Youtube(ユーチューブ)の通信量はどのくらい?画質ごとの目安やギガを節約する方法

Googleが提供する世界最大の動画共有サービス「Youtube」では、世界中のユーザーが投稿した動画を閲覧することができます。

動画に夢中になっていて気付いたら何時間も経っていた、なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。

Youtubeはとても便利なアプリですが、動画は通信量が大きいためギガを大量に消費してしまうことが難点。

通信量が多くなると通信制限が掛かりやすくなるので、通信量を節約できる方法があれば便利ですよね。

本記事では、Youtubeのデータ通信量の目安や節約方法などについて、分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

Youtube(ユーチューブ)の通信量(ギガ)の目安

Youtubeのデータ通信量について、次の観点から調べていきましょう。

  • 画質設定ごとの通信量
  • 使用する時間ごとの通信量
  • 1GBのデータ通信容量でどれくらい使えるのか

それぞれのポイントを分かりやすく解説します。

【画質別】データ通信量の目安

Youtubeを1時間使うときのデータ通信量は、画質設定ごとに次のようになります。

低画質
144p
約10MB/5分
低画質
240p
約15MB/5分
標準画質
360p
約30MB/5分
標準画質
480p
約50MB/5分
高画質
720p
約90MB/5分
高画質
1080p
約170MB/5分

Youtubeの通信量は映像が高画質になるほど大きくなり、最低の144pと最高の1080pでは17倍もの違いがあります。

1080pで動画を視聴するとたった5分で170MBを消費し、1時間だと2GBを超えるというのは驚きですよね。

240pから480pへ変更すると通信量が15MBから50MBへ、360pから720pでは30MBから90MBとなるように、解像度の数値が倍になると通信量は約3倍になるようです。

ちなみに、MB(メガバイト)はデータの量を示す単位で、KB(キロバイト)やGB(ギガバイト)とは以下の関係があります。

  • 1MB=1,000KB
  • 1GB=1,000MB

これらの点を踏まえて、Youtubeの通信量について詳しく見ていきましょう。

低画質(140p/240p)の場合

Youtube動画を低画質設定の144pや240pで視聴すると、時間ごとに下記のように通信量が消費されます。

140p240p
5分使用約10MB約15MB
1時間使用約120MB約180MB
1日1時間使用した
場合の月間通信量
約3.6GB約5.4GB

144pと240pの設定では、5分間の使用で10~15MB、1時間では120~180MBの通信量が必要です。

毎日1時間視聴しただけでも月間の通信量が4~5GBを超えるくらいになり、低画質設定でもかなりの通信容量を消費することが分かりますね。

好きなYouTuberのチャンネルを毎日30分間視聴する場合、144pと240pの通信量は1週間でそれぞれ420MBと630MB、1か月では1.8GBと2.7GBくらいになります。

休日だけ1日に3時間ほど動画を閲覧する場合、144pと240pの通信量は1週間でそれぞれ720MBと1080MB、1か月では2.9GBと4.3GBほどに。

144p240p
毎日30分
(1日30分×週7日)
1週間420MB630MB
1ヶ月1.8GB2.7GB
休日3時間
(1日3時間×週2日)
1週間720MB1080MB
1ヶ月2.9GB4.3GB

144pの動画は300Kbpsくらいの通信速度があれば閲覧できるので、通信制限が掛かったときや節約モードで活用できる設定です。

しかし、144pはスマホでも画質が荒く感じて、動きの速い動画では何がどうなっているのか分かりづらくなります

PCだとあまりに画面が荒くて視聴に耐えるものではないので、どうしても必要なとき以外は避けたい設定でしょう。

240pに設定にするとそれなりの画質になりますが、消費される通信容量は144pの約1.5倍になります。

低画質設定であっても使い続けると通信量がどんどん増えるので、使いすぎには注意したいですね。

標準画質(360p/480p)の場合

Youtube動画を標準画質設定の360pや480pで視聴する場合、時間ごとに消費される通信量は次の通りです。

360p480p
5分使用約30MB約50MB
1時間使用約360MB約600MB
1日1時間使用した
場合の月間通信量
約10.8GB約18GB

中画質設定になると通信量が一気に増えて、1時間使用しただけでも360pは360MB、480pでは600MB近くの通信量が必要になります。

480pでは1時間視聴しただけでも月間の通信量は20GB近くになるので、ほとんどの料金プランではギガが足りなくなってしまうことに。

好きなYouTuberのチャンネルを毎日30分間視聴する場合、360pと480pの通信量は1週間でそれぞれ1.3GBと2.1GB、1か月では5.4GBと9GBくらいになります。

