数料が割引に
  • 初期費用、月額料金、ともに高い
  • クラウドSIM対応だが海外利用は不可
  • 特筆すべきメリットはない
ルーター
SIM
無制限  100GB 100GB
月額料金  3,980円
(3カ月まで
3,480円)
4,500円 3,980円
クーポン有
月額
3,680円
初期費用 4,500円 9,960円 8,960円
クーポン有
初期費用
5,980円 4,980円
クーポン wifio001 wifiosim001
回線 3キャリア Softbank回線
契約期間 2年 なし
補償 500円 なし
送料 無料
発送 3日営業日以内発送
支払い クレジットカードのみ
速度制限 月間制限超過で
月末まで128Kbps
公式 WiFiO

プラン別月額料金と初期費用の詳細と他社比較、他社よりは正直高い

(画像引用:WiFiO公式サイト

WiFiOにはルーターがレンタルできるプランが2種類と、データ通信用SIMのみレンタルできるプランがあります。

WiFiOポケットWiFiのプラン別料金

プラン
【通信容量】
月額
料金
初期
費用
クー
ポン
契約
期間
クラウドSIM
無制限プラン
0~3カ月目
3,480円
以降3,980円
4,500円
(※1)
2年
Softbank
ルーター
100GB
4,500円
→3,680円
9,960円
→5,980円
(※2)

wifio
001
なし
(1カ月)

※1:事務手数料4,000円、初回加入必須オプション500円
※2:事務手数料0円、端末登録手数料4,980円、初回加入必須オプション1,000円

クラウドSIM無制限プランは月3,980円

クラウドSIM無制限プランは、2年契約で月額料金は3,980円。初月から3カ月目までは500円引きの3,480円で利用が可能。

ドコモ、au、ソフトバンクの3回線が利用できるGWiFiのG3000というルーターをレンタルし、月500GBまで利用できるプランです。(無制限じゃないの!?と思う人が多いかと思いますが、この通信制限に関しては後程詳しく紹介します)

初期費用は4事務手数料と初回加入必須オプション料を合わせて4,500円。他のポケットWiFiが0円から3,000円であることを考えると高めです。

100GBルータープランはクーポン利用で月3,680円

WiFiOのルータープランにはさらにSoftbank回線が100GBまで利用できるプランがあります。契約期間がないというのが大きな特徴。

またこちらのプランでは申し込み時に専用クーポンを入力することで、月額料金を820円引きの3,680円、さらに事務手数料を無料にしてくれるので忘れず入力が必要になります。

端末は富士ソフトのFS030WかHUAWEIのPocket WiFi 602HWが届きます。好きなルーターを選ぶことはできません。

月額料金がクーポンを利用した場合でも3,680円であり、他社に比べて高く(詳細比較は後述)、同じWiFiOと比べても割高。初期費用も「端末登録手数料」があるのでかなり高くなってしまっています。

他社ポケットWiFi料金比較
ポケット
WiFi 
月額料金 初期費用 回線 契約
期間
通信
容量
詳細
WiFiO
(無制限)
0~3カ月目
3,480円
以降3,980円
4,500円
3大キャリア
(クラウドSIM)
2年 無制限
WiFiO
(100GB)
3,680円 5,980円 ソフトバンク なし 100GB
ZEUS WiFi
2,980円
(7ヶ月目~
3,280円)
3,000円 3大キャリア 2年 無制限 詳細
Mugen
WiFi

3,280円 3,000円 3大キャリア 2年 無制限 詳細
限界突破
WiFi
3,500円 0円 3大キャリア 2年 無制限 詳細
FUJIWifi
(100GB)

3,280円 3,000円 ソフトバンク なし 100GB 詳細
どんなときも
WiFi
3,480円 3,000円 3大キャリア
(クラウドSIM)
2年 無制限 詳細
THE WiFi 3,480円 0円 3大キャリア 2年 無制限 詳細

表を見てわかるように、WiFiOは他社のポケットWiFiと比較すると、クーポンを適用したとしてもかなり高額

100GBのプランでは最安値のFUJI Wifiより月400円も高いです。

無制限プランでもTHEWiFi、ZEUSWiFi限界突破WiFiなど、同じ2年使う場合でも安いポケットWiFiがあります。

こちらも2年使い続けると23,000円ほど差が生まれてしまうので、費用面ではWiFiOをおすすめすることはできません。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

