w/WiFi(ウィズワイファイ)の、料金、速度・評判まとめや他社比較。クーポン、キャンペーン情報も紹介

w/WiFi(ウィズワイファイ)は大容量SIMのレンタルサービスの中では古株の2017年スタート。

リリース当初はお得なサービスとして話題となりましたが、今では後続のより安いSIMにより下火になってしまっています。

今回はw/WiFiの料金やプランを他のSIMレンタルサービスと比較しながら紹介していきます。

スポンサーリンク
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安くキャンペーンでさらにお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安い、キャンペーンでお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
  1. w/WiFi(ウィズワイファイ)とは
    1. w/WiFiのプラン別月額料金
      1. SIMプラン|【2020年2月まで】クーポン利用で月額料金割引
      2. 他社格安データSIMと料金比較
      3. ルータープラン|在庫なしで申し込み停止中
      4. 他社ポケットWiFiと料金比較
    2. キャンペーン|友人紹介でAmazonギフト券1,000円キャッシュバック
    3. エリア、回線、速度|Softbank4GLTEエリアなので安心
    4. 契約期間の縛りなしで、解約金負担もなし
    5. 支払い方法|クレジットカードのみ
  2. w/WiFi(ウィズワイファイ)の契約方法、初期設定、解約方法
    1. 契約方法|申し込みは公式サイトからのみ
    2. APN初期設定
    3. 解約方法|当月解約は20日まで受け付け
      1. SIMの返却は最終利用から4日以内にレターパックライトで郵送
      2. 初期契約解除は7日以内に申告
  3. w/WiFiのメリット、デメリット
    1. メリット
      1. ソフトバンクのメイン回線なのでエリアが広く通信速度も速い
      2. マイページで契約情報などの変更が可能
      3. 初月料金が日割りになる
      4. 端末がSIMに対応していなかった場合キャンセルができる
      5. 本人確認書類がなくてもSIMの契約ができる
    2. デメリット
      1. 月額料金が高い
      2. SIMプランの変更ができない
      3. SIMプランはiPhoneでテザリングができない
      4. SIMのUnlimitedプランが無制限ではない
  4. w/WiFiの口コミ、評判
  5. 【結論】w/WiFiは月額料金がちょっと高め、今後のキャンペーンに期待

w/WiFi(ウィズワイファイ)とは

w/WiFiはネット通信を行うことのできるデータSIMのレンタルサービスです。

  • SIMプランは48GB、100GB、Unlimited(200GB)の3種類
  • 2月はキャンペーンのクーポンにより月額料金が割引に
  • ルータープランは受付停止中
  • 料金が高く特筆しておすすめできるポイントがない
SIMプラン
ルータープラン
48GB 100GB  Unlimited10GB100GB
月額料金 2,980円3,480円5,555円1,980円3,777円
クーポン
適用時
2,780円3,280円4,820円
クーポンhjmt48hjmt100hjmtun
回線Softbank回線
契約期間なし
事務
手数料
3,777円3,333円
補償なし月333円
送料無料
発送最短翌日発送
支払いクレジットカードのみ
速度制限月間制限
超過で月末まで
128Kbps
約200GBで
月末まで
128Kbps
月間制限
超過で月末まで
128Kbps
公式w/WiFi

w/WiFiのプラン別月額料金

(画像引用:w/WiFi公式サイト)

w/WiFiにはSIMのみレンタルできるプランと、ルーターとSIMがセットになったプランがあります。(2020年2月現在、ルータープランは休止中です。)

SIMプラン|【2020年2月まで】クーポン利用で月額料金割引

SIMプラン
【通信容量】
月額
料金
クーポン初期
費用
契約
期間
48GB 2,980円
→2,780円
hjmt483,777円なし
(1カ月)
100GB  3,480円
→3,280円
hjmt100
Unlimited5,555円
→4,820円
hjmtun

w/WiFiのSIMプランは容量別に48GB、100GB、200GB(Unlimited)の3種類。

Unlimitedプランの通信量上限については後程デメリットで詳しく紹介します。

また、「はじめて☆With割」開催期間中は申し込み時にクーポンコードを入力することで、月額料金を安く契約することが可能です。

w/WiFiでは毎月、何かしらのキャンペーンを行っていますが、「はじめて☆With割」は現状特殊なキャンペーンのない月にコンスタントに行われているため、「キャンペーンが終わるから今契約しなくちゃ!」と焦って契約する必要はとりあえずないでしょう。