休日だけ1日に3時間ほど動画を閲覧する場合、360pと480pの通信量は1週間でそれぞれ2.2GBと3.6GB、1か月では8.8GBと14.4GBほどに。

360p480p
毎日30分
(1日30分×週7日)
1週間1.3GB2.1GB
1ヶ月5.4GB9GB
休日3時間
(1日3時間×週2日)
1週間2.2GB3.6GB
1ヶ月8.8GB14.4GB

360pはスマートフォンなら十分な画質で、1Mbpsくらいの通信速度があれば閲覧できます。後述するUQモバイルの節約モードにおすすめの設定です。

480pの画質ならPCでもそれなりの品質で動画を閲覧できますが、通信量は360pの約1.7倍になるので、テザリングを利用して動画を視聴する際は要注意。

標準画質だと1か月の通信量が10GBを超えることも増えてくるので、使いすぎには気を付ける必要があります。

高画質(720p/1080p)の場合

Youtube動画を高画質設定の720pや1080pで視聴する場合、必要な通信量は使用する時間ごとに次のようになります。

720p1080p
5分使用約90MB約170MB
1時間使用約1,080MB約2,040MB
1日1時間使用した
場合の月間通信量
約32.4GB約61.2GB

高画質設定になると通信量も圧倒的に多くなり、たった1時間の使用でも720pは1GB、最高画質の1080pでは2GBにもなります。

好きなYouTuberのチャンネルを毎日30分間視聴する場合、720pと1080pの通信量は1週間でそれぞれ3.8GBと7.1GB、1か月では16.2GBと30.6GBほど。

休日だけ1日に3時間ほど動画を閲覧する場合、720pと1080pの通信量は1週間でそれぞれ6.5GBと12.2GB、1か月では26GBと49GBにもなります。

720p1080p
毎日30分
(1日30分×週7日)
1週間3.8GB7.1GB
1ヶ月16.2GB30.6GB
休日3時間
(1日3時間×週2日)
1週間6.5GB12.2GB
1ヶ月26GB49GB

720pになるとHD画質なのでPCやタブレットでの視聴にも十分で、綺麗な映像を楽しむことができます。

スマホだと480pとの違いが分かりづらく、通信速度も2Mbpsくらいは必須になるため、ここまで画質を上げてもあまり意味はありません。

1080pは大画面のモニターで見るにも十分な画質ですが、要求される通信速度は最低でも3Mbpsできれば10Mbps。通信量は1時間見るだけでも2GBも超えるので注意が必要です。

Youtubeの高画質設定はスマホではあまり意味がありませんが、テザリングなどで使用する場合は通信量が膨大になるためWiFiの使用が欠かせません。

YoutubeLive(ユーチューブライブ)のリアルタイム視聴

Youtubeには「YouTube Live」という機能があり、Instagramのインスタライブのようにユーザーが生放送を配信することができます。

YouTube Liveで消費される通信量は、使用する時間ごとに次の通りです。

5分使用約20MB
1時間使用約240MB
1日1時間使用した
場合の月間通信量
約7.2GB

Youtube動画の240pと360pの中間くらいの通信量で、一般的なYoutubeの動画よりはやや少ないくらいです。

好きなYouTuberのライブ配信を毎日30分間視聴する場合、1週間あたり840MB、1か月では3.6GB程度の通信量に。

休日だけ1日に3時間ほどライブ配信を見る場合の通信量は、1週間あたり1.4GB、1か月では5.8GBくらいになります。

毎日30分
(1日30分×週7日)
1週間840MB
1ヶ月3.6GB
休日3時間
(1日3時間×週2日)
1週間1.4GB
1ヶ月5.8GB

ただし、配信者の設定によっては高画質になることがあり、上記の通信量より多くなることもあるので注意が必要です。

YouTube Liveはついつい見すぎてしまうこともありますが、長時間視聴する可能性があるときは必ずWiFiで接続したいところですね。

YoutubeMusic(ユーチューブミュージック)で音楽・音声のみ視聴

Youtubeは基本的には動画を共有するサービスですが、音楽や音声のみを楽しむことができる「YouTube Music」という機能もあります。

動画を再生しない分多少通信量を節約することができるので、音楽だけを聴きたい場合にはこちらの機能を使うのがいいでしょう。

無料会員でも様々な音楽を楽しめるのが魅力ですが、ダウンロードではなくストリーミング配信のため、通信量がそこそこ多くなるのが難点。

さらに、無料会員では音質設定を変更できないため、通信量を節約するためにはプレミアム会員になる必要があります(月額料金はiPhoneが1,280円、Androidでは980円)。

