Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランやキャンペーンまとめ。口コミ、評判も紹介。通信速度が速いって本当?

格安SIMは、スマホに挿し込むSIMカードを扱ったサービスのこと。

その名の通り、ドコモなどのキャリアと比べて料金が安いことが特徴です。

中にはキャリアからの乗り換えにより、月4,000円近くも通信費を節約できることは見逃せません。

Y!mobile(ワイモバイル)は格安SIMのでも、大手キャリアに匹敵するサービスを提供しています。

今回はY!mobileについて、料金プランや口コミをまとめました。

スポンサーリンク
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安くキャンペーンでさらにお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安い、キャンペーンでお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi

【Y!mobile(ワイモバイル)の格安SIMプラン、料金、キャンペーン】

Y!mobile(ワイモバイル)のプランは、2020年7月から新しくなります。

新しい「スマホベーシックプラン」とともに、割引やオプション、キャンペーンもていきましょう。

【スマホベーシックプラン】2020年7月からリニューアル!

Y!mobileのスマホベーシックプランには、S、M、Rの3種類が用意されています。

ここでは2020年7月からリニューアルされるプランについて、月額料金などを見ていきましょう。

ワイモバイルスマホプラン月額料金
【容量】
(1年間※2)
Sプラン
3GB
(4GB)
Mプラン
10GB
(13GB)
Rプラン
14GB
(17GB)
月額料金
(6カ月間※2)
2,680
(1,980円)
3,680
(2,980円)
4,680
(3,980円)
初月料金日割り
初期費用店舗契約の場合3,000円
オンラインストアから契約の場合0円
SIM発行
手数料
なし
(再発行や種類の交換は3,000円)
プラン詳細
通話料金1回10分までの国内通話かけ放題
(10分以降20円/30秒)
制限時
速度
128Kbps1Mbps
契約期間なし
違約金なし

※1:データ増量オプションで()内の容量。1年間無料、13カ月目から500円
※2:新規割で6カ月間()内の料金。

Y!mobileでは10分以内の通話がかけ放題という点や、プランMやプランRなら契約容量を超えた場合でも1Mbpsの速度(Youtubeを標準画質で見られる程度の速度)で使用できる点が魅力。

最も容量の小さいプランS(3GB)は月額2,680円から契約できるものの、1,000円追加しひとつ上のプランMならデータ容量が3倍以上になります。

そのため「スマホではメールや通話しかしない」という方でなければ、プランMがおすすめです。

さらに動画の視聴やオンラインゲームをよくするため、通信量が多めという人は、プランRも検討しましょう。

事務手数料は3,000円と一般的な金額ですが、オンラインストアならキャンペーンが適用され無料

新規なら通常300~400円かかるSIM発行手数料が無料という点も、うれしいところです。

光回線とセットの「おうち割」、もしくは2回線目以降の「家族割」で月額500円引き

Y!mobileには「おうち割」と、「家族割」というの2種類の割引があります。

「スマホベーシックプラン」で契約し以下の条件を満たすと、月500円の割引を受けることが可能です。

光回線やホームルーター「SoftbankAir」と併用する人は「おうち割」が適用されます。

おうち割
割引額毎月500円引き
割引期間【光セット申込特典※光回線開通前】
申し込みの翌月から最大5カ月間
【光セット】
光回線と格安SIM両方の契約がある間
条件

SoftBank 光またはSoftBank Airに申し込み
もしくは開通済

適用範囲

光回線1つにつき、スマホ10回線まで

家族など複数の回線を契約するという人は「家族割」を使いましょう。

家族割引サービス
割引額副回線が毎月500円引き
条件
  • 主回線、副回線とも、以下のいずれかで契約
    ・スマホベーシックプラン
    ・Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
    ・データベーシックプランL
  • 家族や親戚、同居中の人、1人で複数回線を持つ場合が対象
適用範囲