他社格安データSIMと料金比較

大容量
SIM 

 月額料金
初期
費用

50GB以下100GB200GB300GB
w/WiFi【48GB】
2,980円
→2,780円
3,480円
→3,280円
5,555円
→4,820円
3,777円
FUJIWifi
【50GB】
2,400円
3,400円3,000円
ChatWiFi
※2

2,890円3,880円2,980円
ギガトラWiFi
※3
2,990円1,000円
モナ
WiFi
3,500円4,500円5,500円
nomad
SIM

3,600円4,200円3,000円

※2:当サイト限定クーポン利用時、詳細はこちら
※3:当サイト限定クーポン(kiwami-set)利用時、詳細はこちら

表を見てわかるように、w/WiFiは他の大容量SIMと比較すると、クーポンを適用したとしても高い料金設定です。

50GB以下、100GBのプランでは他社より月300円、200GBプランは他社の300GBプランより1,000円近く高くなってしまっています。

ルータープラン|在庫なしで申し込み停止中

ルーター
プラン

【通信容量】
月額
料金
初期
費用
契約
期間
10GB1,980円3,333円なし
(1カ月)
100GB  3,777円

w/WiFiのルータープランは10GBと100GBの2種類。

レンタルできるのはSoftbankの法人向けルーター「304ZT」です。

2014年に発売されたものなので、一般的にレンタルWiFiとして使われている端末より、古めな点が気になりますね。

(画像引用:Softbank公式サイト

ただしルータープランは2020年2月現在受付停止中で、販売再開時期等についてはお知らせされていません。ルーターをセットで契約したい場合は、別のサービスを利用しましょう。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

他社ポケットWiFiと料金比較

ポケット
WiFi 

 月額料金
 初期
費用

契約
期間
30GB以下100GB無制限
w/WiFi【10GB】
1,980円
3,777円3,333円
なし
FUJIWifi
【30GB】
2,600円
3,900円3,000円なし
ChatWiFi
※2
3,330円2,980円なし
THE WiFi3,480円0円
2年
限界突破
WiFi
3,500円0円2年

※2:当サイト限定クーポン利用時、詳細はこちら

ルーターとセットの場合も、w/WiFiはかなり高額。

100GBプランでは他の無制限WiFiより高くなってしまっています。。

キャンペーン|友人紹介でAmazonギフト券1,000円キャッシュバック

w/WiFiでは、友人を紹介すると、紹介者と紹介で入会した人の両方にAmazonギフト1,000円分をプレゼントする「みんなで☆With割」キャンペーンを実施しています。(終了時期未定)

【キャッシュバック受け取りまでの流れ】
  1. 紹介者が紹介したい人に自分のユーザID(ログインID)を教える
  2. 申込時のアンケートで「知り合いの紹介」を選択し、紹介コード欄に紹介者のユーザIDを入力
  3. 申込が完了次第、契約者と紹介者にキャッシュバック受け取りの詳細メールが届く

ユーザIDは個人情報の一部のため、w/WiFiでは『ご家族・ご友人様など必ず信用のできる方のみにお伝えください。ご紹介によるトラブルは弊社では責任をいたしかねます』としています。

キャッシュバック目当てに、Twitterやブログなどで広く呼び掛ける行為はやめた方がいいでしょう。

エリア、回線、速度|Softbank4GLTEエリアなので安心

w/WiFiは他の大容量データSIM同様、ソフトバンクのメイン回線とエリアを使っています。

キャリアのLTE回線を利用しているので基本的には十分な通信速度がでますし、エリア外で使えないなんてこともよっぽどのことがない限りありません。

口コミでも格安SIMのように昼や夜間に急劇に落ち込むことなく、下りで10Mbps程度は出るとの声が多く、動画閲覧なども難なく行えます。

ただ契約容量上限オーバー時、回線の混雑、使っている端末のスペック、電波状況で遅くなってしまうこともゼロではありません(他のデータSIMも同様)。

契約期間の縛りなしで、解約金負担もなし

w/WiFiには契約期間の縛りも解約金もありません

1年以内の解約で2万円近い解約金を取ったり、端末の残債が必要になったりするポケットWiFiなどと比べると「やっぱり使わなかった」「使う必要性がなくなった」といった時に気軽に解約できるのはありがたいですね。

でた当初はこの「契約期間縛りなし」が非常に大きなメリットでしたが、今はFUJIWifiChatWiFiなど契約期間なしの上さらにかなり安い大容量データSIMがでてきてしまったので優位性がなくなってしまいましたね。