プレミアム会員になると「低音質(48Kbps)」「中音質(128Kbps)」「高音質(256Kbps)」「常に高音質(256Kbps)」から設定可能で、通信量はそれぞれ次の通りです。

低音質
(48Kbps)
中音質
(128Kbps)
高音質/
常に高音質
(256Kbps)
5分使用約2MB約6MB約11MB
1時間使用約24MB約72MB約132MB
1日1時間使用した
場合の月間通信量
約0.7GB約2.2GB約4GB

上記のように、ビットレート(音質設定)によって通信量は大きく変動し、低音質と高音質の差は約6倍になります。

鑑賞に耐えるレベルにするためには少なくとも中音質は必要で、CD並みの音質で音楽を楽しむなら高音質設定が必要です。

また、常に高音質にするとビットレートが256Kbpsと高い状態で固定されるため、高音質に設定した場合よりも通信量が増える傾向にあります。

音質変更のために月額1,000円近くも支払う価値があるかというと微妙なので、たくさん利用する場合はWiFiで接続する方が良いでしょう。

1GBではYoutubeをどれくらい使える?

時間ごとのデータ通信量について確認したところで、ここでは1GBでYoutubeをどれくらい使えるのかについて見ていきましょう。

画質1GBで
使える時間
月1GBの場合
1日あたり
使える時間
144p8時間20分16分39秒
240p5時間33分11分6秒
360p2時間46分5分31秒
480p1時間40分3分20秒
720p55分1分50秒
1080p29分58秒
YoutubeLIVE4時間10分8分20秒
音声のみ低音質:17時間40分
中音質:13時間53分
高音質:7時間34分
低音質:1時間23分
中音質:27分46秒
高音質:15分9秒

1GBの通信容量があれば、低画質(144pと240p)では6時間前後、中画質(360pと480p)は約2時間、高画質(720pと1080p)なら40分前後は視聴可能です。

しかし、1か月全体でYoutubeに1GBしか使えない場合は低画質設定でも10分ほど、高画質設定になると1分も見られないことがあります。

Youtubeの動画を低画質設定で毎日1時間視聴するなら5GB、中画質では15GB、高画質なら40GBの料金プランが必要になります。

ただ、40GBもの料金プランは現実的ではないので、Youtubeを快適に使用するためにはやはりWiFiの使用が欠かせませんね。

Youtube(ユーチューブ)の通信量(ギガ)を減らす、節約する方法

スマホでYoutubeを使う場合は通信量が気になりますね。そこで、次の5つの方法で通信量を節約してみましょう。

  • Youtubeの画質設定を下げる
  • 次の動画の自動再生をオフにする
  • プレミアム会員で動画をダウンロードする
  • カウントフリーのプランやオプションを利用する
  • 低速の節約モードを利用する
  • WiFi環境下で利用する

それぞれの方法について、特徴や設定方法などを分かりやすく解説します。

Youtubeの画質を下げる

Youtubeでの通信量を節約する最も効果的な方法は、画質設定を下げることです。

まずは次の方法で各動画を再生する前に、画質設定を変更しておくようにしましょう。

  • 1)動画再生画面の右上のメニューアイコンをタップ
  • 2)「画質」を現在より低いものに設定する

ただし、デフォルトの画質設定が高画質になっていると、変更を忘れたときに短時間でも大量のギガが消費されてしまいます。

そこで、モバイル通信時には高画質で再生することがないように、次の方法で設定を変更しておきましょう。

  • 1)トップページで右上のアカウントアイコンをタップ
  • 2)「設定」から「全般」へ進む
  • 3)iPhoneでは「Wi-Fiの時のみHD再生」を、Androidでは「モバイルデータの上限設定」をオンにする