主回線1つに対し、最大9回線まで

おうち割と家族割の重複適用はできません。

また光回線やモバイル回線を解約、契約変更等すると、割引の対象外になります。

データ増量オプションで月に最大3GB追加可能

データ増量オプションは、月500円支払うことで毎月のデータ容量を3GB(プランSは1GB)追加できるサービスです。

データ増量オプション
月額オプション内容
データ増量
オプション
500円
(1年間無料)
プランS:+1GB
プランM/R:+3GB
を毎月付与

適用開始月や初月料金は、以下の通りとなります。

契約方法適用開始月初月無料
新規申し込み月
契約変更申し込み月
機種変更申し込み月×
その他
(オプションのみ追加など)
申し込みの翌月×

データの増量は最初から適用されているのではなく、500MBごとMyY!mobileから自分で手続きを行う必要があります。

通話をたくさんするなら通話オプションを利用しよう

「スーパーだれとでも定額」は、国内通話ならどこにでもかけ放題の通話オプションです。

毎月1,000円のオプション料金を支払えば、通話料金を気にせず話せます。

通話オプション
月額オプション内容
スーパー
だれとでも
定額
1,000円国内通話かけ放題
※時間制限なし

このような完全かけ放題のオプションは、格安SIMではなかなか提供されていません。

「スーパーだれとでも定額」は友達との長電話など、1回の通話時間が長くなる人におすすめです。

例えば以下のような人は「スーパーだれとでも定額」をつけるとお得になります。

  • 毎月1回でも35分を超える通話をする人
  • 毎週1回以上17分前後の通話をする人

一方、1回の通話時間が毎回10分以内という場合、ワイモバイルは元々プランにかけ放題のサービスがあるので「スーパーだれとでも定額」オプションをつける必要はありません。

他社格安SIMとの月額料金比較

格安SIMの中には安い代わりに速度が遅く、使い物にならないものもあります。価格差もさほどないので、単に最も安いものを選べばいいというわけではないのが難しいですね。

今回は3GB、6GB、10GBそれぞれの容量について、サポートや速度で一定の評判を得ている格安SIMと月額料金を比べてみました。

【3GBの場合】
格安SIM公式3GBプランの月額料金
Y!mobile公式2,680円
BIGLOBEモバイル公式1,600円
IIJmio公式1,600円
mineo公式Aプラン:1,510円
OCNモバイル公式1,480円
LINEモバイル公式1,480円
【10GBの場合】
格安SIM公式10GBプランの月額料金
Y!mobile公式3,680円
UQモバイル公式2,980円
mineo公式Aプラン:3,130円
OCNモバイル公式2,880円
リンクスメイト公式3,100円
【14GBの場合】
格安SIM公式12~14GBのプランの月額料金
Y!mobile公式14GB:4,680円
BIGLOBEモバイル公式12GB:3,400円
IIJmio公式12GB:3,260円
LINEモバイル公式12GB:3,200円
nuroモバイル公式13GB:ドコモ回線:3,400円

料金だけ見るとY!mobileの高さは際立っています。

新規割を適用したとしても、他社より2割~5割高い状況は変わりません。

家族割やおうち割も含めるとようやく同じくらいの金額になりますが、他の格安SIMにも当然複数回線割引はあるのでやはりY!mobileはお高めですね。

ただしY!mobileのプランについている「10分かけ放題」は、他社では800~900円程度の追加オプションです。(例:BIGLOBEモバイル3GB1,600円+10分かけ放題830円=2,430円)

オプションをつけた状態の月額料金で比較するとそれほど差はなくなるので、10分かけ放題が必須で、なおかつ速度やサポート面にメリットを感じる人はY!mobileを検討しましょう。

【料金比較】格安の通話SIMのうち最安のMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内の容量、回線別に紹介
スマホの料金を高いキャリアから安いところに乗り換えたいけど、何にしたらいいかわからないというのはよく聞く悩みです。 基本料金を抑えたいなら、ネットで契約ができる格安SIMがおすすめです。 格安SIMには大きく分けて2種類「通話S...

【キャンペーン】データ増量やYoutubeプレミアムの無料特典

Y!mobile(ワイモバイル)では、3つのキャンペーンを展開しています。

それぞれのキャンペーンについて、内容をていきましょう。

データ増量1年間無料キャンペーン

(画像引用Y!mobile

Y!mobileでは新規契約や契約変更の方を対象に、「データ増量無料キャンペーン2」を提供中です。

契約時にデータ増量オプションを申し込むことで、毎月500円かかる料金が1年間無料となります。

キャンペーンの終了日は未定です。

プランM、Rでは月に3GBも増量されるので、無料の間はオプションを付けていて損はありません。

ただし1年を過ぎた後は解約しないと、月500円がかかってしまうので注意しましょう。

Youtubeプレミアム3カ月無料キャンペーン

(画像引用Y!mobile

YouTubeプレミアムとは月額1,180円の料金で、YouTubeを以下のように楽しめるサービスです。

  • 広告に邪魔されず動画を楽しめる
  • インターネットにつなげない場所でも視聴できる「オフライン再生」
  • 他のアプリを起動中でも動画を楽しめる「バックグラウンド再生」