支払い方法|クレジットカードのみ

支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替はありません。

初回は申込日の翌々日に初回事務手数料と末日までの日割りの月額料金が引き落とされます。

以降の決済日は毎月27日です。

w/WiFi(ウィズワイファイ)の契約方法、初期設定、解約方法

w/WiFiの契約や解約は公式サイトの専用フォームで行っていきます。

w/WiFiはこちら

契約方法|申し込みは公式サイトからのみ

w/WiFiは公式サイトの「SIMレンタルお申し込みはこちら」ボタンから申し込みを進めます。

申し込み画面で、契約者情報とプランを選択した後、下記いずれかの本人確認書類をアップロードしましょう。(※本人確認書類がない場合は5,000円を預かり金として払うことで提出が免除されます)

スキャンや撮影の際、文字が反射などで不鮮明な場合は審査に通らないこともあるため、きちんと確認が必要です。

  • 免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証+補助書類
  • 住民基本台帳カード(QRコード付き)+補助書類
  • 身体障がい者手帳または療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳

書類と現住所が異なる場合もしくは健康保険証、住民基本台帳カードを提出する場合は以下の補助書類(発行から3カ月以内)も必要です。

  • 住民票記載事項証明書
  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道)
  • 官公庁発行の印刷物(例:納税通知書等)

書類がアップロードできたらクレジットカードを登録します。

最後にクーポンコードと、友人紹介で契約する場合は紹介コードを入力すれば完了です。

SIMプランクーポンコード 
48GBプラン hjmt48
100GBプラン hjmt100
 Unlimitedプランhjmtun

平日10時までの申込で最短翌営業日に発送されるため、届くのを待ちましょう。

APN初期設定

届いたSIMはスマホやルーターなどに挿入しただけでは使えず、APN(アクセスポイントネーム)設定をし、インターネットの接続先を認識させなければなりません。

手順自体は簡単で5分程度で終わります。

端末設定方法
iPhone
iPad
APN構成ファイルをダウンロードし
設定>一般>プロファイルから
プロファイルをインストール
Android設定>ネットワークとインターネット>
モバイルネットワーク>アクセスポイントに
APN情報を入力
各ルーターSIMを入れたルーターに接続した機器で
ルーター管理画面(メーカーによって異なる)
にアクセスし、APN情報を入力
ノートPCネットワークアイコンから「携帯電話」を選択
詳細オプションの「インターネットAPN追加」
からAPN情報を入力

その際必要となるAPN情報は下記の通りですが、SIMと同時に届くマニュアルにも記載されています。

APN情報
プロファイル名
(名前)
任意
(SIMの契約先名を
入れておくといいでしょう)
ユーザ名plus
パスワード4g
APNplus.4g
認証タイプPAP/CHAP

解約方法|当月解約は20日まで受け付け

w/WiFiを解約する場合は公式サイトのお問い合わせフォームから連絡をします。(お問い合わせフォーム

契約者情報を入力したら、お問い合わせ内容の「お申し込みキャンセルまたはご解約」を選択しましょう。

毎月決済日(27日)の7日前、つまり20日が当月解約の締め切りとなります。

21日以降は翌月料金が発生してしまうので気を付けましょう。

SIMの返却は最終利用から4日以内にレターパックライトで郵送

w/WiFiでは解約月は日割りにならず、解約月末日が最終利用日となります。

最終利用日をむかえたら4日以内にレンタル品一式を郵送で返却しなくてはいけません。(毎月4日の消印有効)

返却の際には追跡番号のある郵送方法を利用し(レターパック、ゆうパケットが推奨されています)、返送後メールフォームにて追跡番号を連絡しましょう。

送り先〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-16-20
ぬかりやビル6階
株式会社LOL
ウィズワイファイ宛
TEL:03-6871-9546(発信専用番号)
返却物SIMカード(切り離したものもすべて)
マニュアル/封筒

初期契約解除は7日以内に申告

初期契約解除はいわゆるクーリングオフのシステムですが、w/WiFiでは以下の場合に契約のキャンセルを受け付けています。

  • サービスエリア内にも関わらず、電波が圏外となり利用できなかった場合→申込日を含む7日間以内にお問い合わせフォームより連絡
  • SIMカードが契約者の端末で使用できなかった場合(非対応端末)→ただちにお問い合わせフォームより申告し、通信未使用の状態で申込日を含む7日以内にレンタル品を返送

ただしキャンセルをした場合も、事務手数料3,777円(ルータープラン3,333円)は返金とならないため注意が必要です。

w/WiFiのメリット、デメリット

それではNomad SIMのメリットデメリットについてさらに詳しく見ていきましょう。

メリット

まずメリットは以下の通りです。

  • ソフトバンクのメイン回線なのでエリアが広く速度も速い
  • マイページがある
  • 初月料金が日割りになる
  • 端末がSIMに対応していなかった場合キャンセルができる
  • 本人確認書類がなくても契約ができる