以上のようにYoutubeの設定を変更しておくと、通信容量が予想外に減ってしまうことを防げます。

次の動画の自動再生をオフにする

Youtubeには、動画再生の終了時に次の動画を自動的に再生する機能があります。

しかし、この機能がオンになっていると気付かないうちにどんどん動画が再生されて、大量の通信量を消費してしまうことに。

そこで、次の方法で自動再生をオフにしてしまいましょう。

  • 1)カウントのアイコンをタップ
  • 2)「設定」画面から「自動再生」へ進む
  • 3)「次の動画を自動再生」をオフにする

このようにすると、動画再生中に寝てしまって勝手にギガが減ってしまう、というトラブルを防ぐことができます。

動画をダウンロードする(YoutubePremium(ユーチューブプレミアム)のみ)

ネットで通信が発生するのはデータを送受信するときなので、あらかじめ端末にデータが入っていれば通信を行う必要がありません。

Youtubeの動画をダウンロードすればギガの消費を減らせるのですが、そのためには月額1,180円でYouTubePremiumを契約する必要があります。

動画をダウンロードするときは通信が発生しますが、それ以降は何度見ても通信量は消費されなくなるので、よく見る動画がある場合はダウンロードしましょう。

ただし、月額1,180円を支払うなら料金プランを大容量にする方が良い場合もあるので、慎重に検討したいところですね。

また、標準画質で10分間の動画をダウンロードする場合はメモリが100MBほど必要になるので、大容量のSDカードなどに保存することをおすすめします

動画が見放題のカウントフリーのプランやオプションを利用する

Youtube動画のような通信量が多いアプリには、格安SIMは向いていないと言われています。しかし実は、格安SIMだからこそ使いやすいことも。

一部の格安SIMでは、特定のアプリでの通信はデータ通信容量が減らない、「カウントフリー(ゼロレーティング)」というシステムが採用されています。

対象となるアプリは格安SIM事業者によって異なりますが、Youtubeがカウントフリーとなる格安SIMで有名なのは「BIGLOBEモバイルです。

BIGLOBEモバイルには有料オプションの「エンタメフリーオプション」があり、音声通話SIMは月額480円、データ通信専用SIMなら月額980円で利用できます。

エンタメフリーオプションBIGLOBE

ただし、利用できるのは3GB以上のプランなので、1GBの音声通話スタートプランでは利用できません。

また、マイページの設定画面でエンタメフリーオプションがオンになっていないと、Youtubeの視聴時に通信量を消費されてしまうので注意してください。

スマホでYoutubeをどんどん視聴したいなら、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションがおすすめです。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルの料金・キャンペーンをチェック

カウントフリーとは?仕組みやカウントフリーオプションがあるおすすめ格安SIM、対象アプリやサービスまとめ
カウントフリーは一部のキャリアプランや格安SIMで利用できるサービスです。 うまく利用すれば、どれだけ動画やSNSを見ても通信制限にかからないとあって、通信費を節約したい人たちの間で人気が高まっています。 今回は各事業者ごとにカ...

低速の節約モードを利用する。ただし読み込みは遅くなるので注意

格安SIMなどの中には、あえて通信を低速にする代わりにデータ通信量を消費しない、「節約モード」のサービスを提供しているものがあります。

特に節約モードのオン・オフをアプリで切り替えられる、mineoやUQ mobile、OCNモバイルONEなどが使いやすくおすすめです。

ただしその中でもYoutubeの視聴に使えるのはほんのわずか。

というのも、節約モードは自分で通信制限を掛けるのと同じなので、だいたい200~500Kbpsの速度になるものがほとんど。

200Kbpsや300Kbpsなど遅すぎる通信速度では、144pの画質設定でもなんとか閲覧できるくらいなので快適な視聴は望めません。

もし節約モードでYoutubeを視聴するなら、おすすめはUQモバイルの「スマホプランR」

節約モードでも1Mbpsでも通信可能で、これは360pの動画を問題なく視聴できる速度です。

480p以上の画質設定では動画の読み込みが非常に遅くなるため、高画質で視聴したい人には向かない方法ですが、スマホでYoutubeを見ている人は検討してみましょう。

UQモバイル公式サイトはこちら

UQモバイルの料金・キャンペーンをチェック

格安SIMの低速モード比較。低速バーストや無制限使い放題のMVNOはどこ?
キャリアよりも料金がお得な格安SIMですが、使い方によってはさらに通信費を節約することが可能です。 「低速モード」もその機能の一つ。(格安SIMによっては「節約モード」などの名称の場合もあります) 今回は単に速度が遅くなるだけで...