WiFiOデータSIMのプラン別料金

プラン
【通信容量】
月額
料金
初期
費用
クー
ポン
契約
期間
Softbank
SIM
100GB
3,980円
8,960円
→4,980円
wifio
sim001
なし
(1カ月)

※:事務手数料0円、初回登録手数料4,980円、オプション料0円

100GB使えるSIMプラン月3,980円。クーポン利用で事務手数料無料だが登録手数料はある

スマホやルーターなどSIMフリーの端末をすでに持っている場合に利用するプランです。WiFiOにはルーターがつかないSIMのみのプランもあります。

月額料金は3,980円で月100GBまで利用可能

他の会社はルータープランの方が高い(端末代が月額料金に乗る分)のですが、なぜかこちらはSIMプランの方が安いという不思議な金額設定。

ちなみにSIMプランには加入必須オプションはありません。ルータープラン同様クーポンで事務手数料が無料となります。

ただそれとは別に初回登録料が必要です

この初回登録料だけで他社の初期費用(他社は初回登録料は基本的にない)よりも高くなっているので注意してください。

他社格安データSIMと料金比較
大容量
SIM 

月額料金
初期
費用

回線 契約
期間
100GB 200GB 300GB
WiFiO 3,980円 8,960円
→4,980円
ソフト
バンク
なし
FUJIWifi
2,980円 3,280円 3,000円 ソフト
バンク
なし
ChatWiFi
※2

2,890円 3,880円 2,980円
ソフト
バンク
なし
ギガトラWiFi
※3
2,990円 1,000円 ソフト
バンク
なし
モナ
WiFi
3,500円 4,500円 5,500円 ソフト
バンク
なし
nomad
SIM

3,600円 4,200円 3,000円
ソフト
バンク
なし

※2:当サイト限定クーポン利用時、詳細はこちら
※3:当サイト限定クーポン(kiwami-set)利用時、詳細はこちら

WiFiOの100GBのSIMプランは他社と比較して圧倒的に高くなっています。

FUJIWiFiの200GBやChatWiFiの300GB(当サイト限定クーポン)など、もっと容量を使える(回線は同じソフトバンク、契約期間縛りもなし)プランに比べても高くなってしまっています。

【データSIM最安はどこ?】100GB以上の大容量が格安で使えるデータSIMの料金比較。テザリングや速度についても徹底解説
たくさん通信したいけど、キャリアや格安SIMのプランじゃ高すぎるという方にぴったりなのが、月100GB以上の大容量データSIMです。 たとえばSoftbankのギガモンスタープラン(50GB)では月7,480円かかりますが、大容量SI...

エリア、通信速度|クラウドSIMは3大キャリアの回線が使えてエリア広々

WiFiOで使うことのできるクラウドSIMは、物理的なSIMではなくクラウド上でSIMを管理し、エリアや状況に応じてソフトバンクやドコモ、auの中からつながりやすい回線を自動的に選んで通信を行います

3つの回線のエリアを網羅していることになるので、その分単一回線のものよりエリアが広く地方でも安心して通信ができるでしょう。

限界突破WiFiZEUS WiFiもこのクラウドSIMを採用しています。

ただしエリア外でない限りは9割近くソフトバンク回線を拾うなど、掴む回線には偏りがあり、auやドコモを拾うことはほとんどありません。

そのため、速度面ではソフトバンク回線のみを使用する100GBプランのSIM、ルータープランと同程度の速度となります。

実際にどちらも使ってみましたが、速度に大きな違いは感じられず、十分不満なく使うことができました。

【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 
どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどで何かと話題になるクラウドSIM。 端末にSIMがなくても通信できるその仕組み、気になりますよね。 本記事では、クラウドSIMの仕組みや、似たような「eSIM」についてもできるだけ分かり...