ソフトバンクやワイモバイルユーザーはキャンペーンにより、この「Youtubeプレミアム」を3カ月無料で使うことができます。

普段Youtubeを使う時間が多い人には嬉しい特典ですね。

なおこのキャンペーンは初回の申し込みに限り適用され、終了日は未定となっています。

みまもりグッズプレゼントキャンペーン

高齢の両親など、離れて住む家族のことは気になるものですね。

Y!mobileでは以下にあてはまる場合、「みまもり電池」と「センサーライト」をプレゼントしています。

  • 新規契約(MNPを含む)、番号移行、契約変更のいずれか
  • ワイモバイルショップやソフトバンクショップなど、プレゼント対象店舗での申し込み
  • 「みまもりサービス」アプリをダウンロード

センサーライトにみまもり電池をセットすることで、ライトが点灯すると自動的にアプリやメールで通知されるので安心です。

このキャンペーンは在庫限りのため欲しい場合は、事前に店舗へ確認するとよいでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴

Y!mobileには、6つの特徴があります。

  • ソフトバンクのサブブランドなので信頼できる
  • 10分かけ放題がセットでついてくる
  • 速度が安定して速い
  • 契約期間に縛りがない
  • 契約容量後も1Mbpsの速度で使用できる
  • 他の格安SIMと比べると料金は高め

それぞれの特徴について、詳しく確認していきましょう。

ソフトバンクのサブブランドなので信頼できる

Y!mobileは大手キャリアの1つ、ソフトバンクのサブブランドです。

そのため回線をしっかりと整備、確保しているので他の格安SIMにありがちな「つながりにくい」といった心配をせずに使えます。

顧客満足度もauやドコモを抑え、2019年度の携帯電話部門No.1(公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会調べ)。

さらに全国のソフトバンクショップやワイモバイルショップで相談できることも、安心感のアップに役買っています。

10分かけ放題がプランにセットでついてくる

Y!mobileには、国内ならどこにかけても10分以内の通話が無料の「10分かけ放題」がもれなくついてきます。

10分あればたいていの用件は終わりますから、いろいろなところに電話をしなければならないでも、電話代を気にせず使える点は大きなメリットです。

もし長電話になっても、10分を超えた部分についてだけ「30秒ごとに20円」が加算される仕組みなので安心。

さらに他の格安SIMと異なり、専用の通話アプリを入れなくても自動的にかけ放題が適用されるため、専用アプリにありがちな使いにくさや、音質の悪さに悩まされることもありません。

なお0570で始まる「ナビダイヤル」や0180で始まる「テレドーム」など、無料の対象とならない電話番号もあるので、注意してください。

速度が安定して速い

Y!mobileは、いつでも「安定して速い」ことも魅力の1つです。

格安SIMでは遅くなりやすい昼休みや夕方の時間帯でも、他の時間帯と同じスピードで快適に使えます。

また混雑する場所でも、大手キャリアのスマホと同じように使えます。

この点はソフトバンクのサブブランドという特徴を、存分に生かしているといえるでしょう。

そのため「いつでも快適に使いたい」「待たされるのがイヤ」というにおすすめです。

契約期間に縛りがない

Y!mobileの「スマホベーシックプラン」は、契約期間の縛りがないプランです。

スマホの契約でよくある「契約更新月に解約しないと契約解除料がかかる」といった心配はありません。

解約のタイミングを気にせず、使いたい期間だけ使えることはうれしいポイントといえるでしょう。

すでにY!mobileを契約中で、契約期間が途中という人も、以下のどちらかに当てはまる場合「スマホベーシックプラン」に変更し、契約期間の縛りをなくすことができます。

  • 機種変更をする
  • 2年以上継続して利用中

旧プランの「スマホプラン」よりも新しい「スマホベーシックプラン」の方が料金もお得なので、旧プランのまま契約している人は、早めにプラン変更するのがおすすめです。

契約容量後も1Mbpsの速度で使用できる

スマホは契約容量に達すると月末まで通信速度が最大128kbpsに落とされ、不便になることが悩みの種です。

しかしY!mobileでは料金プランが「M」または「R」のなら、契約容量に達した後も最大1Mbpsの速度で使えます。

これは新規契約の場合はもちろん、現在使用中の人も対象です。

最大1MbpsならWeb閲覧や地図アプリ、動画再生(標準画質)など、問題なく使えるサービスが増えます。

毎月のように悩まされる「スマホが遅いイライラ」から、解放されることも大きなメリットとなるでしょう。

1Mbpsでできることはこちらの記事を参考にしてください。

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムですが、その通信制限時の速度にも種類があります。 最近ではdocomoが制限時最大速度を128Kbpsから1Mbpsに変...