ソフトバンクのメイン回線なのでエリアが広く通信速度も速い

多くの格安SIMはドコモやSoftbankといったキャリアの回線を一部レンタルしているため、利用者の多い時間帯(12時、20時など)はどうしても通信速度が遅くなってしまうデメリットがあります。

しかしw/WiFiはFUJI WiFiやChat WiFi等と同様、キャリアのメイン回線を利用。

そのため、通常の格安SIMよりも通信速度は速く、快適に利用することができます

またエリアもソフトバンクのエリアなので十分。

WiMAXだとエリアが狭くて全然使い物にならなかったなんて意見も耳にしますが、w/WiFi含めたソフトバンク回線を使っているデータSIM・ポケットWiFiにはそれがありません。

マイページで契約情報などの変更が可能

w/WiFiにはユーザー用のマイページが用意されています。

マイページでは主に契約情報の確認や、住所、クレジットカードの変更などを行えるため、メールフォームでいちいちやり取りする必要がなくとても便利です。

マイページのログインIDとパスワードは契約完了時の「お申込み内容のご確認(自動配信メール)」に記載されています。

パスワードを忘れてしまった場合は、カスタマーサポートへ問い合わせをしましょう。

初月料金が日割りになる

多くのレンタルSIMで初月料金がまるまる1カ月分かかるのに対し、w/WiFiでは初月月額料金が申込日の翌々日からの日割りになります。

初月月額料金
w/WiFi日割り
FUJIWiFi16日以降申し込みは
月額料金半額
ChatWiFi1カ月分
モナWiFi1カ月分
NomadSIM1カ月分

自分の好きなタイミングで申し込んでも、損にならないのがいいですね。

端末がSIMに対応していなかった場合キャンセルができる

w/WiFiでは7日以内にお問い合わせフォームから連絡をすると契約をキャンセルすることができます。

キャンセル自体はほかのレンタルSIMでも受け付けていますが、通常それには「エリア内にも関わらず圏外になる」という条件があります。

しかしw/WiFiではそれに加え「持っている端末がSIMに対応していなかった場合」もキャンセルを受け付けてくれるのです。

こちらは7日以内に連絡だけでなく返送する必要がありますが、万が一の時はうれしいサービスですね。

ただしキャンセルできた場合でも事務手数料は返ってこないので、できれば契約前に対応端末かどうか調べておく方がいいでしょう。

本人確認書類がなくてもSIMの契約ができる

SIMやルーターを契約する場合、基本的には運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の画像が必要ですよね。

しかしわけあって本人確認書類を用意することができない場合にも、w/WiFiでは5,000円のデポジットを追加決済することで申し込みが可能

デポジットとは支払保証のための「預り金」のことで、SIMなどのレンタルでは主に故障した端末などの交換の際に一時的に用いられることが多いです。

w/WiFiでも契約から1年以上経過した場合、クレジットの引き落としが自動的にキャンセルとなり返金されます。

1年以内の解約の場合は、SIMを返送した7日以内に返金処理されるので、書類の準備が間に合わない等の理由がある場合には利用するといいですね。

デメリット

次にデメリットも確認しましょう。

  • 月額料金が高い
  • プランの変更ができない
  • SIMプランはiPhoneでテザリングができない
  • SIMのUnlimitedプランが無制限ではない

月額料金が高い

w/WiFiは開始直後こそ安いと話題になりましたが、現在では後続のプランや新しいキャンペーンなどに押されて、大容量SIMの中ではかなり高め。

大容量
SIM 

 月額料金
初期
費用

50GB以下100GB200GB300GB
w/WiFi
【48GB】
2,980円
→2,780円
3,480円
→3,280円
5,555円
→4,820円
3,777円
FUJIWifi
【50GB】
2,900円
3,900円3,000円
ChatWiFi
※2