【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 

契約期間、解約金|クラウドSIMプランのみ2年契約で解約金あり

WiFiOの100GBSIM、ルータープランには契約期間の縛りも解約金もありません

ただしクラウドSIM無制限プランは2年契約。期間内に解約すると高額な違約金が発生します。

クラウドSIM無制限プラン解約違約金
0~12カ月目 19,000円
13~24カ月目 14,000円
25カ月目 0円(更新月)
26カ月目以降 9,500円

契約は自動更新のため、2年使った後も解約しない限りずっと契約が続き、次に違約金なしに解約できるのはまたさらに2年後となってしまうため注意しましょう。

支払い方法|クレジットカードのみ

支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替やデビットカードでの支払いはできません。

初回は契約時に初回事務手数料やオプション料金と当月の月額料金が引き落とされます。

以降の決済日は毎月28日です。

WiFiO(ワイファイオー)の契約方法、解約方法

WiFiOの契約や解約は公式サイトの専用フォームで行っていきます。

WiFiO公式サイトはこちら

契約方法|申し込みは公式サイトからのみ

WiFiOは公式サイトの「WEBお申込みはこちら」もしくは「お申込」ボタンから申し込みを進めます。

申し込み画面で、契約者情報とプランを選択した後、下記いずれかの本人確認書類をアップロードする必要があります。

スキャンや撮影の際、文字が反射などで不鮮明な場合は審査に通らないこともあるため、きちんと確認が必要です。

  • 免許証(表裏両面)
  • パスポート(氏名と顔写真が記載されているページ)
  • マイナンバーカード(通知カード不可)

アップロードができたらプランを選択します。ルータープランの場合オプションは強制加入なので外すことはできません。

アダプターは100GBルータープラン申し込みの場合のみ購入することができますが、特殊なものではなくUSBのACアダプタのため持っている場合はあえて注文する必要はないでしょう。

さらに27日までの申し込みの場合当月から利用と翌月から利用を選択することができます。

初月の料金は日割りにならないので月末近くの申し込みの場合は翌月から利用がおすすめです。なお28日以降の申し込みは翌月から利用しか選べません。

さらに100GBのルーター/SIMプランで契約する場合はクーポンコードを忘れず入力しましょう。

WiFiOクーポンコード 
100GB
ルータープラン 
wifio001
100GB
SIMプラン 
wifiosim001

最後にクレジットカードを登録すれば完了です。

3日営業日以内に発送されるため、届くのを待ちましょう。

解約方法|当月解約は21日まで受け付け

WiFiOを解約する場合は公式サイトのお問い合わせフォームから連絡をします。(お問い合わせフォーム

契約者情報を入力したら、お問い合わせ内容の「お申し込みキャンセルまたはご解約」を選択しましょう。

毎月21日が当月解約の締め切りとなります。22日以降は翌月料金が発生してしまうので気を付けましょう。

返却は最終利用月翌月の4日までに郵送

WiFiOでは解約月は日割りにならず、解約月末日が最終利用日となります。

最終利用日をむかえたら4日以内にレンタル品一式を返却しなくてはいけません。

解約の申請が無事受け付けされると、メールでレンタル品の返送先が送られてくるので、追跡番号のある郵送方法で速やかに返却しましょう(レターパック、ねこぽすが推奨されています)。

初期契約解除は7日以内に申告

初期契約解除はいわゆるクーリングオフのシステムですが、WiFiOでは以下の場合に契約のキャンセルを受け付けています。

  • サービスエリア内にも関わらず、電波が圏外となり利用できなかった場合→申込日を含む7日間以内にお問い合わせフォームより連絡
  • SIMカードが契約者の端末で使用できなかった場合(非対応端末)→ただちにお問い合わせフォームより申告し、通信未使用の状態で申込日を含む7日以内にレンタル品を返送

ただしキャンセルをした場合も、事務手数料や登録料は返金とならないため注意が必要です。

WiFiO(ワイファイオー)のメリット、デメリット

それではWiFiOのメリットデメリットについてさらに詳しく見ていきましょう。

WiFiOのメリット

まずメリットは以下の通りです。

  • エリアが広く通信速度も速い
  • マイページがある
  • 端末がSIMに対応していなかった場合キャンセルができる

エリアが広く通信速度も速い

多くの格安SIMはドコモやSoftbankといったキャリアの回線を一部レンタルしているため、利用者の多い時間帯(12時、20時など)はどうしても通信速度が遅くなってしまうデメリットがあります。