他の格安SIMと比べると料金は高め

ここまでY!mobileのメリットを解説してきましたが、よいところばかりではありません。

月額料金は、他の格安SIMと比べて高めという特徴もあります。

このため、「安さ第一」という方にはあまりおすすめできません。

Y!mobileは「安いだけでは困る」「料金と品質、どちらも重要」という方におすすめです。

Y!mobile(ワイモバイル)の疑問Q&A

ここでは、Y!mobile(ワイモバイル)に関する疑問点をまとめました。

Q.テザリングはできる?

A.Y!mobileが販売する端末なら可能。

Y!mobileの格安SIMでテザリングが可能かどうかは、Y!mobileが販売する端末かどうかによります。

  • Simply、AQUOS ケータイ、DIGNO ケータイは非対応
  • 上記以外のY!mobileが販売する端末なら、テザリングが可能
  • SIM単体契約で他社が販売する端末を使う場合は、動作確認端末でも保証なし

このためテザリングを使いたいは、端末もセットで購入することがおすすめです。

Q.契約は店舗でもできる?

A.さまざまな店舗で可能です。

Y!mobileの契約は以下の通り、さまざまな店舗でできます。

  • ワイモバイルショップ
  • ソフトバンクショップ(ワイモバイル取扱店)
  • Y!mobile取扱店(家電量販店や携帯ショップなど)

格安SIMは店舗が少ないことが多いですが、Y!mobileは店舗の多さが魅力といえるでしょう。

Q.支払い方法は?クレジットカード?口座振替?

A.クレジットカードでも口座振替でも支払えます。

口座振替が可能な格安SIMは少ないですが、Y!mobileはクレジットカードと口座振替の両方に対応しています。

これは大手キャリアと同様のサービスですから、口座振替を希望する方にはうれしい特徴といえるでしょう。

申込方法も以下の通り豊富ですから、好きな方法で申し込めます。

申込方法クレジット
カード
口座振替
ワイモバイル
ショップ

(本人確認書類と金融機関お届け印が必要)
オンライン
ショップ
申込書の郵送依頼のみ可能
(記入後、返送が必要)

Q.解約はどうやってするの?使わなくなったSIMは返却する?

A.解約は店舗または電話で受け付けています。SIMは原則として返却です。

Y!mobileの解約には、2つの方法があります。

公式サイトでは店舗での手続きのみ案内されていますが、電話でも解約可能です。

解約方法事前の手続きや連絡先解約手続き
ワイモバイル
ショップ
事前に「かんたん来店予約」で、
手続きしたい日時と店舗を予約する
その場で完了できる
電話カスタマーセンターへ連絡
ワイモバイル契約中のスマホ等:116
その他:0120-921-156
解約申込書が自宅に届くので、
記入の上ワイモバイルへ返送

MNPの場合は上記に加えて、My Y!mobileでも手続き可能です。

また解約後、SIMの所有権はY!mobileにありますから、基本的にSIMは返却となります。

ただし利用者で処分できるケースもありますので、手続きの際に確認するとよいでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の口コミ、評判

Y!mobileには「速くて安い」「さまざまなサービスがある」といった、よい口コミが多く寄せられています。

速度の口コミ

Y!mobileでは、高速という報告が多く寄せられています。

50Mbpsという実測値はキャリアのスマホに匹敵するスピードであり、Webの閲覧はもちろん、動画の視聴も快適。

単に速いだけでなく、混雑しやすい時間帯でも快適に使える点も魅力です。

サービスの口コミ

Y!mobileは単に「速い」「安い」だけではなく、利用者のニーズや、子どもや高齢者など多様なライフスタイルに合ったサービスが好評です。

一方で「とにかく速く、安く、ネットでスムーズに」を求めるからは、不要なサービスが多いという口コミも寄せられています。

そういったサポートをなくし、より料金を安くした格安SIMもあるので、自分の使い方に合わせて最適な格安SIMを選びましょう。

【結論】速度とサポート重視ならY!mobile(ワイモバイル)がおすすめ。

Y!mobileはいつでも高い速度で通信でき、サポートもよいことが特徴。

そのため、安定したスピードやサポート、サービス内容を重視する方におすすめです。

一方、10分通話かけ放題がプラン内に組み込まれていることもあり、月額料金はやや高め。

通話機能をそこまで利用しない人にとってはただ高いだけとなってしまうので、他の格安SIMも検討した方がいいでしょう。

人気格安SIM6社+楽天モバイルで料金、速度、サービスで徹底比較!最新おすすめランキング
スマホの料金を高いキャリアから安いところに乗り換えたいけど、何にしたらいいかわからないというのはよく聞く悩みです。 基本料金を抑えたいなら、ネットで契約ができる格安SIMがおすすめ。 しかし調べていくと、たくさんある格安SIMや...