2,890円3,880円2,980円
モナ
WiFi
3,500円4,500円5,500円
nomad
SIM

3,600円4,200円3,000円

※2:当サイト限定クーポン利用時、詳細はこちら

速度の速さ、エリアの広さ、契約期間の縛りがない点などは、他のレンタルSIMサービスも同様です。

今後新たなキャンペーンや、料金の改定があることに期待したいですね。

SIMプランの変更ができない

w/WiFiでは、一度契約したプランの変更は不可

そのため、使ってみてデータ容量が多い、少ないと感じた場合は、面倒ですがいったん解約し、再度契約し直さなくてはなりません。

再契約は事務手数料(3,777円)がかかりますが、SIMの契約の初期費用は平均して3,000円程度のため、微妙に高い料金設定も気になります。

できるだけ自分の通信量はきちんと把握してから契約したいですね。

なお、ルータープランでは10GBから100GBにアップグレードする場合のみ、プランの変更を受け付けています。

ただしその場合でも手数料3,333円(初回事務手数料と同額)が請求されるため、送料がかからないことくらいしか変化なく、どちらにせよお得とは言い難いでしょう。

他のレンタルSIMサービスでいえば、FUJIWiFiではプラン変更を1,500円ですることができます。

SIMプランはiPhoneでテザリングができない

ソフトバンク系のレンタルSIMすべてに当てはまる最大の欠点が「iPhoneでのテザリング不可」

これはw/WiFiに限った話ではありませんが、iPhoneに大容量SIMを入れて、テザリングでPCやiPadを使おうと思っていた人はとりあえず諦めるしかありません。

iPhoneユーザーが複数端末で容量をシェアする場合は、別途モバイルルーターを用意するのが現実的な手段です。

w/WiFiのルータープランは2020年2月現在、休止中なので別のサービスを利用しましょう。(料金も高めですしね)

ちなみにOSがAndroidの場合、対応端末であればテザリングが可能です。

ただテザリングはサポート対象外で推奨されていない為、できる場合であってもおすすめできません。

SIMのUnlimitedプランが無制限ではない

w/WiFiのUnlimitedプランは200GBで速度制限がかかります。

その名の通り無制限で使用できると思っていた人にとってはがっかりですよね。

Unlimited SIMプランでは、「1日〇GB」といった縛りはなく、原則としましてはデータ利用量の上限はありません。 (中略)おおむね200GB程度まででしたら快適な速度でご利用いただけます。

(引用:w/WiFiよくある質問)

2017年12月の回線元(Softbank)からの通達により、無制限だったものに約200GBの上限が課されたとのこと。

ニュースリリースには『サイトの「無制限/Unlimited」の記載につきましては随時変更してまいります』との記載がありますが、今もなおUnlimitedプランという名称を使っている点には疑問が残ります。

200GB以上利用したい場合は、300GBのSIMプランや無制限のポケットWiFiなどを検討するといいでしょう。

w/WiFiの口コミ、評判

【サービスに関する口コミ】

  • 運営が株式会社LOLとかいう聞いたことないとこなのが心配
  • 一昨日申し込んだSIMがもう届いた!対応早いね

大容量SIMのレンタルサービスは、小さな会社が運営していることが多いです。そのため、サービスが行き届いていないこともしばしば。

ただしw/WiFiでは「届かない」「連絡が来ない」といった口コミは少なく、最低限のサポートはしっかり行われています。

【通信制限、速度に関する口コミ】

  • Unlimitedユーザーだけど、去年末から契約して、一度だけ200GB越えたあたりで規制食らった。機械的に200GBで切ってないのか、上りと下りで別カウントなのか200GBちょうどでは規制しないみたい。
  • Unlimitedで契約してるけど、通信制限かかったことない。月だいたい100GBちょい超えたくらいまで使ってる。
  • 速度悪くないよ。そこらの格安SIMとは大違い
  • 昼でも10Mbps以上出るのうれしいね、格安SIMじゃこうはいかない

Unlimetedプランで契約した場合、無制限かと思いきや200GBで制限がかかります。

ただしきっちり200GBというわけではなく、200GBを超えたあたりで制限にかかることがほとんどです。

前もって通知が来るわけでもないので、上限ぎりぎりまで使用する場合は注意しましょう。

また、速度に関しては満足だという声が多く見られました。Softbankのメイン回線を使用しているSIMの強みですね。

【価格に対する口コミ】

  • FUJI Wifi値下げしてるし、FUJI Wifiと同じレベルにまでは持ってってくれよ
  • 安くならないないから今月も解約する人続出だね。まあ仕方ないけど。続けてるメリットがないもんなあ

w/WiFiでも値下げを行っていないわけではなく、初期事務手数料や月額料金の価格改定は随時行っています。

しかし現状ある他のサービスに比べ料金が高いのは事実で、さらにw/WiFiだからこそ、というメリットもないのでユーザーはより安いものへと離れてしまっているようです。

【結論】w/WiFiは月額料金がちょっと高め、今後のキャンペーンに期待

以前までは「お得なSIM」であったことは確かなのですが、さらに安いサービスが次々出ている今、大きな値下げ等の価格改定でもない限り、もはやおすすめすることはできません。

今後キャンペーンなどに期待したいですね。