しかしWiFiOの100GBルーター、SIMプランではFUJI WiFi等と同様、ソフトバンクのメイン回線を利用。

そのため、通常の格安SIMよりも通信速度は速く、快適に利用することができます

またクラウドSIMプランは3キャリアすべての回線に対応しているので、100GBプラン以上に広いエリアで通信が可能です。

WiMAXだとエリアが狭くて全然使い物にならなかったなんて意見も耳にしますが、WiFiO含めたクラウドSIM対応のポケットWiFiにはそれがありません。

マイページで契約情報などの変更が可能

WiFiOにはユーザー用のマイページが用意されています。

マイページでは主に契約情報の確認や、住所、クレジットカードの変更などを行えるため、メールフォームでいちいちやり取りする必要がなくとても便利です。

マイページのログインIDとパスワードは申し込み時の自動返信メールに記載されています。

パスワードを忘れてしまったり、メールが見当たらない場合は、お問い合わせフォームから連絡をしましょう。

端末がSIMに対応していなかった場合キャンセルができる

WiFiOでは7日以内にお問い合わせフォームから連絡をすると、契約をキャンセルすることができます。

キャンセル自体はほかのレンタルSIMでも受け付けていますが、通常それには「エリア内にも関わらず圏外になる」という条件があります。

しかしWiFiOではそれに加え「持っている端末がSIMに対応していなかった場合」もキャンセルを受け付けてくれるのです。

こちらは7日以内に連絡だけでなく返送する必要がありますが、万が一の時はうれしいサービスですね。

ただしキャンセルできた場合でも事務手数料は返ってこないので、できれば契約前に対応端末かどうか調べておく方がいいでしょう。

WiFiOのデメリット

次にデメリットも確認しましょう。

  • すべてのプランにおいて月額料金が高い
  • 初期費用が高い
  • 発送が即日対応ではない
  • ルータープラン2つは初月オプション加入必須
  • クラウドSIMプランは無制限といいつつ500GBで制限がかかる
  • クラウドSIMプランでも海外利用はできない

すべてのプランにおいて月額料金が最安ではない上初期費用が高い

料金比較の項目でも述べた通り、WiFiOはすべてのプランにおいて、上位互換と言える他社プランが存在します。

【ルータープラン】

ポケット
WiFi 

月額料金  初期
費用

契約
期間
100GB 無制限
WiFiO 4,500円

3,680円
9,960円
5,980円
なし
3,980円
4,500円
2年
FUJI
Wifi

3,280円 0円 なし
Chat
WiFi

※2
3,330円 2,980円 なし
Mugen
WiFi
3,280円 3,000円
2年
限界突破
WiFi
3,500円 0円 2年

【SIMプラン】

大容量
SIM 

月額料金
初期
費用

100GB 200GB 300GB
WiFiO 3,980円 8,960円
→4,980円
FUJIWifi
2,980円 3,480円 0円
ChatWiFi
※2