WiFi環境下で利用する

スマホでYoutubeを使用する場合は、節約モードやカウントフリーオプションがなければ、どうしても通信量が消費されていきます。

短期間での通信量が増えすぎると通信制限の対象になることがあるので、Youtube利用時はできるだけWiFi接続に切り替えるようにしましょう。

WiFi接続なら通信容量が消費されることは無くなるので、Youtubeを好きなだけ楽しむことができます。

ただし、無料で使えるフリーWiFiにはセキュリティ上の不安があるので、Youtube以外にSNSやショッピングを利用する場合は注意が必要です。

通信を暗号化できる「VPNサービス」や、安全に通信できるポケットWiFiを契約しておくと、外出先でも安全にYoutubeなどのアプリを楽しむことができます。

大容量データSIMやポケットWiFiと組み合わせると通信制限が気にならない

節約とは少し離れてしまいますが、契約しているプランをより安く、より大容量に通信できるものに変更するという手もあります。

その際におすすめなのが大容量データSIM(ネットしか使えない格安SIM)やポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)。(参考:大容量データSIMとは)(参考:ポケットWiFiとは

例えば、大容量データSIMであるFUJIWifiの100GBプラン(月額3,400円)と同じく格安SIMのLINEモバイルの通話あり500MBプラン(月額1,100円)のように大容量のデータSIMと容量の少ない通話SIMを併用すると、月額4,500円程度で通話ありの100.5GB通信が可能になります。

キャリアで100GBを使うとなると月に約8,000円~10,000円ほどかかるので、大容量のデータSIMがいかに安いか分かりますね。

ただしこの方法を使うには、1台のスマホで2つのSIMカードが使えるデュアルSIM(DSDV・DSDS)のスマホが必要。(参考:デュアルSIMとは

iPhoneではeSIM(埋め込まれたチップにSIM情報を読み込むSIM方式)を使ってデュアルSIMとすることができますが、物理的なSIMを2枚入れることはできないので、契約の際には注意しましょう。(参考:eSIMとは

また、デュアルSIM対応のスマホを持っていない場合でも、格安SIMとポケットWiFiを併用することでお得に利用することができます

LINEモバイルの通話あり500MBプラン(月額1,100円)とポケットWiFiは通信量100GBのMugenWi-Fi(月額3,150円)を使用した場合、大容量で通話もできるスマホが月額4,250円で利用可能に。

大容量データSIMもポケットWiFiもプランや種類が豊富にあるので、自分に合ったものを選びましょう。

無制限ポケットWiFi、WiMAX、大容量格安データSIMの月額料金・初期費用・契約期間一覧表
現在のポケットWiFi・格安データSIM市場は非常に活況で、非常に安い料金で大容量のデータ通信を行うことが可能となっています。 携帯キャリアのデータ容量だけでは足りなくて月末にいつも速度制限にかかってしまう人、外出先でパソコン等を使い...

まとめ:Youtube(ユーチューブ)はギガが減る原因!通信制限に掛からないためにもこまめな対策を

Youtubeは様々な動画を楽しむことができる便利なアプリですが、画質設定によっては通信量が膨大になります。

特に、標準画質以上で視聴するとわずか1時間で500MBも消費するので、画質設定を見直すなど日頃の節約の積み重ねが大切です。

しかし、低画質設定にすると画面が荒くなって見づらくなることが増えるので、通信量節約と快適性のバランスが難しいところ。

できるだけWiFiに接続したり節約モードに切り替えたりするか、カウントフリーオプションがある格安SIMを契約すると、通信量を気にせずYoutubeを楽しめます。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、キャリアのLTE回線を使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキ...
【データSIM最安はどこ?】100GB以上の大容量が格安で使えるデータSIMの料金比較。テザリングや速度についても徹底解説
たくさん通信したいけど、キャリアや格安SIMのプランじゃ高すぎるという方にぴったりなのが、月100GB以上の大容量データSIMです。 たとえばSoftbankのギガモンスタープラン(50GB)では月7,480円かかりますが、大容量SI...