2,890円 3,880円 2,980円
モナ
WiFi
3,500円 4,500円 5,500円
nomad
SIM

3,600円 4,200円 3,000円

※2:当サイト限定クーポン利用時、詳細はこちら

どのプランを比較しても他社の方が800円~1,500円程度安くなっていることがわかりますね。

さらにWiFiOでは初期費用も高額

クーポンを利用すれば事務手数料が無料になるとはいえ、オプション料金や端末登録料など、その他の費用がかさんでしまっています。

ポケットWiFiなどの初期費用は3,000円程度が主流であることを考えても、WiFiOには費用的利点がありません。

発送が即日対応ではない

ポケットWiFiやルーターのレンタルサービスでは最短即日や翌日発送のものが多い中、WiFiOは契約後、3営業日以内に発送されます。

ポケット
WiFi 

発送日
WiFiO 3営業日以内
FUJIWifi
最短2営業日
ChatWiFi
最短即日発送
限界突破
WiFi
即日受け取り
可能

初月料金も日割りにならないため、もう少し早く届けてほしいところですね。

ただしWiFiOでは利用開始月を当月からと翌月から選ぶことができます

翌月からにすると1日に届くように手配してくれるため、時間に余裕がある場合はそちらの方がお得です。

ルータープラン2つは初月オプション加入必須

WiFiOではルータープラン契約時、オプション加入が必須となっています。

プレミアム
保証
ウイルス
ソフト
クラウドSIM
無制限
500円
100GB
ルーター
500円 500円

初月無料などの救済もないため、オプションが不要な場合、初回の請求でクラウドSIMプランなら500円、100GBプランなら1,000円が余計にかかることに。

解約を忘れるとさらに翌月もオプション料金が発生してしまうので、端末が届いたらすぐに解約をする必要があります。

クラウドSIMプランは無制限といいつつ500GBで制限がかかる

WiFiOのクラウドSIMプランは無制限といいつつ500GBで制限がかかると小さく明記されています。

月間利用データ量が 500GB を越えた場合は、月末まで通信速度が送受信最大 128kbps となる可能性があります

(引用:WiFiO公式サイト

完全無制限に使えると思っていた人は要注意です。

ただし他社のクラウドSIM対応ルーターの無制限プランが、完全に無制限であるかと言われればそんなこともありません。

たとえばどんなときもWiFiには以下のような注釈があります。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

ここにある「ネットワークを占有するレベルの大容量通信」がいかほどのものなのかは回線等の状況次第で変わります。

900GB以上使っても制限にかからなかった人もいれば、300GB程度で制限を受けてしまった例も。

そう考えれば初めから「500GBまで」と明示されているのはありがたい気もしますが、どちらにせよ無制限ではないのでプラン名には疑問が残りますね。

クラウドSIMプランでも海外利用はできない

クラウドSIM対応端末は物理SIMを持たず、クラウド上でSIMを管理しているというのは前述した通り。

そのため本来であれば、海外であってもSIMの入れ替えをすることなく通信ができる、というのが強みです。

現に同じクラウドSIMである限界突破WiFiやどんなときもWiFiは海外でも利用することができます

しかしWiFiOのクラウドサービスでは海外に対応しておらず、国内でしか使用することはできません。

さらにWiFiOで利用できるG3000というルーターはSIMスロットが無効化されているため、SIMフリールーターとして自分で調達してきたSIMを入れることも不可能。

海外の現地SIMを購入してもルーターに挿すことはできないので注意しましょう。

WiFiO(ワイファイオー)の口コミ、評判

WiFiOはYoutubeの動画投稿者が「使ってよかった!」と言っているのを見かける以外はあまり目立った口コミがありません。

【エリア、速度に関する口コミ】

  • WiFiO動画配信しても速度に問題なし。いろんな場所で試したけど地域的な速度差もそれほどなかった(山奥はさすがに遅かったけど)
  • 昼でも10Mbps出てる~さくさく使える~

「YoutuberのWiFiO推しがひどい」とも言われていますが、エリアや速度については参考になります。

とはいえ、100GBであればソフトバンク回線を利用しているのはどこも同じなのでエリアや速度に大差はありません。

クラウドSIMプランに関しても同様で、WiFiOだけが快適に通信ができるわけではありません(むしろWiFiOの端末は他社より若干スペックが低いです)。

【プランに関する評判】

  • 100GBで3,980円は高い!
  • WiFiOは初期費用が高すぎる時点で論外
  • 無制限なはずなのになんで制限にかかるのか…

きちんと他社比較をしている人の間ではやはり「高い」の意見が目立ちました。エリアや速度は各社ほぼ同じですから、やはり料金が高いのは問題ですね。

また、無制限プランに制限がある点が気になるという人も。500GBまでは快適に使えるようですが、それでは足りないという人は他のプランを検討しましょう。

ただし完全な無制限プランというのは現状なく、ネットワーク占有であると判断されればいくら無制限プランでも制限にかかるため注意しましょう。

【結論】WiFiO(ワイファイオー)はクーポンを使っても料金が高いので他社がおすすめ

WiFiOはクーポンを利用しても月額料金、初期費用の両方が他社より高く、その上独自のメリットも特にないため、残念ながらおすすめすることはできません。

エリアが広く、速度もそこそこで決して悪い条件ではないのですが、それは他社も同じこと。

WiFiOを検討している場合は、一度同様のポケットWiFiやSIMのサービスと見比べてみることをおすすめします。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...
【データSIM最安はどこ?】100GB以上の大容量が格安で使えるデータSIMの料金比較。テザリングや速度についても徹底解説
たくさん通信したいけど、キャリアや格安SIMのプランじゃ高すぎるという方にぴったりなのが、月100GB以上の大容量データSIMです。 たとえばSoftbankのギガモンスタープラン(50GB)では月7,480円かかりますが、大容量SI...